ミャンマー物価2020

ミャンマー物価 2020

Myanmar prices 2020

ミャンマー現地庶民物価

ミェイマーケット前

←前頁  インド洋トップ  次頁→




ミェイ 2020年1月1日の夕方

ミャンマー庶民物価2020 Indian Ocean Travel

ミャンマーの物価には二通りある。外国人旅行者物価と地元ミャンマー人庶民物価だ。そしてガイドブック片手にツアーでミャンマーに入国するときに遭遇するのは外国人物価だ。通常何もしなければ我々日本人にはそちらが適用される。庶民物価は外国人物価とは全く別のところにある。ここで紹介するのはその庶民物価。

外国人が庶民物価にたどりつけないかといえばそういうことは全くなく、ちょっとした要領で簡単に庶民物価の恩恵を受けることができる。どうすればたどり着けるのか。まず第一歩はその手持ちのガイドブックを捨てることだ。現地を庶民物価で旅する基本はその予定調和のつまらないスタイルの旅行から脱皮することなのだ。




マンゴー1個55円。トマト1個9円。   クイッティヤウ110円

ミャンマー物価

元々ミャンマーには外国人には高い料金を払わせる外国人料金が存在していて航空運賃やツアー料金(右)などには今なおその状況が続いている。しかし2020年現在鉄道の外国人運賃は撤廃され、現存するものも価格差は縮んできている。また食材や食堂のメニューはタイより安いが、新品スマホや新車バイクはタイより高い逆転現象あり。

またミャンマーには1泊3000チャットの安宿が各地に存在するが、外国人宿泊ライセンスがないので外国人は泊まれない。まれにそういう宿でライセンスありの場合もあってそういう場合は、びー旅実録情報にもあるように、外国人料金とられても1泊6000チャットで宿泊できたりする。地元宿ほど英語は通じない傾向は強い。

激安地元宿の例
2015年ダウェイ1泊6000チャット 宿泊実録

2016年チェントン1泊6000チャット 宿泊実録

2016年タウンジー1泊3000チャット 宿泊できず



コータウンの市場のスマホ売り場 OSデフォルトミャンマー語


このパンどれも100ks(7円)   マンゴ1個55円


ミェイの夕暮れ 2019年12月31日

6000チャット:440円のバックパック購入 19年12月31日

18:28 2020/01/01
日本時間
2019年7月1日にタイのコラートで450THB (1,620円)で買ったリュック(写真右の右)の片方の肩ひもがちぎれて使えなくなる。半年ももたず。それ以前もファスナーの引っ張る部分がちぎれたりと散々。

プノンペンやニューデリーで買った8〜10US$のリュックは2年はもったのに。で昨日ミェイの地元店でリュック新調。上の左の迷彩柄のリュックが6000チャット(440円)。半年前のより少し小さいが4分の1の値段。どれだけもつかは今後随時報告。


地元デパートの料金

かにかまサンド1000ks:73円 水泳用ゴーグル9000ks:660円



コータウンの地元マーケット


ミェイの地元スーパー


タミンマオ2000ks:146円   チェーオー1500ks:110円




ミェイ 2020年1月1日(水) 晴のち曇 旅34日目

出費詳細
ミャンマータンメン1500 コカコーラペット325ml 300 300 ピザパン900 プリン大600 缶コーヒー700 海鮮タミンマオ2000 スナック100 プリン小200
宿泊代
ミェイホテル 15000チャット
合計

21,600 ks(1,576.8 円)

1円 = 13.5738 K /1 K = 0.07367円 2020/01/01 10:00
1チャット=0.073 円で計算


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2020年3月6日最安料金
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


【PR】海外個人旅行大作戦
複数旅行会社へ問合わせ
各社料金・プラン比較→


ごみがいっぱいミェイ港 ロングテールボート乗り場

お正月に海外旅行 行き先はミャンマーリゾート

15:04 2020/01/01 日本時間
ミェイで快適な正月。朝からおせちの代わりに激うま大盛ミャンマータンメン1500チャット(右:110円)。ミャンマー甘々缶コーヒーを飲みながらパソコンに向かう。リュックが壊れたので近くの地元店でリュック購入。6000チャット(440円)って強烈。

地元店で100チャット(7円)菓子パン見つけて感激。ロティは500チャット。ミャンマーの地方都市の物価は激安だ。その一方先日のスピードボートツアーもそうだが、スマホやバイクや車は日本と変わりない。コータウンからの移動の際に盗難にあったスマホgalaxy A2 いくらか聞いたら183,000チャット(13,359円)と言われた。半年前コラートで買った時より4000円も高い。たぶんバイクや車も新車の場合はそういう感じだ。



ミェイ港→パテ島ローカルボート Pahtaw Pahtet Island



ミャンマー経済急成長中

また2016年訪問時よりバイクの数が異様に増えた。バジャイ(三輪タクシー)もたくさんいる。夕方など大通りはホーチミンなみのバイクのラッシュ状態になる。皆さん3人乗り4人乗り。バスや鉄道がない新興国の地方都市ほどバイクや車のありがたみは深いのだ。

