本文へスキップ

バンコク隔離ホテル格安滞在 SHA Extra Plus

びー旅.comFringe stream road

Test & Go quarantine waiver

バンコク隔離ホテル格安滞在

バンコク隔離ホテル生活中Traveling abroad after the corona


スティサン、ホワイクワンあたり

←ジップエア  Cliff Edge Top  ランブトリ通り→

バンコク隔離ホテル格安滞在中

2022年2月4日(金)20:03 タイ時間
激動の1日。退屈な日本の日常で起こる半年分のことが1日で起こっている感じだ。今日午後PCR検査陰性出て、隔離解除される。と言われても隔離の実感がない。前日の激動の移動で初日あまり寝れず。加えて今の部屋8階なので窓開けていても蚊は入ってこないだろうと窓開けてたら、夜中にさされまくり起こされる。慌ててアースノーマットつける。2月に蚊ってやべえぞ。

なので今日午前中部屋から出る元気もなく、半日ゴロゴロしながらYouTube動画の編集とかしてたので、監禁されている気分皆無だった。暑い中だれてゴロゴロするのが至福。昨日まで凍えていたので余計に実感する。ただコンビニすらいけない自由を奪われた状態が7日も続くのはきついかも。今のホテルネット環境が不十分で、びー旅FTP転送やYouTube 動画のアップロードができないのが致命的。Test & Go 出国直前に再開され、隔離大幅短縮されてラッキー。

さっきまで雷伴う豪雨。乾季なのに。監禁で飯を買ってきてもらうのも1食分だけで、夜分は午後に自分で買い出しに出た。



空港出口の送迎車カウンター。貼りだしてある紙は高額ホテルばかり。SHA認定ホテルは高級ホテルがほとんどなのだ。1泊2000円は珍しい方。当然ネット上には高い方に誘導する罠多数。



空港から隔離ホテルまでAQパッケージなしで行く

昨日2月3日の夜10時半ごろ空港着で、機内出て検疫チェックなどの審査経てイミグレ通過。正直あっけない。いつもより時間はかかったがトラブル何もなくすんなり通過。都民無料のPCR検査も、AQパッケージなしのホテル予約のみも何の突込みもなく終了。11時10分くらいには空港出口にいた。私には預け荷物がないので早い。

そこからがまた難所。私は政府指定のSHA エクストラプラスホテル予約してあったが、ネット情報にはAQパッケージなる空港送迎と1回目のPCR検査代含む予約がないと大変なことになる…の情報。私のホテル予約時もパッケージのお誘いのメールが来た。しかしどうも胡散臭く詐欺メールとの区別つかず。しかもパッケージ代は3600THBとかで高額。2000円の宿予約して15000円の追加請求来るのはあまりに怪しい。メールの差出人もagodabiz.com とアゴダでもホテル直でもない。宿に直接メール出して問うも返事来ず。そのままでタイ入国となってしまった。最悪適当にタクシー見つけてそれで行けばいいかとも思っていた。空港からホテルまで15kmなので歩ける距離ではない。


空港に現れた隔離送迎車。この12人乗りバンに私一人乗る。運転手との間には透明なビニールシートで隔絶されていた。


イミグレ、検疫は楽勝通過したが、その先で行き詰まる。出口には検疫こみホテル送迎の看板掲げた複数のカウンター。私の泊まるホテルCK2ホテルに行きたいというと1番カウンターに行けと言われる。電話で呼び出ししているようにも見えたがほったらかされている感じでもあった。あと7分待ってと言われて30分待ち、深夜12時近くなってようやく迎えの車が来るという。カウンターでホテルまでいくらかかるか聞いても知らないの答え。怪しい。でも信じて乗っかるしか手立てがない。出口脇から出ようとするもセキュリティに止められる。一般タクシーも見当たらない。

