本文へスキップ

安慶名敷島 座間味島無人島 渡し舟

安慶名敷島(あげなしくじま)
無人島 島渡しボート往復1,500円

沖縄情報 格安海外旅行術 びー旅

安慶名敷島(あげなしくじま)の到着した渡し舟
前へ    安慶名敷島(あげなしくじま)到着。今日私の利用した渡し舟  2012年10月6日朝10時15分    次へ

成田・那覇 6,160円〜 エアトリ国内航空券格安検索

安慶名敷島(あげなしくじま)Okinawa 2012

安慶名敷島(あげなしくじま)
 無人島の安慶名敷島(あげなしくじま) 慶良間諸島のラムサール条約エリア

安慶名敷島(あげなしくじま)
座間味島から渡し舟で往復1,500円。所要5分。慶良間諸島のラムサール条約エリア。

安慶名敷島 2012年10月6日(土)13時10分

安慶名敷島

今座間味港で14時発帰りの那覇行フェリーの出港待ち。乗船は30分前からとのこと。缶コーヒー飲みながら涼しい風に吹かれてパソコンに向かう。午前中雲があったがこの時間また雲ひとつない快晴。那覇行のフェリーは14時出港で阿嘉島経由で那覇の泊港16時到着予定。エアアジア成田行きの帰路便は今日の17時15分。泊港からそのまま那覇空港へゆいレールで直行する。

今日は朝7時起き。宿の前の105ストアで1個180円のおにぎり2つ買って阿真ビーチまで行って岩場で海を見ながら朝食。180円おにぎりは高いと思うも、1人岩場で波の音を聞きながらさんぴん茶で流しこむ朝食は激うまだった。


 座間味島から渡し舟で5分 安慶名敷島(あげなしくじま)

いったん戻って途中港で無人島の安慶名敷島(あげなしくじま)行の島渡しのボートで料金確認。1,500円で1人しかいなくても行ってくれるとのこと。早速宿に戻り水着に着替えて2,000円だけ持って島渡しボートで安慶名敷島へ行く。

安慶名敷島は昨日遠泳断念した嘉比島(がひじま)の隣にある無人島。どちらもラムサール条約エリアになっている。ボートは嘉比島にも1,500円で往復してくれる。少し港から遠い安室島だけ2,500円。ちなみに先日泳いで行った渡嘉敷島近くのハナリ島もラムサール条約エリア。

今日が沖縄最後の日で今日の夜には成田にいる。そんな午前中に海で潜れるなんてフライト時間が短い国内のメリットは大きい。そしてそんな最終日にこの沖縄旅で一番の透明度の海との遭遇になる。今日の透明度は20mくらい。これまでの沖縄で最もよい。珊瑚や魚影も今回の沖縄の旅で一番よかった。島自体もラムサール条約適用地域で売店や港の類が一切なくきれいなビーチの写真を撮るにはよい条件。


 昨日遠泳断念した嘉比島

座間味島から那覇空港へ 2012年10月6日(土)15時01分

島の周りは満潮、干潮時期をのぞいて流れはかなりあるようだ。島に着く前にボートの船頭さんから、今日の満潮時間と干潮時間、流されないよう泳げる範囲を教えてもらえる。私のいった時間はちょうど満潮で流れもそんなにない時間帯だった。

ダイバー船やシュノーケリング船がたまにやってくるので人が集まって潜っているのがサンゴ礁のポイント。そこまで泳いで行って潜る。これだと島まで遠泳する10分の1以下の労力ですむ。足ひれはなく、競泳用ゴーグルにサンダル。シュノーケリングというよりただ泳いでいるだけの状態。フィンもマスクも1日500円と高いので。

空港周辺ホテル格安予約
羽田周辺 1泊1室 1,000円くらいから 予約・詳細はこちらへ
伊丹周辺 1泊1室 1,800円くらいから 予約・詳細はこちらへ
千歳 1泊1室 2,000円くらいから 予約・詳細はこちらへ
福岡 1泊1室 1,200円くらいから 予約・詳細はこちらへ
那覇 1泊1室 1,000円くらいから 予約・詳細はこちらへ
 1室料金なので2名利用の場合は1人当たりは半額。


