エアアジア予約方法

エアアジア予約方法 料金詳細 2016年版

エアアジアインターネット予約の方法
日本と東南アジアを格安料金で飛ぶエアアジアの
2016年版ネット予約とオンラインチェックイン


格安海外旅行 エアアジア予約の方法

日本発エアアジアネット予約解説 2015年11月24日更新

  タイエアアジアヤンゴン行き

エアアジアジャパン、セントレア拠点の国内線就航15年10月6日国交省から認可される。16年春、国内、国際線を同時就航決定。就航地は仙台、新千歳、台北。セントレアを拠点とする航空会社はエアアジアジャパンが初めて。

●15年11月07日 エアアジアBIG 2016
●15年10月27日 ジェットスター東京大阪2800円
●15年05月28日 フライトコモディティ化

●14年05月15日 KLIA2
●13年10月21日 エアアジア予約後の追加・変更
●13年07月19日 BIG 無料航空券確保実録
●13年04月17日 BIG エアアジア特典航空券
●13年04月08日 エアアジアプロモーション2014
●13年03月28日 LCCと成田空港

エアアジア フライスルー確保
ドンムアン バンコクLCCT
エアアジア解説 なぜ安いのか?
エアアジアジャパン

◇エアアジアのクアラルンプールでの拠点空港はこれまでLCCT(ローコストキャリアターミナル)だったがが2014年5月9日KLIA2に移転した。利用実録は2014年5月KLIA2 フライスルーでバリ島へ

◇2014年9月1日タイエアアジアXがバンコク、ドンムアンから日本へ就航。ドンムアン空港詳細はこちら。エアアジアXのバンコク行き成田空港ターミナルは第2ターミナル南。チェックイン窓口は3階、道路側Nカウンター。

◇エアアジアの利用者都合の予約キャンセルについて
客側の都合で予約したフライトに乗れなくなった場合はただそのフライトに乗らなければいいだけ。エアアジアに事前にキャンセルの連絡をする必要もない。乗り遅れや客側都合キャンセルの払戻しは不可。台風による欠航など航空会社都合のフライトキャンセルの場合は別便乗換などの対応がある。



2015年11月23日出現の成田〜ドンムアン9900円プロモ席の例 バンコク燃油込往復最安予約で19,550円

What's AirAsia?エアアジアとは

LCCTのエアアジア

エアアジア(Air Asia)とはマレーシアの格安航空会社(LCC : Low Cost Carrier)。設立は1993年。マレーシア政府系重工業会社DRB-ハイコム傘下企業としてスタート。経営破たん状態だった同社をトニー・フェルナンデス氏が買い取り現体制になったのは2001年。格安航空会社として目立ってきたのはタイエアアジア就航(03/12/8)後の2004年頃から。

エアアジアが日本に来たことで以前には考えられないような値段で安くクアラルンプールやバンコクに行けるようになった。またそれらの都市経由でバリ島やインド、ネパール、モルディブ等々へ安く行く選択肢も増えた。さらに加えて昨今の日本訪問外国人旅行者急増の背景にはたぶんエアアジア他LCC各社の活躍が関係している。

エアアジアにはマレーシア本店のエアアジア(AK)の他にタイエアアジア(FD)、インドネシアエアアジア(QZ)、フィリピンエアアジア(Z2)、エアアジアインディア(I5)、インドネシアエアアジアエクストラ(XT)、長距離国際線のエアアジアX(D7)、タイエアアジアX(XJ)の8つがある。いずれも同じエアアジアのホームページから予約ができる。予約の際にそれらを意識する必要はない。インドやタイ各都市へは予約サイトで羽田または成田で出発空港を選択すると乗継可能な経由便フライトが選択された状態で提示される。エアアジアジャパン(JW)はセントレア拠点に2016年春復活予定。


エアアジアはなぜ安いのか 詳細はエアアジア解説へ

東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。
マツザカヤカード
大丸・松坂屋カード VISA、Master card 選択可。海外・国内旅行保険自動付帯。

LCCTの羽田行エアアジア
羽田線エアバスA330-300型

How to get AirAsia reservationエアアジア予約方法

エアアジアの予約ページを開く

エアアジア予約ページへ

支払いまで済ませるつもりなら以下の情報を前もって準備する。画面が出た状態で長時間かけて探すようなことになると探している最中に残席がなくなってしまうこともある。

@パスポート番号と有効期限
Aクレジットカード番号と有効期限
Bクレジットカード、ネット支払い時のIDとパスワード

予約ページでの進み方は以下の通り(2015年11月時点)

