アマゾン格安個人ツアー アマゾン行き方

アマゾン格安個人ツアー アマゾンへの行き方

格安海外旅行情報Cheap travel information

アマゾン個人ツアー マナウス行き方

アマゾン行き方 アマゾン格安旅行情報




前のページ  リオ1 2 3 4 5 イグアス アマゾン ウユニ  次のページ

◎アマゾン川概略 2021

アマゾン川(Rio Amazonas)とはブラジル、ペルー 、ボリビア、コロンビア、エクアドルを流れる世界最大の河川。長さ7,025km、流域面積700万平方km。支流が多数あり、アマゾン川という名称はそれらの総称。その62.4% はブラジルにある。川なのに水平線がある光景はたぶんここでしか経験できない。支流には泥水(コーヒー牛乳)系のソリモンエス川・マデイラ川・ブルス川・ジュルアー川・ジュタイ川と、赤褐色(ウーロン茶)系のネグロ川などがある。マナウスより上流ではこの川を支流の名で呼びアマゾン川という名称はほとんど使われない。

このアマゾン川の水深は50~60m と深い、場所によっては120mの水深があり、喫水6m程の船なら河口からマナウスまでの航行可能。喫水4mならペルーのイキトスまで行けるという。河口とイキトスの距離は3500kmで標高差は100m程。アマゾン川の流れは予想以上に緩やかなのだ。

ブラジルでのアマゾン川観光拠点都市は河口近くのベレンか、ソリモンエス川とネグロ川の合流地点近くのマナウス。日本の一般的なアマゾンツアーとして訪れる町は、アマゾン地域で最大の都市となる人口150万人のマナウス。サンパウロやリオからフライトで入るのが一般的。


日本からマナウスへ一番安く効率よく?行く方法は日本からベネズエラのカラカスに入って、そこからローカル長距離バスを乗り継いで行く方法。直線距離ではカラカス→マナウス1,730 km、リオ→マナウス2,860 km と結構な差。エンジェルフォールもロライマ山も無視して素通りすればカラカス→マナウスはすべてバスや乗り合いタクシーで行った場合片道所要3~4日、1万円かからない。

ただ国境イミグレは土日休業なので、ブラジルビザ持たない陸路のみの越境で土日をまたぐ場合は、国境足止め考慮して往路片道6日以上は見たほうがいい。ベネズエラ側でフライトを使うという手もある。通常このルートでは若干時間かけてもカナイマ(エンジェルフォール拠点村)経由が一般的。写真左上はカナイマ→サンタエレナセスナフライトの窓の風景。

ブラジルビザは国境のサンタエレナ・デ・ウアイレン(Santa Elena de Uairen)で日本の半分以下の値段で取得できる。ブラジル側国境の町はパカライマ(Pakaraima)。この陸路国境には近隣での黄熱病流行具合でイエローカードがいる場合がある。私の通過した2005年1月には必要だった。2016年9月現在はワクチン接種「推奨」で、イエローカードなくてもブラジルへ越境できるようだが、この辺の状況は急変するので注意がいる。




三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


◎リオからマナウスへ リオのカーニバルに個人で行く方法6

リオデジャネイロからカーニバルのオプションとしてアマゾンツアーに行く場合はプラス7日、7万円は見ていたほうがいい。マナウス発の3泊4日200US$のアマゾンツアーに参加しても、エア代が往復4万円以上かかってしまうのでイグアス往復よりはかなり高くなってしまう。

カーニバルのおまけで行く場合は、格安第一候補の陸路と船でベレンやマナウス入りというのは現実的ではないので高いエアを使わざるを得ない。

リオからマナウスへはGOLの最安プロモで片道187.18US$~(画像左)。2016年9月21日検索の約1か月先のフライト。往復で381.23 US$ になる。2016年9月21日 16:10 の米ドル円レートだと1 USD = 102.32 円なので往復のエア代だけで3万9008円。安いプロモは深夜フライトにしかない。1日8便あるので余分に払って昼間便にする選択もあり。

バスでサンパウロまで行ってそこからエアでマナウス入り方法もある。サンパウロからマナウスまではGOLの最安で片道150.99 US$(15,450円:画像下)。

GOL:http://www.voegol.com.br/


GOLのサンパウロ、グアルーリョス Guarulhos からマナウス150US$フライトの例


川なのにビーチがある 川なのに水平線もある 「電気ウナギは馬や牛でも殺すので気を付けて泳げ」といわれつつも何事もなく快適に泳いでいた。 電気エイもいるそうだ。 アマゾンの危ないやつらはピラニアやワニばかりではないのだ。


