ラノーン温泉

タイで温泉 ラノーン ラクサワリン温泉

Raksa Warin Hot Spring

タイで温泉 ラノーンラクサワリン

ラノーンマーケット前
タイ各地には温泉がある。その中でも有名なのがラノーン温泉。ラノーン市内から2.6kmにあるラクサワリン温泉だ。源泉温度65℃。12月気温30℃でのタイの温泉入浴実録2019。


←前頁  インド洋トップ  次頁→




ラノーン ラクサワリン温泉 Indian Ocean Travel

6:33 2019/12/19  タイ時間
昨日ラノーン温泉に行ってきた。正式名ラクサワリン温泉。宿から2.6kmなので往復歩いた。2013 年にも一度歩いて訪問してテンション低いことは十分承知での再訪だったが、相変わらず激低テンション。「タイの温泉」と期待していくとたぶんがっかりする。



ラクサワリン温泉 無料で入れるが温度が43〜45℃。65℃の源泉をホースでどんどん入れるので後半入れないほど熱くなる。無料エリアではちょうどいい温度にしようとする配慮は全くない。あの温度じゃ雑菌繁殖不可能なので衛生上は正しいのだろうけど。


ラノーン市場前からラクサワリン温泉2.6km

ラノーン温泉 ラクサワリン

前回訪問時は普通に服着た状態で行ったので足湯しか入れなかったが、今回はがっつり露天風呂体験するつもりで水着着用で行った。もちろんかの地では素っ裸で露天風呂に入る習慣はない。国立公園だが入場無料で露天風呂も無料で入れる。

ラノーン温泉には無料部分以外に下の40B入浴料エリアと、脇に立派な建物の観光客料金撮られるであろう高級スパがある。


40Bの有料エリア 入っている人はいなかった。


ラクサワリン温泉駐車場と売店


今回は一応肩まで使って露天風呂体験はしたのだが、まず第一の感想は熱い。常識外れに湯温が熱くて1分入っていられない。完全な熱湯風呂だ。源泉温度が65℃なので温度調節に配慮しないで源泉を入れ続けるとたぶんあの熱湯風呂になる。もっとも私の訪問したのは前回も今回も無料部分のみなので有料部分や高級スパの類は適温に調節されているのだろうが。とはいえぬるいと衛生上問題あるが、あの温度なら雑菌繁殖はまず不可能だ。




ラクサワリンの源泉温度は65℃ ここのお湯には1秒触れない


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2020年3月6日最安料金
行き先 成田 名古屋 大阪
タイ 18200円 28100円 18200円
カンボジア 25560円 32400円 40000円
ベトナム 25560円 25400円 26000円
マレーシア 25560円 32400円 34600円
ミャンマー 25560円 32400円 34600円

タイはこちら   カンボジアはこちら  ベトナムはこちら

マレーシアはこちら   ミャンマーはこちら


【PR】海外個人旅行大作戦
複数旅行会社へ問合わせ
各社料金・プラン比較→


ラクサワリン温泉入り口

温度が適温調整されているであろう川沿いの有料部分は40B(144円)なので入ろうか躊躇したが断念。エリアが狭くしょぼい。有料エリアに入っている人も皆無。無料部分でも水着で入っているのは私一人。全体的に人は少なかったが、タイ人が多く外国人は少なかった。タイ人小学生の遠足のような感じでジャージ姿の大量の中学生が足湯に瞬間入って「あちい」と騒いでいた。


熱いのを我慢している状態 ダチョウさんの風呂の温度だ。人はたくさんいるが温泉につかっている人私だけ。熱すぎるので。たぶん有料エリアではちょうどいい温度になっていると思われる。

到着から30分くらいは熱くても肩まで何とか入れたが、いつの間にか源泉をホースでどんどん入れ続けるので、後半は熱くてとても全身欲で入れる温度ではなかった。浴槽は複数あって温度の低い浴槽もあるのだが濁っていたので入らなかった。


ラクサワリン温泉への道の途中で

気温30℃で歩いて行って着いた時点で汗びっしょり。それでもタイの森の中で空を見上げて「あっちー」と叫びながら入る温泉体験はそれなり異次元で味がある。上のように周辺の風景も箱根の露天風呂の風情があるし。期待するとがっかりするが、暇つぶしのファンキー体験で行くなら十分行く価値はあるとも思う。

ラノーンでゆるゆる

5:50 2019/12/18
タイ時間
ラノーンの地元宿で10時に寝て5時に起きる早寝早起きの毎日。朝は涼しい。Wi-Fiないのがつらいところだが、ベランダ、トイレシャワーTV付20畳部屋で280Bは十分快適。ラノーンに戻ったのは底をついたバーツ両替とバッファロービーチでなくした水泳用ゴーグルを買うため。