1.フライト検索 → 2.フライト選択 → 3.ゲスト情報 → 4.アドオン→5.支払い

◆フライトの選択の前に
以前エアアジアを予約してIDがある場合はトップページ(画像下)の右上「マイブッキング」のプルダウンからログインできる。ログインするとこのあと住所等の再度入力が不要。予約の際にもログイン画面は出てくる。初回の場合でIDがなくても、ページを進めていって積極的に拒否をしなければ自動的IDが作られる。IDは登録メールアドレスでパスワードは初回予約時に自分で決める。

予約の確認や変更もIDがないといちいち予約番号入力せねばならず面倒なので初回なら作っておいたほうがいい。チケットを探すには下の画像の左にある検索窓からできる。

●エアアジア日本語トップ画面 2016年版



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年1月4日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


●エアアジア予約の流れ

予約の流れは大まかに5段階


ドンムアン空港のエアアジア

1.フライト検索

エアアジア予約画面 日程選択

トップページ左の検索窓の「出発空港」に出発空港、「到着空港」に行き先を入れる。行き先入力は手打ちで入れるのでなく選択。まず左の画面1行目の枠内右の□をクリックすると選択可能な都市が下の画面のように表示される。日本発着の場合表示された画面の一番左端の列に日本の空港が並ぶ。東京発国際線でクアラルンプールに行く場合は「羽田」を、バンコクの場合は「成田」を選択。

「成田」を選択しその下の欄(2行目)の枠内右の□クリックをすると成田から予約できる到着地が現れる。希望到着地がない場合はそこへのフライスルー便(乗継便)での一括予約ができない。

成田からバンコクを往復したい場合は「出発地」に「成田」、「到着地」に「バンコク」と選択する。何もしない状態だと往復で検索されるようになっているが、片道のみ希望の場合はその上「片道」をクリックすると片道予約できる。

次に出発日と帰還日をいれる。右上の画像3行目の白枠左隣、格子柄の四角をクリックするとカレンダーが現れるのでそのカレンダーで日にちを選択。日にち未定で値段を確認するだけの場合は適当に未来の日にちを入れる。空欄になっていると検索されない。そして大人、子供何人分のチケットが必要なのかを入れ、請求金額表示の通貨選択して、赤い「検索」をクリックする。


●左上の検索窓の一番上の欄の□をクリックすると現れる出発地候補画面

東京発国際線でクアラルンプールに行く場合は「羽田」を、バンコクの場合は「成田」を選択。



出発空港を「成田」で選択すると到着空港にフライスルーで行ける(一括予約できる)行き先が表示される。エアアジアXは2015年8月20日から成田〜クアラルンプール直行便を運休しているので、成田を出発空港にしてクアラルンプールを到着地にするとドンムアン経由フライスルーになるので注意。羽田・関空・札幌は直行便。


2.フライト選択

●希望日のフライト検索結果と料金画面 成田〜バンコクの場合

検索の結果表示されるのが希望日のフライト1日分のスケジュールと料金(上の画面)。成田発バンコク行の場合は1日2便。フライト時間はAに表示されている。割引運賃席かプレミアムフレックス席かプレミアムフラットベッドか選択できる。その中に希望時間のフライトと希望料金の席があったら上の画面Bの○内をクリックして選択する。なければその上の@の日にちタブで前後の日に移動できる。


割引運賃を選択すると右の画像のように「余分に払ってプレミアムフレックスにしよう」とでかでかとポップアップが出るが、安い席を望むなら触らずスルー。ポップアップ画面右下の X で消すこともできる。

往路、復路選択した席での合計金額は右側の欄に太字で表示されている。



往復の場合はスクロールして下のほうにある帰りの便の選択も忘れずに。選択をしたら税込の往復料金が右側Dに表示される。その便と料金でよければ緑色の「次へ」をクリック。




トップページでログインせずに、上の上のページで「次へ」をクリックすると上のログイン画面が現れるので以前にエアアジアを利用して会員登録している場合はここでログインする。ログインしておけばこの先の住所等の入力が省ける。初めてで会員登録してない場合は赤いバナーの「ゲストとして続ける」をクリックする。