Booking.com


マナウスへ行く場合リオの空港はサントスデュモンではなく、ガレオンなので注意。表示ではRIO-Galeao(GIG)。サンパウロ発の場合はグアルーリョスにもコンゴーニャスにも発着便はあるようだがなぜかグアルーリョスのほうが安いのでSAO-Guarulhos-SP(GRU)を選択したほうがいい。

現地発のアマゾンツアーは日帰りもあれば1泊2日もある。ただ高いのはエア代なので日帰りツアーも3泊4日もトータルでかかる金額はさほど変わらない。せっかく行くならジャングルの中、ネグロ川に浮かぶフローティングハウスに2~3泊はしたほうがいいような気はする。

リオからマナウスに入ろうとするとどうしても高くなってしまう。3ヶ月とかの期間があればベレン経由の陸路と船の旅という手もあるが、時間が限られている場合は高いエアを使わざるを得ない。


アナコンダロッジ主催のツアーで連れてこられたネグロ川支流のビーチ

先にも述べたがマナウスに最も効率よく行く方法はカラカスからバスで行く方法。その行き方でアマゾンツアーをカーニバルのおまけで行く場合は、カーニバルの2週間ほど前にカラカスに入ってマナウスへ陸路で行けば効率はいい。3週間余分にあればエンジェルフォールもついでに寄れる。ただこの時期は乾季でもあるので運が悪ければ滝が消えている場合もある。

その場合はカラカスイン、リオアウトのオープンジョーチケットを使い、マナウスーリオ間はエアを使う。エンジェルフォールやアマゾンツアーに寄るなら1ヶ月くらいは期間が要る。2005年1月から2月上旬にかけて私が実際に放浪したルートでもある。日本からのエア代131,990円(諸税込み)含めて宿代、食事代、ツアー代、移動代、おみやげ代すべてあわせて43泊44日で344,314円かかった。マナウスーリオ間を片道935.15R$のヴァリクで飛んだのと最後の10日間をカーニバル体勢で臨んだのが全体の出費を吊り上げてしまった。びー旅スタイル格安旅としてはかなり反省しなければならない収支だ。その時寄った観光地は以下の通り。

マルガリータ島3泊4日
エンジェルフォール6泊7日(ツアーは2泊3日)
ガイアナ放浪2泊3日
アマゾンツアー3泊4日(マナウス滞在は1週間)
リオのカーニバルとリオ市内観光10日間
詳細は旅ログ エンジェルフォールへ

私の放浪は44日かかっているがマルガリータ島とガイアナをのぞけば1ヶ月あればおそらく十分。カナイマやマナウスでは意味なくボーっと過ごしてたりしたので、そういうのがなければ1ヶ月もいらないかもしれない。またここで紹介しているウユニ塩湖やイグアス、パンタナール情報は2004年の1~2月にリマ往復チケットでペルーに入ってチリ、ボリビア経由でサンパウロまで放浪した時のもの。その時のリマ往復チケットは119,840円(諸税込み、この頃燃油追加税はなかった)、この時もズルしてちょこちょこエア使ったので44泊45日で日本からの往復航空券代込みで総額301,957円にもなってしまった。


ネグロ川支流 風がやむと川面が鏡になる。この辺で水深7m。


ペルーの砂漠中南米諸国は入国審査の時に出国チケットが原則必要なのでオープンジョーや片道チケットで南米の複数の国を回るのには注意が要る。右はチリ北部のアタカマ砂漠 Desierto de Atacama。

しかしこれは原則であって国や時期によって甘かったり厳しかったりする。最終的には入国審査の時のチェックする担当官の判断。リマのようなチェックの厳しいところでもスペイン語で陸路でどういうルートで出国するか担当官を説得できれば出国チケットがなくても入国できたりするらしい。

ベネズエラのカラカスも原則出国チケットがいるらしいが事前にベネズエラ領事館に問い合わせたところ、きちんと出国のルートの説明ができれば問題ないとのことだった。だが実際は出国チケットのチェックは全くなく、質問すら全くない状態ですんなりオープンジョーチケットで入国できた。

