ハヴロック島フェリー乗場

ハヴロック島フェリー乗場 ポートブレアに生還

Andaman Archipelago

ハヴロック島フェリー乗場



←前頁  インド洋トップ  次頁→



ハヴロック島から生還2020


船着場はビーチナンバー1。ハヴロック島ではビーチに番号がついていてラダナガルビーチはナンバー7。

ハヴロック島フェリー情報2020

ポートブレアからハブロック島には公営フェリーGovernment Ferry(右)が1日4便出ているほか、MAKRUZZ, ITT MAJESTIC, SEA LINK, GREEN OCEAN の民間フェリー4社がそれぞれ1日1~3往復している。

料金は公営フェリー(ノンアイランダー SEAT)535Rs、民間フェリー1500~1600Rs。

公営フェリーは自分で出発前日までに港まで行って席の予約をしないとならない。当日でも空きがあれば乗れるが、地元の方でも前日予約が一般的。自由席がないので席が埋まると乗れなくなる。公営フェリーのアイランダー(島民)料金はポートブレア~ハブロック島65Rsなので、混雑時は彼らとの熾烈な席取り合戦になる。

特にハヴロック島発ポートブレア行(帰り)の場合、予約ブースが2列しかなく(ポートブレアの予約窓口は10列以上ある)混雑時は1時間ほど列に並ばされる。民間フェリーは外国人でも3倍するが島民には25倍になるのでほぼ利用せず。なので彼らとの席取合戦もなく、宿泊ホテルのフロントで予約ができるので確保が簡単。


上の料金に発行手数料50Rs加算されて535Rsになる。


YouTubeおとちゃんねる アンダマンニコバル諸島


ポートブレアに生還

15:30 2020/02/23
インド時間

救いようなく暑い。宿前の坂を登っていて生きる気力が奪われる暑さだ。何でこんなに暑いんだ?そうか。ここがインドだからだ。今朝ハブロック島からガバメントフェリーでポートブレアに生還。

ちゃんと風がくる天井ファンに吹かれて海と丘の見る角部屋でパソコン開く。チェンナイで買った電源アダプターが早々ぶっ壊れてパソコン充電できずにいる。

今日の朝、ハブロック島のジャングル宿グリーンランドリゾートをチェックアウトしたのは7時5分。ボートは9時発だがバスの運行に不安あったので早めに船着場目指す。30分は待つ体制だったのに待ち時間たった5分で赤バスがくる。港の船着場まで約10km、20分、13Rs。1時間半も早く7時半に船着き場到着。ギリギリであたふたするよりましか。


ハブロック島船着場からラダナガルビーチはノンエアコン市バスで14Rs。エアコンバスで20Rs。トゥクトゥク片道300Rs。往復だと待ち時間にで変動するが600Rs~。




2月23日私が乗ったポートブレア行公営フェリー バンブーカ
アンダマンニコバル諸島ハヴロック島 港の住所は「No1」




ジャングルビーチ エレファントビーチ

ハヴロック島滞在2020

8時半に乗り場ゲート内に入れ、8時45分に乗船開始。なんと乗り込んですぐ9時ちょうどに出港。船内には空席ちらほら。なるほど、こういう便なら当日確保はできるのだと納得。ポートブレアまでは2時間20分。往路より所要時間15分早かった。往路で3時間以上も待たされ、真っ暗になって到着との対照的な快適クルーズだった。

港について船着場ゲートで客待ちするトゥクトゥクにララジベイビューホテルまでいくらか聞いたら100Rsと言われた。歩いて15分くらいなので炎天下歩く。宿はフェリー予約した日にハヴロック島の宿からネット予約した。往路に泊まった時より80Rs高くなって1泊880Rsだった。予約だけしてチェックイン時に現金払い。1泊後すぐチェンナイに飛ぶので高いとは思うが予約サイトですます。往路で2泊した時も快適だったので。

チェックイン後、朝からなにも食ってないので宿前の地元食堂でチキンブリヤニ80Rsで食べる。2日連続ノンベジ肉食。量がむちゃ多くて腹いっぱい。暑いのでコーラが激うま。到着後250mlペプシ3缶も飲んでしまった。なんにせよシークロコダイルに食われずハヴロック島から生還。島流しジャングルサバイバル生活からも解放される。くたくたで今日は1日部屋でゴロゴロ。外は猛暑だが丘の上の3階の角部屋のこの場所は快適で涼しい。



ハヴロック島のマーケット

●びー旅ロード関連リンク
アンダマンニコバル諸島  ハヴロック島格安現地宿


18:50 2020/02/23
インド時間
ポートブレアの宿でハブロック島情報転送中。相変わらず遅い。なのに1時間60Rp。明日の朝チェンナイに戻るがそうするとまだ何日か転送滞るので今のうちに送れるだけ送っておく。ハヴロック島では動画もたくさん撮ったのにこのネット環境のせいで全くアップできていない。

バンコク戻れば何とでもなるので下手にじたばたするのはよそうとゆるく構える。シークロコダイルに食われずに生還できただけでも十分だ



ガバメントフェリー船内、シート席



ポートブレア 2020年2月23日(日) 快晴 旅87日目

出費詳細
ハヴロック島赤バス13 チキンブリヤニ80 ペプシ缶4缶100 水2L32 揚げパン2個30 ベジタリー70 ネット1時間60
宿泊代
ララジベイビュー 880
合計

1,265 Rp 1.56で計算(1,973.4 円)

1円 = 0.63952 INR /1 INR = 1.5637円 2020/02/20 22:33


←前頁  インド洋トップ  次頁→



Bambooka船内

インド洋トップ

0220 エレファントビーチ
0222 サバイバルトレック
0223 ポートブレアに生還
0224 ビアサバーカー空港
0226 渡り鳥随想録
0228 エアアジアインド

びー旅公式動画
YouTubeおとちゃんねる


Bambooka


チキンブリヤニ80Rs


 ハヴロック島のバンブーカ






ポートブレア、フェニックスベイジェッティに到着のバンブーカ。



ポートブレアの宿。3階で角部屋の窓の景色



サーターアンダギーと思って買ったら揚げパンだった。








ハヴロック島フェリー乗り場 入り口チェックにパスポート提示が必要


Government Ferry, Bambooka. Andaman Nicobar Islands.





←前頁  インド洋トップ  次頁→

びー旅トップ