びー旅ドットコム エジプト砂漠ツアー

エジプト格安3 砂漠ツアー・アブシンベル神殿

西方砂漠 バフレイヤオアシス アスワン

現地バフレイヤ発白砂漠、黒砂漠ツアーを現地で自力確保する方法

前のページへ              エジプト旅ログ1へ            サイトマップへ

白砂漠のマッシュルーム
白砂漠にあるマッシュルームと呼ばれる高さ約5mの奇岩


白砂漠・黒砂漠ツアー

カイロの西方向には西方砂漠が広がっており、そこに点在するオアシスを基点にしての砂漠ツアーがある。カイロの安宿でもツアーを扱っているところがあるが自力で行くよりは高くなる。大体2泊3日で500£(10,000円)くらい。2泊のうち1泊は砂漠ではなくてバフレイヤ(ツアーの拠点となるオアシス)泊なので、ツアーでの砂漠泊は1日だけ。自力でバフレイヤまで行ってそこから出ているツアーに参加すると言う方法が一番効率がよく、安く上がる。ただしバフレイヤ発であってもぼったくりツアーに参加してしまうとカイロ発ツアーと変わらない料金になってしまう。個人でバスでバフレイヤまで行って1泊2日の白砂漠黒砂漠オフロードツアー参加でかかる総額は大体5,000円。ツアーの前後2泊バフレイヤに宿泊した場合で、ツアー代、宿代、食事代、移動費すべて込みでそのくらいで行ける。


白砂漠 夜明けのマッシュルーム
マッシュルームで迎える夜明け

個人でツアーの拠点となるバフレイヤというオアシスまではバスを使って行く。カイロ市内のトルゴマーンというバスターミナルから1日3便出ていて片道25£(500円)、所要4~5時間。バフレイヤの宿も1泊15£(300円)から。市内の安宿からトルゴマーンまでは歩いても行ける。スルタンからは約30分。タクシーで行ってもタフリール広場から5£(100円)。バスチケットは前日に買うこともできる。

エジプトにはたくさんの日本人観光客がいてこのバフレイヤ行きのバスにもたいてい何人か乗っている。砂漠ツアーはツアーの車1台あたり600£のような計算をするので、何人かで参加したほうが安く上がる。だからカイロの宿や、このバスの中で一緒にツアー参加できる仲間を作っておくといい。一人参加だと同行者が見つからない場合割高になってしまう。ツアー希望者は次から次にやってくるので一人であっても1日2日待てばたいてい同行者は見つかるのだが。


ツアーはアスファルトロードとオフロードと分かれており、オフロードと言うのはメインのアスファルトロードを逸れて砂漠の砂の中を車で走り回る。私はこちらの方で参加して150£(3,000円)だった。5人参加だったのでもう少し値切ることもできたかもしれない。大体1台600£が相場だそうだ。アスファルトロードツアーはもっと安い。左のマッシュルームと言う奇岩のそばでマットレス引いて野宿する。2月だったので明け方の寒さが厳しかった。

バフレイヤで私が実際に参加したツアーは「デザートサファリホーム」という宿が主催するツアー。宿泊はしなかったが宿もありシングル4US$から。ボロ宿ではなくかなりきれい。カイロからバスで行った場合、町の入り口手前を右折して3分ほど歩く。バス乗り場まで行ってしまうと歩いて20分くらい来た方向へ戻らなくてはならない。この宿に泊まるつもりなら事前にドライバーにここで降ろしてくれと頼んでおくといい。バス乗り場にこの宿のスタッフが客引きとして来ている場合もあるようだ。バス乗り場付近はぼったくりエリアで安い地元系のレストランはない。地元食堂はそこから町の入り口方向へ15分ほど歩く。

ツアー参加の時にははじめから5人なら5人でまとまって申し込んだほうがいい。3人参加で後から知らないグループが2名参加のような場合はまとまっての値引き交渉がしにくい。私の場合このパターンで、日本人3人で1人200£で申し込んでいたところにフランス人カップルが加わってきて50£返してもらった。返金されたことに喜んで、5人参加だと相場より高くなっていることに気がつかなかった。フランス人カップルは1人200£払っていたようだ。

Desert Safari Home
シングル 4$ / ツイン 6$
Tel:(02)847132
Mail:khozamteego33@hotmai.com

ツアーはファラフラからも出ているがバフレイヤよりは若干高いようだった。ファラフラを過ぎると普通の砂漠が延々と続く。白砂漠のような特殊な景観はバフレイヤからファラフラまでの間限定。

                

