バリ島格安旅行情報

フリンジストリームロードバリ反省会

Fringe stream road epilogue

フリンジストリームロードバリ反省会

フリンジストリームロードバリ反省会Fringe stream road Bali 2017


レンボンガン島デビルズティア

前頁ングラライ国際空港  フリンジバリトップ  旅ログ目次
びー旅ロード189. バリ島ぼったくり回避策

エアアジアバリ島直行便往復2万830円

レンボンガン島サーフィン8:50 2017/06/21

2017年5月に就航したばかりのエアアジアバリ島直行便でのバリ島旅行15日間を無事終えた。飛行距離5617km、片道7時間20分というLCC普通席でのフライトは乗っている時は快適(特に帰国時はほぼ寝ていたので)だったが、その後翌日以降に疲れが残った。私の年のせいもあるかもしれないが。

夜出発便の帰国日当日にサーフィンしたり、宿から空港まで5kmを歩いて行ったりしたので余計にヘロヘロになる。強烈な日焼けも疲労を増幅させる。ただそれを差し引いてもLCC長距離フライトはストレスのかかる長時間フライトにはなったかなとは思う。とはいえ15日間のハイテンション現地体験が帳消しにして余りある状況ではあるのだけれど。

出国時に持っていた日本円現金は2万2000円。結局この現金は15日間無駄に持ち歩いていただけで現地では全く使わなかった。両替は一度もせず。今回の旅でのルピアの確保は現地ATMでの現地通貨引き落としでだけだった。つまりカードさえあれば出国時に所持金ゼロでもなんとかなるということなのだ。





ドリームビーチ レンボンガン島

Booking.com


レンボンガン島7泊8日

レンボンガン島

バリ島旅行?


出国前はバリ島旅行のつもりだったが今振り返ってみると半分以上レンボンガン島にいた。クタにもウブドにも宿泊はしたのだがこうして反省会ページを作ると画像はほぼレンボンガン島滞在時のものに占拠されてしまっている。撮った画像を比較すると自然とそうなってしまう。

それだけレンボンガン島滞在が予想以上に楽しくインパクトがあったのだ。半面旅の費用は宿代込みの1日の出費がほぼ2〜3000円台と格安旅行としてはかなり反省するところの多い金額となってしまった。先日のタイ、ミャンマー旅のように1日1000円を切る日は1日もなかった。今回の旅の15日間の宿代食事代移動代ツアー代込のざっくりとした現地旅行費用は400万Rp(33,200円)。エアアジアの往復航空券代2万830円含めると大まかに5万5000円。






チュニガン島チュニガンクリフ

エアアジア直行便で行くバリ島ツアー検索


バリ島ツアー格安検索 ABロード
日本からバリ島へのツアー 2017年8月17日最安料金
日にち 東京 名古屋 大阪 福岡
バリ島4日 48,800円 60,800円 60,800円 61,800円
バリ島5日 52,600円 60,800円 62,800円 63,800円
バリ島6日 53,800円 70,800円 61,900円 75,900円

東京発ツアー   名古屋発ツアー   大阪発ツアー   福岡発ツアー

その他のアジアビーチツアー


三井住友VISAカード
海外旅行にクレジットカードクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


レンボンガン島で1人独占で乗って830円だった現地発マングローブツアー

【PR】バリ島空港送迎日本語予約 16US$から


レンボンガン島の宿から徒歩1分のジュングットバトゥのきらきらビーチ


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店


   イグアス36L   メンドーサ30L ウスアイア45L フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ
フィッツロイなど60L〜 はこちらへ


格安バリ島旅行反省会 Self evaluation

クタ ポッピーズ2


エアアジアプロモ往復2万830円でバリ島往復し、1泊830円の宿に泊まれば基本格安旅行にはなっているとも思うけど。今回も「格安」より「きらきら」を優先させたので小銭高くなってしまった。「きらきら」とは何かはたぶんこのページの画像からなんとなく伝わるとは思う。

物価の高いレンボンガン島に行って、連日ハイテンションビーチ。マンタと泳ぐツアーやマングローブツアーに参加し、レンタルバイク借りて、レンタルサーフボードも借りてと豪遊?して、それでなおかつ1日2000円台はある意味合格点ともいえなくもない。クタには2017年現在でも7万Rp(580円)の個室宿があるので、そこに宿泊して連日4000Rp(33円)のナシブンクス食って移動もツアー参加も何もしないでいれば滞在費は3分の1 になったとも思う。