透明度の高いスリン島に行ってゴーグルないのはつらい。スリン島にもシュノーケルギアレンタルはあるが1日100Bと高い。水泳用ゴーグルが一つあれば、高額なダイビング機材もシュノーケルギアも不要。ただ泳いでいるだけでハイテンション。サンゴ礁と熱帯魚に遭遇できる。またタイでATMを使うと現金両替よりずっとレートが悪くなる極悪な仕組みがあるのでATM利用はミャンマー入国まで封印中。

両替もゴーグル購入も済ませていつでもスリン島に向かえるのだが宿が思いのほか快適なのでゆるゆる中。ゴーグルは宿徒歩1分の地元店で20B(70円)だった。宿やツアーの予約をしてないのでその日の気分で旅程は自在に変えられる。神様が言う通りの旅。プロビデンストレイル。自由があるのにわざわざ予定調和のつまらない旅へとランクを下げる意味はない。ただ沖縄やハワイでは私も宿の予約はする。南米やアフリカではしないけど。



ラノーンマーケット



ラノーン快適格安生活

08:51 2019/12/18
タイ時間
朝の市場のカレーソーメン「カノムティン」が味があった。辛かったけど。カンボジアのノムバンチョフ?野菜食べ放題で25THB。帰りにロティ6B買ってセブンイレブンでアイスカプチーノ中18B買って牛乳割で飲む極楽コース。朝から曇りがちだったがこの時間日が差してきた。これからびー旅転送して温泉にでも行こうかなと思う。ここから2.6kmなので歩いて行ける。ラノーン温泉。ラクサワリン温泉ともいう。

日本の12月の気温で温泉は極楽だが、昼間の気温30℃こすタイで温泉はさほど極楽感がない。極楽が極楽を消すというか。いずれにせよ贅沢であることには変わりはない。温泉は無料エリアもあるが入浴料は1日はいって40B(144円)。南国ビーチに温泉の日替メニュー。海外旅、格安だけだめだよ。きらきらでなきゃ。



バンコクツアー検索 旅工房
LCC利用バンコクツアー2020年3月6日最安料金
東京 名古屋 大阪 福岡
16,800円 31,800円 23,800円 21,800円

東京発ツアー   名古屋発ツアー

  大阪発ツアー  福岡発ツアー


ピピ島ツアー
日本からピピ島へダイレクト。5日間79,800円〜。
プーケットツアー
タイのおもちゃ箱。ピピ島、ラチャ島現地ツアー有。
パタヤツアー
成田発2泊4日33,800円〜。ラン島日帰りも楽々。


ラノーン 2019年12月18日(水) 曇時々晴 旅20日目

出費詳細
カノムティン25 ナシクニン弁当25 ロティ6 アイスカプチーノ中18 牛乳12.25 トイレ5 ペプシペット12 カウカームー40 ナムケンパオ2 短パン60 みかん1kg50 水6 ハーダウチキン23 ゼロペプシ缶12
宿泊代
シンタウィホテル 280 THB
合計

576.25 THB(2,074.5 円)

1円 = 0.27635 THB /1 THB = 3.6186円 2019/12/14 6:55
 1バーツ=3.6円で計算


三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


←前頁  インド洋トップ  次頁→



ラノーン渓谷

インド洋トップ
1205 ラン島行き方
1206 パタヤ格安滞在
1207 パタヤ格安バス
1208 エアアジア国内線
1209 ラノーン空港
1210 パヤム島行き方
1212 パヤム島滞在
1214 ロングビーチ
1216 クラ地峡運河
1218 ラノーン温泉
1219 クラブリー
1220 スリン島アクセス
1221 スリン島テント滞在
1222 スリンボートツアー
1224 スリン島脱出

びー旅公式動画
YouTubeおとちゃんねる


現在宿泊中1泊280B



 ラクサワリンへの道


 シャワーもある



ファイブスターの揚げギョウザと市場で買った20B弁当。安いので2つ買う。


12月18日昼のカウカームー40B。温泉帰りで激うま。


ファイブスター(ハーダウ)の揚げ餃子25THBは串にささっている。ギョウザ1人前が90円で食えるのは鋭い。


20Bのゴーグル


上の菓子パン5個で20THB


ハーダウのチキン23Bとソムタム30B。


ラノーン市場前からラクサワリン行のソンテウはあるが15Bなので私は歩いた。


ラクサワリン温泉。熱くて入っていられない温度。1分程度の足湯にするならかろうじて我慢できる温度。


タイのわんこは自由だ。


遠足の小学生をのせたソンテウ。温泉にいたのはもう少し大きい中学生だっだ。


TDLにも売ってないミッキーTシャツ39B(140円)


ピューロランドにも売ってないキティTシャツ69B(250円)。ん?ミッキーよりキティのほうが高い?



ラノーンマーケット




←前頁  インド洋トップ  次頁→

びー旅トップ