ラオリアン島周遊ツアー

ラオリアン島 スコーン島から漁船チャーターでラオリアン島へ行く

Laoliang Island ラオリアン島

スコーン島からぺトラ島とラオリアン島現地ツアー

ラオリアン島概略 ラオリアン島現地ツアーKoh Laoliang

2015年12月17日(木)

ラオリアン島とはタイ南部の絶壁島。同じような規模の絶壁島が二つ接近して並ぶ双子の島。北側をラオリアンノーン島、南側をラオリアンピー島という。

個人でのボートツアー宿泊拠点はスコーン島かリボン島。格安周遊希望の場合はどちらも漁船を個人チャーターしていく。リゾートホテルの出すツアーの船もなくはないが人数が集まらないので個人チャーターとなり高額になる。

一方ラオリアンノーン島にホテル会社がテント宿泊施設を設営している。1泊1700THBと他の国立公園運営のテントより異様に高額。トランからの送迎代もそのホテルで頼めるが高い。またこのテント前の海の透明度は5〜7mくらいであまり良くない。海の透明度はラオリアンノーン島、ラオリアンピー島、ぺトラ島の順に良くなっていく。ただそれでもぺトラ島で15mくらい。

また個人チャーターで周遊の際はホテル直営テントのあるラオリアンノーン島のビーチには上陸はしないほうがいい。意味不明な上陸料250THBを請求される場合がある。ラオリアンピー島とぺトラ島にはそういう金をせびる仕組みも輩もいないので上陸しても不愉快な思いはしない。


前の頁スコーン島   炎天放浪トップ   びー旅トップ   次の頁ぺトラ島
2012年ラオリアン島ツアー  びー旅ロード トラン沖の島々  Google translator.

ラオリアン島個人旅行 Laoliang Island

21:13 2015/12/16 タイ時間

今日スコーン島の漁船チャーターしてラオリアン島とぺトラ島周遊ツアーに行ってくる。5時間チャーター1人独占で2000THB。4人いれば1人500THBになるのだがスコーン島には外国人観光客がほとんどいないのでまず無理か。

日焼けが進んで疲れた。ラオリアン島とぺトラ島ページ別にせんといかんので面倒。とりあえず画像だけ編集してページにする。ネット環境ないので公開はできてないんだけど。明日トランに戻る。スコーン島滞在は2泊3日。天気にも恵まれ効率よく懸案だったぺトラ島に行けた。正直ほっとしている。

観光客の少ない離島は、カモが来るとここぞとばかりぼったくりまくるので、気を抜くと出費はかなりかさむ。しかし実際はバトルの成果もあり、出費も予想していたほどでもなかった。本当の意味での格安海外旅行とはローカル市場のおばあさん相手にマンゴの値段を値切ることではないのだ。

この宿のおじさんに「この後日本人が来たら私と同じ宿代とツアー代でやってね」と念を押しておいたのでここに出ている方法でピム スコーン ホームステイに行けばそこそこ安くぺトラ島やラオリアン島を回れる。ツアー1800THB〜、宿泊1泊250THB。またページが追いつかなくなった。明日トランに戻って荒れたページをまとめよう。疲れたので今日はもう寝る。



手前が一般的なツアー用ロングテールボート。奥が今日私がチャーターした漁船。ラオリアンピー島


格安ツアーをABロードで探す
タイのビーチ格安ツアー 2017年9月21日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪
ピピ島 105,800円 107,800円 98,800円
プーケット島  65,400円  70,800円 52,900円
サムイ島  93,800円 113,600円 95,900円
パタヤ  64,600円  72,400円 59,800円

ピピ島ツアー     プーケットツアー    サムイ島ツアー    パタヤツアー

その他のアジアビーチツアー


日本発 タイ定番ビーチツアー料金検索 2017
プーケット検索

高級リゾート多数。ラチャ島、ロック島、ピピ島拠点。現地発ツアー多数。
ピピ島検索

ピピドン島宿泊プラン。日帰りでは味わえない楽園ピピ島滞在。
サムイ島検索

タオ島、パンガン島、アントン国立公園ツアー拠点。
パタヤ検索

ラン島拠点。バンコクに最も近いビーチリゾート。バンコク空港から直行できる。
日本発ダイレクトに目的地へ。ロック島やパンガン島、ラン島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。