ここで運悪くもめた場合は出国チケットを買わされる。あとで払い戻しできるが手数料たんまり引かれる。

私が中南米で現実にそういう状況で無用な出国チケットを買わされたのは今のところコスタリカーパナマの陸路国境パソカノアスでのパナマ入国の時だけ。違う国境から出るつもりだったので片道で入ろうとしたが、往復チケットがないと入国できないというので仕方なく買った。航空券ではなかったのでさほどの出費にはならなかったが、払い戻しで戻ってきた金額はかなり目減りしていた。その時はホンジュラスやニカラグアなど他の国境でも原則出国チケットはいるようなこと聞いていたが、中米8カ国しらみつぶしに回って出国チケット買わされたのはパソカノアスだけだった。


この水は植物のタンニンが溶け出したためこのようなウーロン茶色になる。


◆マナウスの宿とアマゾンツアー

私の参加した3泊4日アマゾンツアー560R$(当時のレートで200US$)へ参加する場合の連絡先は以下の通り

 AMAZON LILIES TOUR
Rua Floriano Peixoto,
348-2Floor-Centro
Fone:(55-92)233-3343
Mobile:9964-9736
e-mail:amazonlilies@hotmail.com

ここで手配されるのはグリーンプラネット主催のツアー。申し込みもツアーの最中も英語でOK。

グリーンプラネットツアー詳細
Green Planet Tours
所在地: Rua 10 de Julho, 481 - Centro, Manaus - AM, 69010-060 ブラジル
電話: +55 92 3986-8557


以下で紹介のホテルイディアウの1階のツアー会社の連絡先も書いておく。こちらは3泊4日で800R$。クレジットカード可。参加しなかったので詳細不明だが、ドイツからの団体さんの評判は良かった。

Amazon Cristian Tourismo LTDA.
Rua dos andoradas,468 Centro
Fone:9977-8297 E-mail:c_do_valle@hotmail.com




アナコンダロッジのツアーで行ったネグロ川ビーチ。電気ウナギなど危険な生物はマングローブの繁み付近にいるのでその辺で泳ぐのは避けたほうがいい。




マナウス地図安宿情報

HOTEL IDEAL
(イディアウと読む)
Rua dos Andradas 491 Centro
Tel:(92)622-0038
FAX:233-9423 CEP69005-180

ツイン ファン部屋シャワートイレ朝食付き1泊1室1,583円~

そんなボロ宿ではない。周辺に4R$くらいで食べられる地元定食屋あり。このホテルの1階にはツアー会社があり、そこでもアマゾンツアーを扱っている。

ホテルイディアウ 予約・詳細はこちら





●現地発アマゾンツアー

3泊4日で560R$(2006年12月のレートで約28,000円)。宿代、食事代、ツアー代すべて込み。水はタダだがガラナやコーラは別料金。1缶3.5R$とややボリ価格。上記のアマゾンリリーズ手配のグリーンプラネット主催のツアーでは「アナコンダロッジ」というネグロ川支流のフローティングハウスに宿泊する。この宿の前ではピラニアが釣れる。私の時はこのツアーが最安だった。

そこに滞在中、ピラニア釣りや、子ワニ狩り、ジャングルトレッキング歩き編、カヌー編ひと通りやってくれる。ネグロ川はタンニンが含まれていてボウフラが発生しにくい環境なので宿泊の宿周辺にあまり蚊はいない。だがジャングルトレッキングでジャングルに宿泊する場合は夕方には1000匹を越える半端じゃない数の蚊の襲撃を受ける。そういうのが苦手な場合はジャングルハンモック泊は控えたほうがいいかもしれない。もちろん蚊帳の中で寝るし、虫刺され対策も万全で行くので私の場合はパンタナールの時ほどは刺されなかった。ジャングルトレッキングに長袖長ズボンは必携。



ネグロ川脇の丘のパパイヤ畑。


ちなみに宿の前でもツアーで行くビーチ(川なのにビーチがある)ででも泳げるので水着は持っていったほうがいいだろう。宿の前にピラニアはいるが、怪我して血を流してなければ襲っては来ない。水深7mもあり、夕暮れにピンクイルカがしょっちゅう出没した。またツアーでは川にある水平線なども見れてそれなり楽しい。アマゾンにいるワニはみんなアリゲーターで最大9mになるそうだ。パンタナールにはクロコダイルもいてそっちは10mになるという。「嘘だろ?」と何度も確認したがガイドは自信もってそう言いきっていた。