 安慶名敷島(あげなしくじま) シーズンオフ?なので人も少ない。

沖縄格安ツアーをJTBで探す
沖縄までの格安ツアーホテル・空港送迎込み 2019年10月1日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪 福岡
2日間ツアー 29,000円 35,800円 25,000円 24,100円
3日間ツアー 24,800円 29,800円 25,000円 25,700円
4日間ツアー 27,800円 29,800円 28,200円 56,600円

首都圏発はこちら     中部発はこちら      関西発はこちら    九州発はこちら

その他の国内ツアーはこちらへ


漁船改造の渡し舟は帰りの時間を指定すればその時間に迎えに来てくれる。12時にピックアップを頼んだらその渡し舟は4人の女性客を乗せて10分前に島に現れた。時間厳守。島時間じゃねえじゃん。

宿に戻って弁当500円で買って食べてシャワーを浴びるとちょうどいい帰りの乗船時間。1時間ほど待つことになったので日記を書いている。

お、今乗船が始まった。パソコン閉じて乗り込むとしよう。

フェリーは那覇の泊港に向かっている。冷房の効いた客室でパソコンを開く。フェリーは阿嘉島によるが、座間味島から阿嘉島までは15分で着いてしまう。阿嘉時まで15分停泊してそこから泊港まで1時間半、トータルで2時間というスケジュール。

今日の晩には成田。フライトディレイを見越して既に成田のホテルに予約済み。フライトディレイしなかったら読みが外れて無駄な宿泊となってしまう。でも一回成田のホテルにも泊まってみたいし、キャンセルすることもないかと思うのでそのまま成田に泊まるつもり。1泊4000円の部屋がどんなだかもネタになる。昨日の夜は同室のダイバーのお兄さんのいびきがうるさくてあまりよく眠れず。

ちなみに成田のホテルはもうかなり前に1回だけ、航空会社のフライトキャンセルで、航空会社もちで無料宿泊をしたことがある。スイスに行く時だったのでもう15年前になるか。

安慶名敷島から見る嘉比島(ガヒジマ)
 安慶名敷島から見る嘉比島(ガヒジマ) 阿嘉島から慶留間島(げるまじま)への阿嘉大橋
 阿嘉島から慶留間島(げるまじま)への阿嘉大橋 阿嘉島フェリー乗場から

前のページへ       沖縄トップへ      次のページへ




2012年沖縄旅行記
沖縄情報トップ
9月29日 台風17号エアアジア欠航
9月30日 那覇へ 台風17号縦断
10月1日 渡嘉敷島 民宿宿泊
10月2日 無人島ハナリ島遠泳
10月3日 沖縄修学旅行
10月4日 座間味島フェリー
10月5日 沖縄古民家宿泊
10月6日 安慶名敷島渡し舟
10月7日 エアアジアフライト遅延
10月14日 沖縄びー旅エピローグ


浅海を見ながらの朝食。105ストア(島の売店)でこのおにぎり180円と高いが、こういう状況なので許す。



那覇泊港〜座間味島へのボート

●フェリーざまみ 約120分
片道 大人¥2.120
   小人¥1.060
往復 大人¥4.030
   小人¥2.020

●クィーンざまみ
約50分 阿嘉島経由の場合は約70分
片道  大人¥3.140
    小人¥1.570
往復  大人¥5.970
    小人¥2.990



潮溜まりの魚を手づかみ。背中にとげがあって注意が要る。写真撮ったら食べずにリリース。


かにさんもいた


朝のさんぴん茶


那覇ウエストイン

1泊 4,500円〜
那覇ウェストイン予約へ


グレイス那覇予約はこちら


ドミ宿1泊800円〜
CamCam沖縄 予約へ


座間味島の弁当 500円


安慶名敷島(あげなしくじま)のヤドカリは大きい。砂浜で日が照ると石の日陰にこやつらが密集している。


座間味島のマリリン
私は映画は見てない


ハルサーエイカー2 2012年10月6日朝10時半スタート 沖縄限定だけど


沖縄のキャバクラ

安慶名敷島(あげなしくじま) 2012年10月6日


安慶名敷島(あげなしくじま) 島の周りは時間によって潮の流れが強くなる

前のページへ       沖縄トップへ      次のページへ