2015年12月17日 タイ時間16:29

昨日のラオリアン島ツアーで遭遇したぼったくりの罠が2つほどあるのでネタとして紹介。

1発目は出発前の船着き場前で送迎バイタクを降りるときだった。前日にぺトラ島とラオリアン島周遊漁船個人チャーター2000THBで話がまとまっていた。自力で漁師さん直での交渉だと2500THBだったので500THB安い宿のおじさんの提示するそのツアーを頼むことにする。

しかし当日出発直前になって送迎バイタク降りる所でやっぱりあと500THB払えとはじまった。「ガソリン代が高くなった」だのお決まりのぼったくりの口実並べてもう500バーツ払えと言う。私の一番嫌いなツアー直前の足元を見た料金つり上げ。

断固拒否。昨日2000THBで決まっているので追加は払えないときっぱり。5分ほど押し問答続きツアー自体をとりやめる覚悟もできた。それを察したのか向こうが折れて2000THBのままでいいという。しかしあのしょぼい小型漁船なら2000THBでも十分払いすぎだと個人的には思っている。リボン島発ラオリアン島、タキアン島ツアーではあの倍の大きさの船で1800THBだった。

2発目はラオリアンノーン島上陸後。前回はラオリアン島に上陸しなかったので今回は上陸してみようと先にノーン島のホテル経営のテントエリアに上陸する。すると勝手についてきたおっさんが何やらテントエリアのタイ人と話を始める。

今度は「入場料250THBだ」とはじまる。当然支払い拒否。するとしばらく相談のうえ「やっぱりいらない」となる。正規の国立公園入場料なら「やっぱりいらない」とはならないだろ。

これは自らこの250THBはホテル従業員の小遣い稼ぎと言っているに等しい。ここでようやく、同行の宿のおっさんは追加料金を払わせるために来ているのだと気づく。同行されても不愉快な思いするだけでこちらのプラスになることはないもない。個人チャーターをしている私に無断で勝手に乗船してきたときに同行を拒否するべきだったと深く反省。

ラジャアンパットの時は同行した宿のおじさんはとても良心的だったので油断した。ラオリアン島テントの印象も悪くなる。テント前のビーチは泥ビーチだし。あそこに1700THB払って宿泊させるのは事情を知らないことに付け込んでの詐欺に近い。クラダン島くらいの海のテンションあれば話は違ってくるがあの泥ビーチじゃ1700THBも出して泊まる価値は全くない。ガラガラで当然だ。ツアー当初で嫌な思い2連発でもうそれ以上ラオリアン島を回る気にならず、ぺトラ島へ直行した。ある意味期待通りのぼったくり攻防。結局追加料金一切払わず、ネタだけいただいたのでまあいいかの気分。


ラオリアンピー島からラオリアンノーン島を望む。左のテントは島内工事の方用。ピー島には旅行者用宿泊施設はない。上陸料払えと言ってくるぼったくりマンもいない。


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年9月21日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら



漁船チャーター ラオリアン島とぺトラ島へ

7:55 2015/12/17 現地時間

スコーン島の朝。まだ外は暗い。ぐっすり眠って快適な目覚め。今朝の水シャワーを浴びたところ。朝の気温はトランよりも冷え込み気温22度くらい。明け方上にかけるものがないと若干寒い。

いったん起きての朝の水シャワーは気持ちいいんだけど。水温高いせいもあるかも。今の日本で水シャワーは最上級の拷問手段、殺人技だが、ここでは快適爽やかな朝の日常生活の1シーン。

昨日コンセント式液体蚊取りでポトポト落ちた蚊を10匹ほどプッチンした。真夜中の大量殺戮(写真右)。しかし朝起きたらそのしかばねがすべてなくなっている。ふと見ると近くをゴキ君が満足そうにそそくさと去っていった。彼が食べてしまったようだ。アースノーマットがなければここでも暗闇で刺されまくって眠れなくなる先日のクラダン島状態になるところだった。あぶねえ。日本の蚊取りと島内の電気に感謝。スコーン島滞在中の蚊の被害は森の中トレッキング中くらいだった。

昨日朝起きて天気が良かったのでぺトラ島行のツアーを決行する。私はラオリアン島には3年前にはリボン島から行ったことがあって画像も複数持っている。ぺトラ島はリボン島からは遠くロングテールボートで行くような距離ではない。当時タキアン島にも行って1人でチャーターして1500THB。ぺトラ島まで行けなくもなかったがその料金では行けないといわれ断念。