カンボジア格安ホテル情報へ

バンコクホテル格安情報
   



砂漠らしい砂漠 砂漠ツアーのガイド 砂漠ツアーの4輪駆動車
ツアーガイド兼運転手兼コックさん 料理はうまかった。

高さ5mの奇岩マッシュルーム
白砂漠5mの奇岩マッシュルーム ここから30秒の所でマットしいて寝る。雨降らないのでテントは張らず。

白砂漠の不思議風景
太陽系外の惑星に行って撮ってきましたと言っても通じそうな不思議風景。


砂漠ツアーで注意すること

砂漠ツアーでの夜明け
砂漠ツアーでの宿泊地
バフレイヤをはじめとするオアシス都市は我々日本人の持っているオアシスのイメージからは程遠く、ただの田舎町と言った感じ。町も大きく徒歩で歩き回ると結構な運動になる。いったん町を出ると数百キロは延々砂漠となるのだが。またこの辺の砂漠も我々のイメージにある砂の砂漠ではなく、荒野?瓦礫の山?みたいな場合が多い。ダフラやハルガまで足を伸ばすとイメージどおりの砂漠はある。上のツアーでよるバフレイヤの温泉はメチャメチャしょぼいので行くだけ無駄。オアシス都市の地元の物価は安い。バフレイヤの地元定食屋で朝の定食セット2£(40円)、アエーシサンド1£(20円)、ハーフチキン定食8~13£。宿も1泊18£(360円)くらい。もちろんツアー中の食事はツアー代に含まれているのでただ。


ツアー参加で注意することは寒さ対策。特に冬季の明け方の寒さは想像以上。毛布は用意されているが、3枚かぶっても寒くて眠れなくなる。だから寒さ対策の服はこんなに必要か?と思うくらい持っていったほうがいい。昼間は冬でも寒さを感じることはない。

一般的にバフレイヤからルクソール、アブシンベル方面に行く場合はいったんカイロまで行って列車や飛行機で行く。だがダフラ~ハルガ~アスユート経由で行くことも可能。ダフラやハルガからルクソールまでは直通の道を通るぼったくりツアー出ているが550£(11,000円)と高い。安く行きたいなら、遠回りになるがアスユート経由でミニバス利用して行ったほうがいい。ハルガからアスワンまではアスユート経由で1日で行ける。私の場合はハルガを朝7時10分にセルビスで出てアスユートに午前10時着。アスユートの駅で2時間ちょっと待って、12時15分列車にてアスワンへ。ルクソール素通りしてアスワンには夜8時半に到着した。かかった金額合計で42£。ハルガからダイレクトロード使ってルクソール経由行った場合の10分の1以下。

砂漠オアシス周遊コースでアスワンまで
バフレイヤ~ファラフラ(バス) 2時間半 バフレイヤ~ダフラまで
合計40£(ぼられた可能性あり)
ファラフラ~ダフラ(バス) 4時間
ダフラ~ハルガ(セルビス) 2時間半 10£
ハルガ~アスユート(セルビス) 2時間50分 10£
アスユートのバス停~駅(タクシー) 10分 3£
アスユート~アスワン(列車) 8時間15分 29£

カイロからルクソール、アスワンに列車で行く場合は以下のサイトを参考に。
距離はカイロ~ルクソール671km、カイロ~アスワン879km。

http://www.a-1hotels.com/eg/allaboutegypt/Trains_Schedules/trains_schedules.htm
http://seat61.com/Egypt.htm

砂漠らしい砂漠2
砂漠にノートパソコン持ち込んだが問題はなかった。ネットは出来ないけど。こういう砂漠はほんの一部。

白砂漠の夜明け
夜明けの白砂漠 夜中には狐が足元までやってくる。

黒砂漠
黒砂漠


アスワン発のアブシンベル神殿ツアー

アブシンベル神殿1 アスワンの町は砂漠からやってくると天国のように居心地がいい。町自体もさほど大きくなく、歩いて回れる距離に観光客に必要なものがすべてそろっている。物価も安く、気候もいい。安宿街からナイル川にも歩いていける。ナイル川はメコン川のような泥川なのかと思っていたら結構透明度のある北海道の河川?って感じで意外だった。

ここでの目玉はなんと言ってもアブシンベル神殿ツアーだ。アスワンまで自力で行って安宿のツアーに参加すれば一人50£ (1000円)。アブシンベル神殿だけではなく、アスワンハイダムやイシス神殿にもよる。ただし遺跡の入場料は別なので現地通貨用意して行かねばならない。アスワンからは280キロも離れており、早朝に乗り込み、なぜか知らぬが20台以上のバスで隊列を組んで行く。入場料はアブシンベル神殿が65£、アスワンハイダムが8£、イシス神殿が35£。アブシンベル神殿は個人的感想で言えばさほどのテンションはない。少なくともペトラやパルミラで受ける衝撃はなかった。

