びー旅ロード 2009 No.020
本文へジャンプ 格安海外旅行術
びー旅.com
             

バンコクホテル格安情報




格安バンコク空港ホテル
1泊2,750円〜 無料空港送迎あり。ネット予約、クレジットカード払い限定。
 

海外ゲストハウス確保術

ゲストハウス,バンガロー宿泊基本情報

海外のシングル1泊200円の激安宿に泊まる方法 激安地元系ホテル利用法


タイ.クラビ.トンサイ地区のテウカオバンガロー 1棟1泊200B 09年4月の料金

海外安宿確保の方法               2009年4月24日(金)
先日ちょうどバンコクで騒ぎのあったころタイを個人で旅されていた方から投稿情報のメールをいただいた(バンコクに非常事態宣言が出たのは4/12、旅をされていたのは4/3〜4/13)。内容はびー旅.comでも紹介しているピピ島の「ロングビーチバンガロー」宿泊での支払いトラブルについてだった。

初日に4泊分前払い(1泊500Bx4日分で合計2,000B:約5,600円)をしていたのに、チェックアウト時に「その記録がない」と3日分1,500B二重払いさせられたそうだ。ピピ島での旅自体は快適だったそうだが最後のトラブルで後味の悪さが残る旅になってしまったとのこと。

ロングビーチバンガローの支払いの記録はしょぼいノートにスタッフが手書きで書き込むスタイル。なので私が思うに、単に初日の支払いのチェック漏れだと思うのだが、スタッフがポケットに入れたなど、悪意がまったくなかったとの判断もしにくい。ご本人も指摘されているように初日の支払い時に領収書をもらってなかったことが、もつれる原因になってしまったようだ。該当投稿情報はこちら

ピピ島 アオポーバンガロー1泊1棟300B。ロングビーチバンガローより安いが船着場から遠い

このメールをいただいて海外のゲストハウスなどの安宿の宿泊の方法についてあまり紹介していなかったことに気づく。なので今回は海外での安宿確保について触れる。「甘くないお茶を買う」とか「野良犬撃退法」の前に紹介すべき内容だったかも。


カオサン徒歩10分サムセン地区のベラベラリバービューシングルトイレシャワー付で1泊250B
世界中の一般的な安宿とすると話がし辛いので今回は利用者の多いタイを例にとる。その他の国でも大まかな仕組みは同じ。ツアー参加や外国人向けホテルを利用して旅をされる方にとってはやはりゲストハウス宿泊は勝手がわかりづらいのかもしれない。ピピ島はリゾート地で宿が高いので安宿(バンガロー)でも500B(1,400円位)するが、カオサンのゲストハウスならシングル100B(約280円)から。300B位からツアーの経験しかない観光客でも泊まれそうな快適なゲストハウスになる。カオサンで500B出せばかなり高級ゲストハウスに泊まれる。ここで触れる安宿とはバンコクで300B以下、プーケット、ピピ島などで500B以下のゲストハウスやバンガロー。安宿確保で注意することは以下の4点

  @予約なしで当日確保が原則
  A支払いは1日づつ
  B貴重品管理は自己責任
  C宿泊に関するやりとりは英語で

@予約なしで当日確保が原則
クレジットカード決済できない1泊数百円の激安宿では、予約をキャンセルされた時に逃げた客からキャンセル料を徴収できない弱みを持つ。名前の知れた日本人宿や日本人経営の宿など一部を除いてメールや電話での予約は基本受け付けない。受け付けてもらえたとしても「空いていれば入れてあげるよ」程度。GHでは先に宿に居座っている客(実際に金を払っている客)が優先される。しかし実際はバンコクなどでは供給過剰の宿がひしめいているので、混雑期で予約がなくても宿が見つからないということはまずない。


ただカオサンの100B(280円)シングル宿などは人気があるので、当日確保は難しい。人気宿は午前中に空く場合が多いので、とりあえず200Bの宿に泊まり、毎朝空きをチェック、空くのを待ってもぐりこむという感じか。また80Bのドミ宿は当日でも空きがあったりするようだ。

空きがあってもすぐに決めないでいったん部屋を見せてもらった方がいい。そこであまりにも部屋が汚いとか、独房なのに値段が高いとか条件が合わない場合はさっさとあきらめて次の宿をあたる。すべての荷物を持ってしばし徘徊せねばならないこともあるので、荷物は極力少なくするべき。特に長時間フライトの後深夜の宿探しは、荷物が軽くてもきつかったりする。大きなスーツケース持参での宿探しなど論外。

カオサン近くシングル1泊100B〜の宿。トイレシャワー共同で若干きたなめ
はみ出し情報
  • びー旅.comで紹介しているタイプの旅には格安宿の自力確保は必須。有名な観光地、特にビーチは格安宿と一般観光客ホテルの価格差が大きくなる。
  • 長い人は今週末からGW突入、16連休とのこと。GWの海外旅行者数は去年よりは増加。GW終わってから7月までの間が格安航空券の安くなる時期。7月に入ると夏休み価格で8月下旬まで高値が続く。
  • 09年4月23日エアアジアカオサン通りにオフィス開設。クレジットカードなくても窓口で現金決済で航空券確保が可能になった。場所はタナオ通りのバーガーキング向かい。




アコンカグア イグアス 36L 定価11,800円 →6,980円(税込) 詳細はこちらへ


   

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋  大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