★格安メータータクシーの「ブルーバード」の見分け方

ブルーバードはフロントガラスに上のように「BLUE BIRD GROUP」と白文字で書いてある。ブルーバードは初乗り料金7,000Rp(58円)。その後1 kmごと6,500Rp〜10,000Rp。


左の空色がブルーバードと同じ水色だがバリタクシーという別会社。マークの鳥の飛んでる方向が反対。当然右2台も別会社。みなさんブルーバードに似せるのに必死。ブルーバードでも乗車時にメーター使うように言わないとまれに割高の言い値運賃になることもあるとか。

きちんとメーターで行けば空港からクタの Discovery まで Rp 13.500 〜 16.000 (112〜133円)とのこと。空港出口にカウンターのあるプリペイドタクシー相場はクタまで10万Rp(830円)〜。なのでブルーバードは現地タクシー協会から「俺たちの平和なぼったくり環境を乱すな」と空港出禁をくらっている。ングラライ空港から利用するには到着階1階でなく、出発階2階のエントランス前で客をおろしているブルーバードを捕まえる方法などがある。

また最近Uber(ウーバー)もバリ島で運営を始めている。ウーバーとは米国発祥のタクシー配車システム。米国では割高になるUberだがバリ島では使い方によってはブルーバードより安くなるらしい。白タクも混ざっているがスマホアプリでのネット決済クレカ払いなので基本明朗会計とのこと。



チュニガン島のチュニガンクリフから見るブルーラグーン


インドネシア格安航空券 2017年8月17日最安料金
 東京  名古屋  大阪  福岡
デンパサール 25,560円 32,400円 40,000円 37,000円
ジャカルタ 18,200円 32,400円 18,200円 18,200円
シンガポール 18,200円 18,200円 18,200円 18,200円

バリ島はこちら    ジャカルタはこちら   シンガポールはこちら

その他の航空券はこちら


バリ島ロングステイ
ビーチ徒歩5分のホテルに格安ロングステイ。22日間 12万円〜。
ハワイロングステイ
ワイキキビーチ徒歩圏内コンドミニアム16日間 22万円〜。



レンボンガン島 バリ島の海と色が違う。


レンボンガン島 ジュングットバトゥに到着の10万Rp(7.5US$)の公共スローボート。リーフブレイクで波はこの先1km沖でたっている。

【PR】バリ島空港送迎日本語予約 16US$から


海の色比較のためのクタビーチ 汚くはないが色が若干泥水色

格安バリ島旅行反省会 Self evaluation

レンボンガン島行きボート

今回はバリ島クタに3泊分、レンボンガン島に3泊分ブッキングドットコムという予約サイトから予約をして行った。バリ島で宿の予約をして行くのは今回が初めてだった。理由は1泊830円というような安宿がネット予約できるようになっていたから。宿泊前日までキャンセル料がなく、支払いも現地で後払いで問題なく宿泊できた。

レンボンガン島で初日に宿探しせずに済んだのはありがたかった。その予約した6泊分以外はいつものように行き当たりばったりの放浪スタイルだった。写真右上はサヌール発レンボンガン島行場ブリックスローボート片道10万Rp(830円)。これ以外に地元民用公共スピードボート片道13万Rpがある。

Booking.com



クタにキラキラ感はないが波はあるのでサーフィンにはむく

エアアジア直行便で行くバリ島ツアー検索


◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要もない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。基準は座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


●びー旅つぶやき 8:46 2017/06/19

日本に帰国して荒れたページを何とか整えて、疲労も回復。帰国日14日朝ウブド発でベモと市バスでクタに行き、予約のない宿に半日交渉6万Rpで確保。その後クタビーチでボード借りてサーフィンしてへろへろ。宿に戻ってページ制作と転送。その夜歩いて空港行き。そのあとのLCC長距離フライト7時間10分。ということで最後の方はかなり疲れた。おかげで機内で眠れたのでフライト時間は短く感じたけど。日焼けで真っ黒なうえ金髪なので日本人に見えないらしく成田のバス乗り場で日本人から片言の英語で案内された。