エアアジアX 羽田発クアラルンプール行 A330-300機内

3.ゲスト情報


搭乗者の名前をパスポートと同じローマ字で入力。国籍、生年月日も入力。ログインしていれば最初から入った状態で表示される。エアアジアのポイントBIGのIDがあればここで入力する。IDはBIGのサイトで別途作る。あとからでも申請できるのでBIGのIDない場合は空欄のまま「次へ」をクリック。



4.アドオン(預け荷物や座席指定、機内食などの追加サービス)



●保険と預け荷物追加料金のかわし方

次のページ「アドオン」は機内食や預け荷物の追加オーダー。上の画像で上から手荷物、機内食、座席指定、機内快適キット。エアアジアトラベルプロテクション(保険)と5つの追加オプションが並ぶ。すべて有料追加オプション。

何もしない状態だと一番上と一番下の預け荷物と保険が自動的に追加加算されていて当初の金額より高くなって右側に表示されている。上の例だと当初57872円だった料金がアドオンのページで保険と荷物代が自動加算され70342円になっている。

もちろん荷物が多く、機内にすべての荷物を持ち込めない場合はここで20kgの預け荷物申請しておいた方が当日預け荷物申請して支払うより安いのでそのままにしておいた方がいい。ただすべての手荷物を7kg以内の機内持ち込み態勢でいる私のような旅人の場合、ここで預け荷物なしに変更せねば無駄な料金を取られてしまう。国際線往復荷物代7800円の追加は大きい。

その場合の変更は下の画像の名前の後の荷物kg表示のプルダウンから「受託手荷物なし」を選択するか、その下の赤い「いりません」クリックで「荷物代 0円」となる。

変更は往復一括でされずに往路、復路それぞれ変更せねばならない。下の例だと赤い「NRT-DMK」タブの下の「DMK-NRT」タブを開いて同様の変更が必要。

一番下のエアアジアトラベルプロテクションという保険をかわすには、右上の画像の一番下「不要です。エアアジアトラベルプロテクション含めずに手続きを進めたいと思います」の前の○にチェックを入れる。チェックを入れると「再度ご検討ください」としつこくポップアップで加入勧誘してくるが、そこにある「いいえ加入しません」クリックで「保険代 0円」となる。



行きと帰りのフライトの荷物が別タブになっていて復路の変更忘れがちになるので注意


バンコク線機内食選択ページ 当日機内食購入は割高になるので事前予約の方が得



座席指定ページ

触らずページ上の「キャンセル」クリックで追加料金とられず。席は自動的に割り当てられる

5.支払い クレジットカード・デビットカードの場合



次に進むと支払いページになる。上の方に料金の説明へのリンク(↑@)があるのでリンク先のページ一通り読んで了承したら、A「運搬料金既定の条件を読み、同意します。」の前にある□にチェックを入れる。チェックを入れると「エアアジアの料金システムに納得同意しました」ということになる。ここにチェックがないと次に進めない。

ここのリンク先は面倒でも一通り目を通しておく。「利用運送約款」のリンク先、「運賃規定」の中でも特に「利用者都合でのキャンセル払い戻しができない」「フライト前48時間過ぎると変更もできない」など重要な条件が明記されている。格安航空会社独自の料金の仕組みについて詳しく書いてあるので予約前に読んでおいたほうがいい。チェックを入れ先に進むと、リンク先の約款を読んでいようといまいとすべての条件に同意したことになる。

スクロールして下に行くと右のような支払い画面があるので必要事項を入力する。右側に表示されている金額で良ければ薄緑バナーの「購入する」をクリックで各カード会社の支払い確認画面にいく。


三井住友VISAカード
海外旅行に信頼できるクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用にも。
JALカード
JALクレジットカード。カード利用分のポイントがJALのマイレージとして貯められる。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレジットカード。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。

羽田空港エアアジアカウンター
羽田空港国際線エアアジアカウンター

●クレジットカード以外の支払いの場合
エアアジアのコンビニ払いはローソン、ファミリーマート、サンクス、サークルKなどで支払い可能。セブンイレブン不可。出発日が10日以内の場合利用不可。総額の一括払いのみ対応、追加オーダーの支払い不可。

ATMで現金支払いは特定の銀行で可能。ただし、使用する銀行の口座とキャシュカードが必要。



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年1月4日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら



◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要もない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。基準は座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


● 5.Confirmation & Itinerary確認・旅程

エアアジア画面

カードの支払いが認証され、予約が正常にされると予約番号表示の「Confirmation & Itinerary」の右ページが表示される。この「Confirmation & Itinerary」のページが表示された段階で予約は正常完了。

エラーになった予約のクレカの支払いステータス(払っているかいないか)が気になる場合はマイブッキングのページで確認できる。決済されている場合にはここに該当フライトの予約が表示される。ここに予約が表示されていればやり直しの必要はない。カード番号を送信した後のエラーは、万が一の二重払いに備えてマイブッキングページのチェックはしたほうがいい。

国際線の場合、出発の14日前から4時間前までにオンラインチェックインができる(国内線エアアジアが出発の14日前から1時間前まで)ので、早めに自分でウェブチェックインをして搭乗券をプリントするほうがいい。ただスカイバスを予約している場合は支払いの確認をアイテネラリでするのでこの画面もプリントしておく。以上で予約は完了。予約が完了すると登録したメールに下のような予約完了メールが届く。



予約が完了すると登録したメールに予約完了メールが届く


● WEB CHECK INウェブチェックイン


予約が出発14日きっていれば予約完了後の「Confirmation & Itinerary」のページのすぐ後にこの画面が出てくる。上の画像のページの「今すぐWebチェックインする」をクリックして進むと搭乗券が印刷でき、チェックインができる。予約と同時にすぐにチェックインする必要はないが、出発14日きっている予約でプリンターがあるならそのまま搭乗券まで確保したほうが面倒がない。プリンターがない場合、チェックイン作業は後日再度自分のパソコンでも空港のチェックイン機(写真左)でもできる。


矢印

ウェブチェックイン画面2
ウェブチェックインの段階でも座席や荷物の確認と変更ができる。

矢印


自宅で搭乗券をプリントできる。フライスルー乗継便往復の場合この搭乗券は往復で4枚になる。

以上で予約とオンラインチェックインは完了


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年1月4日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


● TIPS予約前に知っていおいたほうがいい情報

エアアジアフライト

●予約から支払いまでは手際よく

予約を入れてからカードの支払いをするまで手際よくやらないとその席がいっぱいになってしまう場合がある。安い席は数が限られているので残り1席のような状態で画面手続きをしていると、セッションが切れた場合に誰かが先にその席を予約してしまうのだ。その場合は再度同じ料金で検索してもその席は表示されなくなる。最初から検索のやり直しをして別の高めの席を確保しなくてはならない。

同じ画面を出して何も操作せずに放置しているとタイムアウトになりセッション(席を確保した上での予約手続き)が切れる。ただセッションが切れる前に「このまま予約作業を続けるか」を聞いてくるので「続ける」をクリックすればその席は確保される。なので予約の最中にパソコンから離れてパスポートやクレカを探したりしてセッションを切らすことのないように必要な情報を手元におくなどの事前準備しておくほうがいい。

また支払い直前の画面まで何度か行って約款等をチェックし「予約の練習」をしておく。それを本番でいちいち細かくチェックをしていると時間がかかる。とはいえ支払いに関係することなので読み飛ばすこともできない。この部分は初めてだと時間がかかる。だから「予約の練習」を何度かしておくと本番スムーズに行く。またこの練習の段階でエアアジアのIDを作っておくと自動入力されるので、本番でいちいち住所や電話番号を入力する手間が省ける。

1.フライト検索 → 2.フライト選択 → 3.ゲスト情報 → 4.アドオン→5.支払い

この上で工程での「4.アドオン」までは支払い手続きの前段階なので何回繰り返そうと支払いは発生しない。なのでそこまでなら何度でも練習ができる。しかし「5.支払い」で、16桁のカード番号入力して支払いをすますと後戻りリセットはできなくなる。その後の客都合のキャンセル払い戻しは一切不可。48時間前までの変更にも手数料がいる。「5.支払い」で支払い手続きする時はその覚悟で。



クアラルンプールのエアアジア 今はなきLCCTで

● BAGGAGE預け荷物と機内持込手荷物

荷物スケール2追加料金のかからない機内持ち込み手荷物は大きさ56cm X 36cm X 23cm以内。重さ7kg以内。それ以外の荷物がある場合には受託荷物として追加料金が必要。受託手荷物は1個あたりの大きさが 81cm x 119cm x 119cm以内、重さ32kg(ネット事前予約は40kg)まで。