タンパギという魚がとてもうまい。少々高いがマナウスのレストランのメニューにある。2人分で2000円くらい。地元の定食屋で食べればタンパギは食えないが、普通の定食を200~300円で食べられる。


ネグロ川を見下ろす丘の上で涼風にあたる。

コロンビア国境のブラジル側の港タバチンガまで、マナウスから船でソリモンエス川を遡上すること所要7日、料金200R$。エアーもあり片道250US$で所要1時間。2005年当時の料金なので今は若干値上げしている。コロンビア側の町の名はレティーシアでそこから再び船でペルーのイキトスへと抜けられる。アナコンダロッジのアマゾンツアー同行のガイドがレティーシア出身のコロンビア人で「いいとこだぞ。ぜひ一度来てくれ」と盛んに訪問を勧めてくれた。

アマゾン個人旅行情報


マナウス発アマゾンツアー

リオのカーニバルに個人で行く

リオ1 リオ基本情報
リオ2 リオの治安安全情報
リオ3 ブラジル航空券宿泊
リオ4 サンボドロモ
リオ5 リオ市内観光
イグアスの滝
アマゾン・マナウス
パンタナール
ウユニ塩湖

リオ旅行記1 ベネズエラ国境
リオ旅行記2 リオのカーニバル


マナウスのホテル

ウィンダム ガーデン マナウス
Wyndham Garden Manaus
1泊1室 7,156円~


トロピカル マナウス
Tropical Manaus Ecoresort
1泊1室 8,068円~


ホテル インターシティ マナウス
Hotel Intercity Manaus
1泊1室 5,339円~


ノボテル マナウス
Novotel Manaus
1泊1室 5,694円~


エコスイーツホテル マナウス
Eco Suites Hotel Manaus
1泊1室 3,485円~


成都パンダ基地
リオのカーニバルに個人で行く方法
ウユニ塩湖 ボリビア
モルジブ
格安セレンゲティ タンザニア

マナウスのホテル

ホテル サンパウロ
Hotel Sao Paulo
マナウス港900m、無料Wi-Fi有
1泊1室 1,705円~


ブルーツリープレミアムマナウス
Blue Tree Premium Manaus
1泊1室 6,223円~


エクスプレス ヴィエラルヴィス
Hotel Express Vieiralves
1泊1室 3,600円~


ゴー イン マナウス
Go Inn Manaus
無料Wi-Fi有。朝食付。
1泊1室 4,651円~


ホテル サンポール
Hotel Saint Paul
マナウス中心部。港まで800m。
1泊1室 4,606円~



ボタフォゴとコルコバードの丘

リオのホテル

オーラコパカバーナホテル
Orla Copacabana Hotel
1泊1室 13,680円~ コパカバーナビーチ沿いホテル。


マーリン コパカバーナ ホテル
Merlin Copacabana Hotel
コパカバーナ入口、コパカバーナビーチ1km。Wi-Fi、朝食無料。
1泊1室 11,038円~


●びー旅つぶやき
21:06 2016/09/15
WHOは黄熱予防接種証明書(イエローカード)の有効期間を2016年7月11日よりこれまでの10年から生涯有効に延長することを勧告。

日本で発行されるイエローカードの有効期間も1回の接種で生涯有効となる。いままで接種した人にもあてはまる。なので有効期間の過ぎたイエローカードも手続き不要で7月11日以降は自動的に生涯有効の証明書となる。

まじか。しかしそんなこと今さら言われても。もう10年期限切れて久しいのでどこかに行ってしまった。さっき探すも見つからず。せめて「将来永年有効になるかもしれないので捨てないでね」とか一言言っててくれれば取っておいたのに。紛失したらたぶんもう一回せねばならない。金かかるし痛てえし面倒だし1日つぶれるし。でもガーナやブルキナでは持ってったのに国境や空港で一度も呈示求められなかったのはなんでだ。 …と書いていたら出てきおった。2003年5月接種のイエローカード。ほっとした。

炎天放浪
遺跡の鬼への道 Heritage Hunter
ハワイアンインパクト
AFRICAN IMPACT
JAVA IMPACT
Himalaya Impact
Papua impact Raja Ampat New Guinea


ネグロ川支流


びー君

格安海外旅行
びー旅.com





海じゃないよ川だよ ワニもイルカもピラニアも牛や馬を殺す電気ウナギもいるアマゾン川 ここはネグロ川支流




前のページ    リオ1 2 3 4 5 6 7  リオ日記1 日記2    次のページ