セレンディピティウォーク

ホアランポーン トンブリ駅からホアランポーン駅へ

辺境情報局Serendipity walk

ホアランポーン トンブリ駅からホアランポーン駅へ


トンブリ駅桟橋のチャオプラヤエクスプレス プラアティット桟橋まで14B

トンブリ駅からホアランポーン駅へRachaburi

タイ国鉄のバンコク始発駅は大まかに3つある。中央駅のホアランポーン(クルンテープ)駅とトンブリ駅とウォンウェンヤイ駅。これに空港鉄道や新興近郊鉄道、BTS、MRTがからむ。

タイ国鉄はここ数年で中央駅機能をホアランポーンからやや北のバンスー駅に移すことを発表している。バンスー駅は新興近郊鉄道の拠点であると同時にチェンマイ新幹線の始発駅でもある。



前頁ラチャブリー    辺境情報局トップ    次頁チェンマイ新幹線
このページは辺境情報局009 トンブリ駅からホアランポーン駅へ

タイ国鉄公式ホームページ    タイ国鉄時刻表 2017


トンブリ駅からホアランポーン駅へ

10:54 2016/11/24 
タイ時間
今ラチャブリー発バンコク、トンブリ駅行普通(3等)列車に乗ってパソコン開く。この普通列車252の始発駅はプラチュアップキーリーカン4:51発で3等席しかない地元列車。今クロンバンタンという駅で通過待ち中。南本線といってもほぼ単線なので3等は通過待ちが多い。バンコクまで110km を22THB(66円)。時刻表での所要は2時間27分。ラチャブリには8時28分到着予定だったが、30分遅れて9時過ぎに到着。8時台にはハジャイやスンガイコロクからの急行、特急列車が4本も通過しおった。10時過ぎると4時まで便がなくなるってタイ国鉄らしい。

駅でクイッティヤウ弁当10バーツ食って待つ。うまかったので2つ食う。乗り込んでカップ駅弁10バーツ2個買って食う。袋アイスコーヒー10バーツも買う。豪遊やんけ。運賃より駅弁代の方がかかっている。写真右上が私の乗った252番列車。



タリンチャン高速道路工事中 イタリアンタイ大活躍

今日は朝から曇り。昨日夜は雨も降っていたようで水たまりがあちこちにある。窓全開で風が気持ちいい。イヤホンには乃木坂。Prong Maduaという駅に停車した。3等列車は通過待ちで待たされる時間が多い。時刻表ではバンコク(トンブリ駅)には10時55分到着だがラチャブリ発が30分遅れているので11時半頃着くはず。

トンブリ駅の方がホアランポーン駅よりカオサンには近いので便利便利。今日カオサンで宿確保できるかな。できなかったらバンコク素通りでも別にいいし。





ラチャブリー駅でわんこバトルがたまにある。

13:36 2016/11/24
予想外の展開。カオサンで宿の確保できずにホアランポーンへ53番バスでヤワラーへ行く。欧州組皆無のすいている駅周辺の宿でいいかなの算段。しかし到着の時間が早く北方向へのオーディナリー(3等しかない)がまだある時間。ロッブリーまで28バーツというので勢い余ってチケット確保。バンコクで数日過ごすつもりだったのに。たった1日でラチャブリーからバンコク経由のロッブリーって…、自分でも自分の旅の展開が読めん。ロッブリーはアユタヤのさらに先。クメール遺跡と猿の町として有名な観光地。今日ロッブリーまで行く予定でなかったので何も調べてない。宿の予約?1時間前に行くことを決めたのにあるわけない。


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年5月8日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。



列車番号20714時5分発。今先頭車両が連結した。蒸し暑い列車の中で缶コーヒー飲んでホアランポーンワッフル食ってごきげん。さっき駅前でカウカームー40B食ったし。ラチャブリーからの列車はほぼ定刻にバンコクのトンブリ駅に着く。タリンチャンの開発がまたかなり進んでいた。南部方向のマレー新幹線もあながち冗談ではなくなりそうな勢い。


 


カオサンからホアランポーン駅へ

トンブリ―駅からは歩いてチャオプラヤエクスプレスのトンブリ駅桟橋へ。結構距離があり800m位。遠いのでタイ人の皆さん右のソンテウ利用する。歩くあほは私だけ。ついて桟橋で5分ほど待ってチャオプラヤ川横断。プラアティット桟橋へ。料金14バーツ。なんで先日のサトゥーンまでの3分の1の距離なのに値段同じやねん。今はオレンジ旗しかないようで距離関係なく一律14バーツのようだ。