長距離歩く私がそれを一番実感している。しかも結構新車が多い。地元の皆さん結構金持っているんだなと思う。2016年10月7日米国の経済制裁が解かれて以降、ミャンマーはここ数年確実にそして大幅に経済成長している。

お正月に海外旅行。少し前までは料金高騰するし、混雑するし、絶対にありえないと思っていたのに最近このハイシーズンにほぼ海外にいる。しかもミャンマーリゾートとは香ばしい。私は酒のつまみにしか見えないおせち料理は酒飲まないので好みではない。栗きんとんしか食うもんねえじゃん。ミャンマータンメンやミャンマー海鮮中華丼のほうがずっといい。大晦日と正月に海外リゾートでマンゴー食うなんて富豪やんけ。なのに宿代込みで1日の出費は2000円。痩せるし血圧下がるしいいことだらけ。



2020年1月1日の夕暮れミェイ


バンコクツアー検索 旅工房
LCC利用バンコクツアー2020年3月6日最安料金
東京 名古屋 大阪 福岡
16,800円 31,800円 23,800円 21,800円

東京発ツアー   名古屋発ツアー

  大阪発ツアー  福岡発ツアー


ピピ島ツアー
日本からピピ島へダイレクト。5日間79,800円〜。
プーケットツアー
タイのおもちゃ箱。ピピ島、ラチャ島現地ツアー有。
パタヤツアー
成田発2泊4日33,800円〜。ラン島日帰りも楽々。


沖の船のシルエットがドスが効いている

メルギー諸島外洋ツアー予約

18:06 2020/01/02 ミャンマー時間
気温32℃の強烈に暑い昼下がり。ダウェイ方向に北上しようか迷っているうちになんと今また外洋のスピードボートツアーを予約してしまった。沖合90kmにあるベリーアイランド、チャルレイクアイランドなどスマート島のさらに外洋側にある島を回る。ミェイから往復280kmの船旅。

これから先ミェイの沖合600km(往復だと1200km)のニコバル諸島に行くんだからそんな頑張らなくてもと思いつつ気が付いたら予約していた。120US$でカード払いして124US$。チャット払いで186,000チャット(13,578円)だった。やべえ。全然格安旅行になってねえ。格安よりもきらきらとか言いつつ、後半モルディブでの出費が怖い。どうなってしまうのか自分でもわからない。神様が決める道、プロビデンストレイル。

さっき港へ行ってカダン島行地元フェリーをチェック。Kyunsu 行片道1500ks。スピードボートとの落差強烈。距離は片道23km 。地元の方で満員だった。1月2日?お正月気分まるでなし。連日怒涛のエキセントリック体験。昼にミャンマー汁なしラーメン食べたら700チャットだった。



カダン島Kyunsu行フェリー片道1500ks

ミェイ 2020年1月2日(木) 晴 旅35日目

出費詳細
タンメン1500 缶コーヒー500 汁なしラーメン700 缶コーラ300 スピードボートツアー124US$(186,000)海鮮タミンマオ2000 缶コーラ300 菓子パン4個500
宿泊代
ミェイホテル 15000チャット
合計

206,800 ks(15,096.4 円)

1円 = 13.5505 K /1 K = 0.07380円 2020/01/02 21:06
1円 = 0.009209 USD /1 USD = 108.59円 2020/01/03 8:25
1K = 0.0006796 USD /1 USD = 1,471.56K 2020/01/02 21:06
1チャット=0.073 円で計算


←前頁  インド洋トップ  次頁→



ミェイ時計台

インド洋トップ

1227 コータウン
1228 ミャンマー南部縦断
1229 ミェイ
1231 シージプシーツアー
0101 ミャンマー物価
0103 メルギー外洋ツアー
0106 ダウェイ経済特区

びー旅公式動画
YouTubeおとちゃんねる


大晦日とお正月にマンゴー1個55円。激うま。酒のつまみの寄せ集めにしか見えないおせち料理より個人的にはこっちのほうがずっとありがたい。わし酒飲まんので。


地元店のお菓子



 お正月のページ制作環境
 ミャンマー缶コーヒーと
 国内駅前スタバでPC開く
 ばかりがノマドじゃない


 すべて6000ks均一
 リュックはここで買った。


 タミンマオ2000ks


ピザパン900ks、トマト1個110ks、牛乳600ks、コーラ325mlペット300ks。


タミンマオ2000ks


スナック菓子100ks:7円


チョコアイス1300ksと高い


パテ島渡舟、奥がミェイ港。ミェイ港対岸600mの島は北がパトー島、南がパテ島。二つ合わせてパトーパテ島 Pahtaw Pahtet と呼ぶ。厳密には一つの島だが北の山と南の山の間が平地で島が二つあるように見える。


車内で100k(7円)パン。


ダウェイのクイッティヤウ500ks(37円)。10バーツなので安い。焼きそばも500ks。


海外旅行ダイエット進行中。2020年1月2日朝。



ミェイマーケット前


ミェイ海岸通り





←前頁  インド洋トップ  次頁→

びー旅トップ