ネットで予約の時に事前申請すれば預け荷物料金は安くなる。預け手荷物リミットは1個40kg以下。サーフボードやゴルフバッグのような荷物は Sports Equipment として別枠になり、40kgまで高めの別途料金で預けられる。

クアラルンプール経由でフライスルー便でバンコクやバリ島に行く場合はそれぞれのフライトにこの預け荷物料金がかかる。往復だと4フライト分。

エアアジア利用の際、荷物は7kg以下におさえて機内に持ち込む方が面倒が少ない。その場合荷物代はゼロ。12年4月から持込ノートパソコン等をもうひとつ持ち込めるようになり、パソコン等とあわせて2個機内に持ち込めるようになった。

ちなみにチェックインの時に必ず使う英単語。機内持ち込み手荷物は英語で「キャリーオン バッグ Carry on bag」、預け荷物は「チェックト バゲージ Checked baggage」なので覚えておくと便利。どうしても荷物が減らせない時は、空港に手荷物預かり所があるのでそういうのを利用するのも手。その空港にまた戻ってくる場合に限ってなのだが。


他の行き先で料金検索はこちらへ

● MODIFY予約確定後の変更

羽田空港搭乗券フライトや席の変更をする場合マイブッキングのページからウェブ上で変更ができる。IDなくとも予約番号や登録のメールアドレスがあれば行ける。名前の入力ミスなどは1字でも違っていると搭乗できないので、そういう場合は事前に変更しておいた方がいい。

フライト48時間前までなら日程や時間の変更ができる。マイブッキングに変更手続きへのリンクがある。変更手数料は路線によって設定されている。たとえば成田〜ドンムアン線の場合片道8,250円。変更後の座席の差額は足りない場合だけ追加分を支払う。余る場合(変更前の方が高い場合)の払い戻しはない。変更は日程のみで路線変更は不可。

ネット上で解決しない場合はエアアジアのコールセンターへ電話か、コンタクトフォームのページからのメールで変更依頼を出す。電話問い合わせは、+81 50 6864 8181 D7、XJフライトのみ対応。受付時間:午前8時〜午後5時 (日本時間) 月曜日〜金曜日。以前あった日本語フリーダイヤルは2015年10月30日でなくなった。


エアアジア予約後の追加・変更についての詳細解説




次のページ エアアジアはなぜ安いのか へ進む

エアアジア関連情報


スワンナプーム空港
バンコク カオサン通り
アンコールワット カンボジア
マレー鉄道
バリ島 格安個人旅行
ネパール個人旅行
マレー鉄道
2015年11月23日のセール


羽田・関空発エアアジアXの到着するクアラルンプールの空港 KLIA2空港出口から徒歩30秒の所に市内KLセントラル行バスが待機している。


2015年11月現在機内持込は原則1個7kg以下だがチェックは甘くアジア線では9kg越える重量でも見逃してくれたりする。また1個の手荷物以外にパソコン等1個持込可が原則だが、2012年12月に乗ったタイエアアジアでは上のような状態で機内に持ち込めていた。

機内持込みできるかどうかどうかの判断は現場でされるので日本発着線で同じかどうかは不明。関空は厳しく、羽田、成田はさほどでもないという傾向はあるようだ。



機内持ち込み荷物は この状態でも見逃してくれる場合あり。ただ預ける荷物のほうは厳格に量って超過すればチェックインカウンターで追徴になるので注意。

KLIA2のスカイバス。当日購入だとKLセントラルまで10リンギ。


クアラルンプール KLIA2



ログインはトップページの右上の「マイブッキング」のプルダウンからできる。



羽田発の機内食で一番安いのがこのカップラーメン6リンギ(150円)。リンギ払いするのが安くするコツ。前回のあまりのリンギがあれば持参を忘れずに。ただ、もしない場合は羽田で両替などせずに日本円で払うほうがいい。レートの悪い両替すると機内食代分など吹っ飛んでしまうからだ。現地通貨確保は両替よりKLIA2のATM利用が現金両替よりレートがよく効率いい。