カウンター前でかなり待たされて空港前の通りに現れたのは12人乗りのでかいバン。乗客は私一人。あとは運転手のみ。空港の案内係はそこで消える。やべえよ。ぼったくり街道まっしぐらじゃん。しかし深夜0時で空港で無駄に夜明かしもしたくない。乗り込んで市内へ向かう。暗闇をかなりの時間移動。こんなに遠いか?でも遠回りしている様子はない。する意味もないし。


スティサン通り脇の運河


で、車はホテルの雰囲気皆無の怪しい建物の脇につける。不安マックス。しかしどうやらそこは病院だったようで、防護服来たおばちゃんがスライドドアを開ける。こっち来いという。PCR検査だったのだ。鼻と口に綿棒入れて1分で検査終了。その後ホテルに向かう。

ホテル到着後、ドライバーと交渉か。1000THBくらいしょうがないかなと思っていたら、ドライバーは私を玄関に案内したらどこかへ消えてしまった。これでうさん臭さ吹っ飛んだ。支払いはドライバーでなくホテルのフロントでするように言われる。請求金額は3,490THB。事前にメールで来てた金額より200B安かった。



現在宿泊中CK2ホテルの8階の部屋のベランダからの眺め

現在私が宿泊しているホテル
CK2ホテル予約詳細


どうやらこれは正規の金額のようだと判断し、高いとは思いつつ、成田でPCR検査4万5000円出すことを思えばと抵抗することなくクレカ払い。しっかりクレカ手数料3%上乗せされた。正直両替もATMも使ってないので前回の余りのバーツが2500Bほどあるだけでその手持ちがなかった。そういう展開で0時過ぎ深夜のチェックインで無事1泊2,055円のSHAエクストラプラスホテルに潜り込んだ。昨日はもう遅いのでコーラだけ頼んでそのまま寝た。部屋に冷蔵庫あるので冷たいコーラが飲めるのがありがたい。


1泊2,055円のSHA++隔離ホテル CK2ホテル。



CK2ホテルはタイミングによっては上のように1泊1,284円になったりする。これ見つけた時にはキャンセルして予約しなおそうと思ったが、入国の懸念の方が大きく結局そういう気分にもならず。

現在私が宿泊しているホテル
CK2ホテル予約詳細

SHAエクストラプラスホテル1泊2000円


翌日昼過ぎに検査結果出て陰性。とりあえず自由の身となる。10個の難関のうち7個までクリアした状況か。まだ5日後のPCR検査もあるし、滞在延長30日の手配もある。このまま28日後に帰国するとたぶん日本側でまだ2週間隔離かそれに近い嫌がらせ続いている。なので滞在延長しこっちで時間つぶして隔離がなくなる4月上旬ころに帰国できるように模索する。ムアントンタニの臨時イミグレーションセンターでの滞在延長の壁がこの先待っているのだ。


地下鉄スティサン駅




気温30℃でごろごろが至福

何にしても極寒の日本から脱出して気温30度の炎天下に身を置くのはしみる。今日の最高気温32℃。夜になって豪雨になるも2~3時間でやむ。今日の午後は宿から地下鉄スティサン駅まで歩いて炎天下トレッキング。昨日まで寒さでげんなりしていた身には極楽体験だ。帰って暑い中ごろごろぐでるのもめっちゃハッピー。

この宿2泊予約したが今日の感じでは1泊のみで解放される感じだった。午後9時以降夜着は2泊確保必要のネットのガセ情報に騙された。奴らは高額ホテルに長居させたいだけなのだ。ここはネット環境が悪く、びー旅のFTP転送が思うようにできない。YouTube動画のアップもできない。明日早々カオサンへ脱出する。


誘導されるほほえましいハッピーホテル。4万バーツは14万円。AQパッケージは万全。でもたいそうな金払って監禁されるだけってやばすぎ。で帰国して2週間拘束。何のために渡航するの?成田でPCR検査45000円払って行こうと自由なんだけど…