ピピ島ロングビーチバンガロー ビーチまで徒歩30秒 最初に公開したとき(2006年)には1泊200Bのバンガローが今は500B(1,400円)


1泊 2,750円〜 の格安バンコク空港ホテル


タイ チャンタブリーのシングル1泊200B560円の宿。トイレシャワー付で広い。
A支払いは1日づつ
宿が決まっても宿泊費はチェックインの時に1日分だけ支払う。翌日の支払いは翌日にする。チェックアウトリミットは大体昼の12時なので、もう1泊する場合はそれまでに次の日の分を払うのが一般的。泊まってみたら夜中バーの音がガンガンで寝られない場合などあるので、1日づつのほうが面倒がない。もちろん数日まとめて払うこともできるが、向こうに悪知恵をはたらかせるスキを与えてしまうので、初めて泊まるような場合は避けた方が無難。

ただ連泊割引のある中級以上のホテルはその限りではない。どうしても数日分前払いしなければならない場合は必ず領収書を書いてもらい、しっかり日にちの確認をする。連泊支払いの時に日にちをごまかすのもよくあるパターン。またいったん支払ったら、予定を変えて1日でチェックアウトすることになっても返金は期待できない。宿のことを良く知らない状態でまとめての前払いはトラブルの原因になりがち。支払いを証明する領収書がなければ不当な二重払いから逃れることは難しい。


安泊にあったほうがいい2点。三又プラグ40B。南京錠50B。09年2月カオサンで購入。ややぼられたか
B貴重品管理は自己責任
安宿にセーフティーボックスはない。また部屋には宿提供のメインの鍵のほか、南京錠用の金具がドアに付けてあったりするので、現地で南京錠を買っておくのもいい。部屋に合鍵で入らせない効果もある。南京錠は現地で安く売っている。1個40B(112円)位から。宿によっては宿提供の鍵がなかったりする場合もある(ピピ島やヒマラヤ山中など)。最初から手持ちの現金や貴重品をできるだけ少なくするというのが最善策。なくすものがなければなくなるものもない。

C宿泊に関するやりとりは英語で
フロントでは英語が通じても、掃除のおばちゃんなどは現地語しかしゃべらない。バンコクでは通じる英語も地方ではホテルのフロントでも通じなかったりする。ただフロントにリュックを背負った観光客が行けば何をしたいのかは無言でも通じるので、100円ショップの電卓あれば日本語でも何とかなるか。1泊1000Bも出せば地方宿でも英語は通じる。

また宿によってはキーデポジットが200Bほど別に必要だったりする。鍵をなくした時の保証金。鍵をきちんと返せばチェックアウトの時に戻ってくる。宿によってはデポジット支払いの時に渡される領収書がないと返金を拒否される場合もあるので、デポジット支払い領収書はなくさぬよう注意を。

周遊の場合、タイ語、カンボジア語、ベトナム語とややこしい。それでもタイ周辺の場合、英語がしゃべれれば安宿宿泊での不自由はしない。東アフリカではケニア周辺だけで50の言葉があるとか。ナイロビでは英語は通じるが、陸路でタンザニアに入れば、その50の言語の共通語は英語でなくスワヒリ語になる。ただタンザニアに限ったことではないが、観光客専用びっくり料金で旅をしている場合はその限りではない。60万円ツアーでは多分日本語のみですむ。途上国では「現地語料金<英語料金<日本語料金」は共通。いずれにせよ言葉に関しては、国境を越えても言葉が通じる場合もあるアラブ圏と中南米は恵まれている。

以下補足
安宿のコストパフォーマンスは値段に比例しない。「安宿=汚い極悪宿」ということもない。特に旅の印象は宿の汚さよりフロントのおばちゃんの人柄で決まったりする。ただバンコクやパタヤでは「安いんだけど、うるさくて汚くてスタッフも最悪」という宿も少なくない。「日本人<欧米人」のあからさまな差別をする宿もあったりする。ただそれ以上に「こんなに安いのにこんなに快適で楽しくていいの?」といった宿が潜んでいたりもする。またカオサンの安宿では荷物預かりサービスもあり、バンコク帰還後その宿に泊まることを条件に、長期放浪の間、無料で荷物を預かってくれる。

おいしい宿かどうかは結局の所泊まってみないとわからない。私にとっての快適宿も他の方にとっては極悪宿になったりする場合もあるとも思う。個別のエリアでの宿詳細についてはびー旅.com本編参考に。

ネパール ナムチェ 1泊200Rp 240円の宿
トイレ・シャワー共同だが2人で泊まれば1人120円

カオサン安宿情報     プーケットパトンビーチ安宿情報    エベレスト街道(ヒマラヤ)安宿情報     ピピ島安宿情報

びー旅.comバンコクホテル情報     びー旅.comプーケットピピ島ホテル情報    びー旅.comカンボジアホテル情報




ウボンラチャタニ ニュースリイサーンホテル2 トイレシャワー付160B 450円  バンコク駅前ステーションホテル 250B 700円  トイレに紙は流せない。据付のゴミ箱に捨てる。

おいしい?運び屋ビジネス         エベレストを見に行こう         次のびー旅ロード 海外旅行に行けなくなる日



1泊 2,750円〜 の格安バンコク空港ホテル

びー旅ロードトップへ

格安海外旅行術びー旅.comトップ   サイトマップ   バンコク   ピピ島  アンコールワット  エアエイジア  投稿情報