無事エアアジアバリ島直行便2万830円でバリ島往復する。この数字は最終的に支払った金額。よくあるバリ島3万9900円とネット表示されていても、その後わけのわからん追加請求がたくさんあって実際の支払いは6万円だった…という不当表示の類ではない。また自称達人の皮算用的な「行ける金額」でなく、動作確認済みの「行った金額」でもある。

言い方変えるとこの2万830円には空港税や手数料その他が含まれているので正確な航空券代は片道7,290円、往復14,580円になる。ただこのサイトでは利用者目線で常に実際に支払った金額を基準にしているので、ツアー会社が勝手に決めた不当表示(エアアジアは込み表示にしているが)にしか見えない追加料金に言及する価値はないと判断しているだけ。

現地でもそこそこ快適に格安キラキラ体験。正直今回のバリ島行はエアアジアの直行便プロモに乗るためだけに行ったのだが、予想外のおいしい収穫があった。クタの宿最安は2017年6月現在で個室ファン部屋トイレシャワーWi-Fi付きでいまだ7万Rp(581円)。当日書ききれなかった現地情報は追って公開。

 

前頁ングラライ国際空港  フリンジバリトップ  旅ログ目次

びー旅ロード189. バリ島ぼったくり回避策






2017年現地から当日情報
フリンジストリームロード
6/1 エアアジアバリ島直行便
6/4 バリ島物価2017
6/5 トランスサルバギタ
6/5 レンボンガン島行き方
6/6 レンボンガン島格安生活
6/9 ペニダ島マンタベイ
6/11 チュニガン島
6/11 マングローブツアー
6/12 レンボンガン島からウブド
6/13 ウブドロスメン宿泊
6/14 ウブドからクタへ
6/14 クタから空港へ歩く
6/15 ングラライ国際空港
6/21 フリンジバリ反省会

・関連びー旅ロード
189. バリ島ぼったくり回避策
190. バリ島空港タクシー
191. バリ島空港バス
192. バリ島空港徒歩移動



地元食堂ワルンのナシチャンプル2万Rp(170円)。牛肉(右端)が入っているので若干高い。

ジンバランリゾート

アヤナリゾート&スパ
1泊1室 38,400円〜
予約・詳細はこちらへ



トランスサルバギタ乗車中


レンボンガン島デビルズティア


サヌール発レンボンガン島行10万Rp(7.5US$: 830円)のボート


3日に利用したダナモン銀行ATM。Rp 100.000とあるのは10万Rp札で出てくるということ。なぜか25 枚上限なので1回上限金額250万Rp 。5万Rp札で出てくるものは5万x25で1回上限は125万Rpとなる。

海外ATM利用に必須。Masterデビットカードなので審査なし。
【PR】トラベルマネーカード


ヌサドゥアリゾート

グランドハイアットバリ
Grand Hyatt Bali
1泊1室 18,400円〜
予約・詳細はこちら


ングラライ国際空港


クタ免税店とサルバギタバス停「ハルテデワルチ」


今回宿泊した1泊830円クタホテル ベネヤサビーチイン2
この料金でネット予約ができる
    予約・詳細はこちら


今回予約したレンボンガン島の宿
ジュプンバリバンガロー1泊15万Rp
詳細はこちら

クタのホテル

ハードロックホテルバリ
クタビーチ前。屋外プールあり
1泊1室 22,400円〜
予約・詳細はこちら


ザ クタビーチ ヘリテージホテル
クタビーチ徒歩1分
1泊1室 10,900円〜
予約・詳細はこちら


地元食堂ラインナップ


クタのデューティーフリーのモールにあった一番寿司という日本料理屋で2万6000Rpのチキンカツ丼。飲み物と税込みで4万1000Rpだった。350円なので許容範囲。

ウブドホテル

ヴァイスロイ Viceroy Bali
1泊1室 85,890 円〜
予約・詳細はこちら


フォーシーズンズリゾートバリ
Four Seasons Resort Bali at Sayan
1泊1室 73,416 円〜
予約・詳細はこちら


レンボンガン島で借りた1日5万Rp(415円)の流星号。安いがそんなぼろバイクというわけでもない。レンボンガン島に到着早々マッシュルーム湾の港で借りると1日10万Rpになる。日本人日帰りツアーだと3時間で15万Rpらしい。



【PR】バリ島空港送迎日本語予約 16US$から   びー旅ドットコム