カーンファーク3Bの乗り場は隣の桟橋。まあいいやとぼられてあげる。ボートに乗って3分でプラアティット桟橋へ。タイグリーンゲストハウス行くも満室。ニューメリーV行くも独房シングルが200バーツになっていて部屋見せてもらうも広い地元宿になれた身には泊まる気分にならず。






プラアティット桟橋まで14バーツ。カーンファーク(渡し舟)だと3バーツ。ピンクラオ橋を渡って歩けばただなんだが今日はなんとなく贅沢してしまったい。ちなみにこの乗り場にカーンファークは来ない。隣の桟橋まで結構な距離を歩く。





そのまま53番無料バスでホアランポーンへ。宿チェック前に列車チェックしたらロッブリーに1時間後28バーツで行けるとのことでロッブリーに宿探しに行くことにする。距離半分の12バーツで行けるアユタヤでもよかったがいまいち気分のらず。出発まであと7分。車内乗車率50%。午後から晴れてきた。タイの南はまだ雨季の天気なので北へ向かう。

台北旅社が建て替えなのか建設工事中で営業していなかった。あのぼろさで1泊400バーツじゃ誰も泊まらねえよ。デラックスホテルに模様替えか?カオサンのプラアティット通りの欧州組に人気の高かった安宿ピーチーゲストハウス Peachy Guest House もなくなって高そうな高級ゲストハウスになっていた。日単位で激変するバンコク。更新アップアップじゃ。お、14時5分時間ぴったりに出発。タイ国鉄も最近ちゃんとしてきたな。お猿とのファイトの待つロッブリーへ出発だお。



19:47 2016/11/24 タイ時間
バンコクもアユタヤも素通りでロッブリー到着。駅前地元宿確保。個室でトイレシャワー付ファン部屋ツイン200バーツ。広さは8畳ほどと地方宿にしてはさほど広くはない。宿の看板に英語表示が全くない。外国人泊める気全くなし。2階の角部屋で風通しよくいい感じ。ネット環境ないのが玉にキズ。

宿のコスパの悪いバンコク素通りして正解だったかも。今宿の前の屋台群でチキンカツとソムタムで腹いっぱい食った。冷たいビッグコーラがあう。いやあ激動の1日だった。今日は疲れたのでページ作る元気なし。もう寝る。


ロッブリー 2016年11月24日(水)晴のち曇   放浪11日目

出費詳細
ラチャブリーからトンブリ駅3等運賃22 クイッティヤウ弁当2個20 カップ駅弁2個20 アイスコーヒー10 チャオプラヤエクスプレス14 カウカームー40 缶コーヒー13 水7 ワッフル19 ホアランポーン駅からロッブリー28 チキンカツ20 カーウニャーウ2個10 ソムタム20 ビッグコーラ505ml 13 13 アンパン7 ドーナツ10
宿泊代
スーポンポーンホテル 200THB
合計

486 THB

日本円合計

1THB=3円で計算  1,458 円





三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用ポイントがJALマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


Booking.com


前頁ラチャブリー    辺境情報局トップ    次頁チェンマイ新幹線
このページは辺境情報局009 トンブリ駅からホアランポーン駅へ





辺境情報局 Outland online
11/14, エアアジアバンコク線
11/15, ドンムアンからカオサン
11/16, ミャンマービザ
11/18, バンコク格安生活
11/19, メークロン 行き方
11/20, メークロン鉄道爆走市場
11/22, ダムヌンサドゥアク
11/23, ラチャブリー
11/24, ホアランポーン駅
11/25, チェンマイ新幹線
11/26, ロッブリー
11/27, モンキーインパクト
11/29, タイ物価2017年版
12/1, タイ国鉄北線3等列車
12/4, ピッサヌローク格安生活
12/6, BigCとテスコロータス


バナナの葉でできたカップ駅弁1個10バーツ、2個買う。


ノーリードわんこ元気いっぱい





ラチャブリーからバンコク、トンブリ駅まで22バーツ。110km。


クイッティヤウ弁当10B
ラチャブリー駅で


わんこが足元で寝ている


列車内でページ制作


鉄橋だお


グリーンゲストハウスは満室。ニューメリーVのトイレシャワー共同の独房に200バーツ払う気にならず。ここはWi-Fiはあるが電源がないので充電ができない。ピーチーはデラックスゲストハウスに建て代わっている。で、カオサン脱出を決める。


カオサン脱出は無料バスで。予約がなくて宿が見つからなくても、それなりの行動力のある旅人はその日の宿を確保できるはず。


ホアランポーン駅前のケンタッキーは消えていたがワッフル屋は健在。プレーン16バーツは売り切れでラズベリー19バーツ食う。ちなみに地方の屋台だと10バーツ。




.