特に帰りによるアスワンハイダムはかなりしょーもない。8£払う価値はないのでバスの中で待っていたほうがいいかもしれない。以下私が参加したツアーを手配してくれた宿。駅から歩いて5分くらい。

マルワ(Marwa Hotel)
シングル1泊10£ ドミ6£

Shaanri Amir, Shaanri Abdal it-Tahrir
Tel:(097)308532

ナイル川を漂う帆船フルーカは1時間20£だそうだ。何人かで乗れば安く上がる。上の宿にはたいてい日本人が複数宿泊しているので、もし乗りたいなら声をかけてみるといい。


ナセル湖
アブシンベル神殿が水没するかもしれなかった人口湖が遺跡の眼前に広がっている。


スーダン国境情報

アスワンから国境を越えてスーダンへ行ける。ボートは毎週月曜の夕方に出る。基本週1便だが臨時便がまれに水曜にも出るそうだ。チケットは当日買ってもよいが、満員の場合は次の週まで待つ羽目になる。それを避けるためには前の週の水曜までに下のオフィスまで行って予約をする。予約は電話でも可。その後その週の土曜にパスポートとスーダンビザとエジプトポンド持って行けばチケット購入できるとのことだ。(2005年6月時の情報)

アスワンでのワディーハルファ(スーダン)行きのボートを扱う会社
Nice Valley Corp
火水土日営業AM8:00-PM2:00 Tel:230-3348
上の宿マルワから歩いて3分

1等 385.5£    2等 236.5£

アブシンベル小神殿

カイロでスーダンビザを取った場合は100US$、日本大使館のレター(受け取りに1日かかる)と写真1枚がいる。アスワンからボート乗り場のハイダムポートまでは1£、1日数本バスが出ている。出国税は2£。ワディーハルファまでは所要20時間以上。到着後船内で入国審査がある。ワディーハルファからスーダンの首都ハルツームまではバスで6500SD(26US$:1US$≒250SD)32時間。夏は気温は50度近くなるそうだ。ここにあげている情報は2006年2月時点でのアスワンの宿の人間と情報ノートからのものなので、最新情報はおのおの現地で確認されたい。またスーダンもシリアと同じようにパスポートにイスラエルに入国した形跡があれば入国を拒まれる。

日本でスーダンビザを取る場合はこちらへ
スーダン共和国大使館
住  所 : 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-8 千代田ハウス7階
電話番号 : 03-3506-7801  FAX番号 : 03-3506-7804
休  日 : 土・日曜、祝祭日、スーダンの主要祝祭日

以下に外務省安全情報からのスーダン渡航情報(原文そのまま)の抜粋をあげておく。

スーダンに入国した外国人は入国後3日以内に外国人登録が義務づけられていますので、スーダンに入国した方は速やかに登録を行う必要があります。これを怠ると、スーダンから出国できない事態にもなりかねませんので注意してください。なお、外国人登録手続には約40米ドル(7,750スーダン・ディナール)と写真2葉が必要です。また、スーダンに3か月以上滞在した場合には、出国の際に「出国査証」を取得することが義務付けられているので注意してください。スーダンでは国内旅行に制限があり、地方旅行をする場合には以下の地域を除いて事前にスーダン内務省から旅行許可証を取得する必要があります。

  (a)旅行許可証を必要としない地域
    北部州、ナイル州、ハルツーム州、白ナイル州、ゲジーラ州、センナール州、北コルドファン州の計7州
  (b)市内の滞在であれば旅行許可証を必要としない都市
    (ただし、空路でアクセスする場合に限ります。陸路でアクセスする場合は許可証が必要です)
    ポートスーダン市(紅海州)、カドグリ市(南コルドファン州)、ジュバ市(中央エクアトリア州)、
    ワーウ市(西バハル・アルガザール州)、マラカル市(上ナイル州)の計5都市
  (c)上記以外の地域に関しては、旅行許可証が必要です。

なお、スーダン南部への渡航につき、従来、SPLM支配地域についてはSPLM発行の入域許可証により入域が認められていましたが、2005年の国民統一政府発足以降、スーダン政府発行の入国査証の取得が原則となり、従って、南部のみの渡航であっても、入国査証の取得が必要です。

アブシンベル神殿2


エジプトに個人で行く方法 おわり


トップページへ           紅海リゾート・ペトラ・パルミラ         エジプトトップ          サイトマップ