バンコク線のカップ麺


KLIA2 入国イミグレ



KLIA2 クアラルンプール



バンコク線機内食 水40Bは別


ラッキーにもエアアジア機内3席独占で寝転がる。専門用語でスーパーファーストクラスという。成田・ドンムアン線のような混雑路線ではまず遭遇できない。



ネパール、トリブバン国際空港

マレーシアのポテチ

エアアジアの機内には弁当持ち込み禁止、お菓子は持込可だが食べたらだめとのことだが、アジア線では市内のコンビニで買ったポテチを持ち込んで食べていた。1時間ならともかく7時間フライトで持ち込んだ食いもん食えないのは非人道的だ。機内販売で買えばいいだけなんだけど。

ナシレマ

この激まずナシレマ900円は反則だ。アジア線では250円なのに… と書いていたら12年5月に500円に値下げした。2015年11月現在は事前予約で600〜800円。





クアラルンプールのKLIA2
「びー旅エアアジア解説」はエアアジアが日本に来る前、06年12月16日に英語版エアアジアの予約ページ解説として公開された。当時エアアジアは日本人にはあまり縁がなく、予約サイトも日本語表示できず、サイトの使い勝手も今よりずっと悪かった。その時にはエアアジアが日本に来るとは全く予想していなかった。

07年1月エアアジア搭乗記
06年6月エアアジア搭乗記


ミゼットにエアアジア広告
2013年2月タイ南部トラン


●制限時間切れについて

セッションが切れる前に上のウィンドウが出てくる。予約を続ける場合は「Continue your Session」をクリックすると予約作業は継続できる。何もせずに放置(上の画像の場合はあと34秒)するとセッションが切れ今まで入力した予約内容は取り消しになる。


画面を操作せずに長時間放置しておくとセッションが切れてこのウィンドウが出る。「スタートオーバー」をクリックするとそれまでの予約内容は取り消され検索画面に戻る。そしてもう一度最初からやり直さねばならなくなる。激安席の場合、その間に誰かに予約されて再検索してもなくなっている場合もある。セッションが切れる前に「続けるか?」との警告が出るので「続ける」とクリックすればセッション切れにはならない。


日本発国際線の預け荷物代結構高い

荷物スケール

羽田空港エアアジアカウンター前には持ち込み可能な荷物を計る枠がある。受託荷物は2012年2月22日から部分値下げ。上限も30kg→40kgになる。


成田バンコク燃油込往復19550円。2015年11月23日出現のプロモ。



タブレットは羽田線で50リンギ。
日本円支払いだと1,750円

緑のエアアジア
コルカタ→KL 緑のエアアジア
2015年この路線は飛んでいない

エアアジアX機内
エアアジアはすべて赤というわけでもない


KLIA2

KLセントラル
KLセントラル

インド料理
マレーシアにはインド人が多く
おいしいカレーが安く食べられる

東京からの距離
KL 5320.54
BKK 4584.14
ハワイ 6296.30
グアム 2561.14
マニラ 3030.90
ハノイ 3680.14
サイゴン 4348.37
KL−NDL 3842.91
単位km Google Map距離計測による


クラビソンテウにエアアジア広告


リペ島のエアアジアのぼり。リペ島までは空港からのバス、ボート代込でエアアジアのサイトで予約できるアイランドトランスファーという仕組みがある。バンコク発など現地空港発のみで日本発はまだない。



海外では店頭対面予約もできる
インドネシア ジャカルタで


ヤンゴン エアアジアチケット売り場


12年11月ミャンマー、ヤンゴンのネット屋から持参のノートパソコンを使ってエアアジアのネット予約。ネット代1時間50円。宿によっては無料ワイファイあり。ヤンゴン出て地方に行くと回線不安定で接続状態若干悪い。



ホーチミン・ヤンゴン0Bプロモ


トランソンテウにエアアジア広告

バンコクホテル格安予約

バリ島格安ホテル情報

クアラルンプール格安ホテル

パサールスニ
パサールスニ チャイナタウン

ペトロナスツインタワー
ペトロナスツインタワー

パタヤホテル予約

ノボテル スワンナブーム
エアポート

バンコク空港敷地内ホテル 1室1泊10,533円〜 空港から地下通路で徒歩約5分。バンコク乗継泊に便利。


アフリカンインパクト 西アフリカ放浪記


バンコク・ヤンゴンフライトで


エアアジア機内販売。免税品の品揃えもハワイ並みになってきた。



KL発カトマンズ行エアアジア機内



トリブバン国際空港 ネパール


.