さっそく下痢 宿で頼んだソムタムで

隔離期間中頼んだ食事がムーピンとソムタム。下の状態で部屋まで運んでもらうルームサービス状態で150THB。自分で買えば60Bなのだがまあ状況が状況だけに許容範囲。地元仕様で唐辛子の量が半端なく食べ終えて10分間口の中が痛かった。

その後夕方から夜にかけて30分ごとにトイレに駆け込む強烈水様便。ソムタムと生の白菜に当たってしまった。PCR検査陰性だったのに初日から下痢かい。



置き配でなく部屋の中まで運んでくれるルームサービス状態。隔離の意味ないじゃんとは思ったけど。後強烈下痢。

今日市場でミカン買ってさっき食べて激うまだった。おもいっきりの種ありだけど。10個30THB 。1個3THB。今年初めてミカン食う。日本の1個40円のミカン食う気がせんかった。午後の炎天下トレッキング時、フルーツ屋台でメロン(ケンタロップ)20THBも買ってこちらも激うまだった。

バンコク 2022年2月4日(金)晴時々曇後豪雨 旅2日目

出費詳細
カウカームー、ソムタム定食150 チップ10 みかん10個30 カットメロン20 でかいフライドチキン40 カウニャウ10
宿泊代
CK2ホテル 1,965円 予約前払い
合計

260THB+1,965円 3.5で計算(2,875円)

1円 = 0.28605 THB/ 1 THB = 3.4958円 2022/02/05 7:59


びー旅つぶやき 日々の日記

7:07 2022/02/04 タイ時間
バンコクのホテル8階の部屋で朝を迎える。今の気温26℃。今日の最高気温32℃。今の東京は4℃らしい。昨日夜遅くタイ入国。昨日スワンナプーム空港到着は夜9時35分。空港から市内までは12人乗りワゴンに私のみ1人乗る隔離送迎車でPCR検査受ける病院経由で1日指定されている隔離ホテルへ。ホテル行く前に車内でドア開けて綿棒鼻と口に入れられる。陰性でるまで隔離状態。この送迎+PCR検査の隔離パッケージで3500THBほどとられてしまう。この金額は事前に知らされていたので覚悟はしていた。

支払いはホテルのフロントでクレカでした。クレカ手数料加算されたけど。寒さから解放されただけで十分ありがたい。宿のWi-Fiにはつながっているが、FTP転送異様に遅くびー旅ページ更新しづらい状況。1日隔離期間は食事は宿のスタッフにチップ込みで持ってきてもらうスタイル。陰性でればとりあえず4日解放。5日目に再度PCR検査検査受け、完全解放となる。



スティサン通り Sutthisan Winitchai Road ถนนสุทธิสารวินิจฉัย




8階のベランダから


びー旅実録2022目次
クリフエッジウォーク
2/3 コロナ渦中出国
2/3 ジップエア搭乗
2/4 隔離ホテル滞在中
2/5 ランブトリ通り
2/7 ゴーストカオサン
2/8 コロナ結界突破
2/9 タイ隔離免除入国
2/10 ムアントンタニ



宿のWi-Fiエントリー画面。ネットにはとりあえずつながるがFTP転送やYouTube動画のアップはほぼできない。


強烈な電線

●YouTube旅動画

YouTubeおとちゃんねる


8階から見下ろす道


YouTubeおとちゃんねる





CK2ホテル支払い1泊2055円


YouTube ラジャアンパット


mochanaアプリ





YouTubeおとちゃんねる
リオのカーニバル


カツカレーと餃子で199THB


タイのわんこは自由だ


晩飯用に買ったでかいフライドチキン1個40THB


荷物は少なくするんじゃなかったのかい。




バンコク スティサン通り
バンコク スティサン通り Sutthisan Winitchai Road ถนนสุทธิสารวินิจฉัย



←ジップエア  Cliff Edge Top  ランブトリ通り→