ラオリアンピー島上陸


日本発 タイハイテンションビーチ料金検索 2017
カオラック検索

スリン島、シミラン諸島の拠点。ダイビングツアー多数。
クラビ検索

絶壁プラナンビーチ、ポーダ島(左)、トゥップ島、ホン島拠点。
タオ島検索

日本からダイレクトにタオ島に行く。タオ島リゾート泊。
ラチャ島検索

プーケット泊で宿泊ホテル発ラチャ島現地ツアーがオプションでつく日本発ツアー。
日本発ツアーでダイレクトに目的地へ。スリン島、シミラン諸島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。ラチャ島はオプショナルツアー。


ロングテールボート なぜか4人でスコーン島出港

去年ぺトラ島目的にスコーン島まで来るが訪問した11月はその月いっぱいウミツバメの巣の保護のために近づくこともできない言われ行けず。で今年再々アタックでようやくぺトラ島に行けた。外が明るくなってきやがった。ページ制作していると時間はあっという間に立つ。今6時10分。

なので今回メインはぺトラ島。200THB加算でラオリアン島にも行けるというのでせっかく沖まで出るならおまけでラオリアン島によるといった感じだった。朝9時5分宿から宿のご主人のキカイダーサイドマシンで港へ。船頭さんは20代の若い船頭さんでおじいさんのアシスタント。

船は屋根のない小型漁船で通常のツアーのロングテールボートの半分といった大きさのリアルな現地漁船。それでもラジャアンパットツアーの地元船よりは大きかったけど。小型船は波が荒いときついが昨日は波もなく快適な爆走が可能だった。



このテント1泊1700THB。クラダン島360THBだぞ。たけえよ。誰がとまんだよ。ちなみにこのホテルトラン駅前のハッピーツアーで申し込めば1泊1500THBと直接行ってフロントで払うより安くなる。トラン駅前からの送迎は片道850THB別途必要。高いがスコーン島宿泊する必要なく、トラン駅前からラオリアンノーン島へ直行できる。

Trang Happy Trip & Tour(トラン駅前)
TEL & FAX 075-212165  携帯 081-6072411 (Jip) / 087-4754684 (Sai)
Email : jip_piyanust@hotmail.com / sai-joy111@hotmail.com

船頭さんと助手と私の3人体制で行くのかと思ったら宿のご主人も同行。なんかスマホで写真撮ってはしゃいでいたので彼自身ラオリアン島に行ってみたかったみたいだった。ただガイドとしての役には全く役に立たず邪魔になっていただけ。彼自身さほど英語は話せず。もともと私に気の抜けたタイ語通訳必要ないし。

こちらの意図通りのツアーの進行の妨げになるばかりか、節々でのぼったくり追加料金請求の片棒担いでいる感じで、終わって振り返ってみるといなかったほうがよかった感じ。もちろんそういう内容なのでガイド代は払わず。向こうからの請求もなかった。

ボートが出たのは9時15分頃。帰ってきたのは午後14時だったので5時間かかっての周遊ツアー。スコーン島からラオリアンノーン島まで片道1時間5分だったので、ぺトラ島、ラオリアン島どちらか一方なら多分3時間で足りる。


ラオリアンノーン島のテント前 宿泊者少なくガラガラ ビーチの透明度は7mと悪い。


ラオリアン島へ爆進中 右がラオリアンピー島、左がラオリアンノーン島。兄と弟という意味。こういう書き方をするとタイ語を少しかじった方はすぐ突っ込んでくるがあえて無視。



スコーン島の漁村 5時間チャーター2000THBは漁師さんにとってたぶんおいしい。


双子の島 ラオリアンピー島とラオリアンノーン島


ここ数日の天気のパターンだと午前中晴れていても、午後から曇ることが多かったのでぺトラ島に先に回ってほしかったのだが、おまけで行くラオリアン島を先に行くことに。

ルート的にはそのほうが効率いいとのこと。船頭さん直なら無理を頼み込んでぺトラを先に行けたのに、ガイド気取りのおっさんが脇でぎゃあぎゃあいうので船頭さんをいつものように丸め込めない。おかげでこちらの「ぺトラを午前中の天気のいい時間帯に」という希望無視する形でおまけでしかないどうでもいいラオリアン島へ先に行く。その時はまだバリバリに晴れていたのでこちらもまあいいかの気分だった。

ラオリアンピー島素通りしてぼったくりホテル経営のテントのあるラオリアンノーン島に上陸。前回のスコーン島から行った時には上陸はしなかったので今回初上陸。そして冒頭の上陸料めぐってのバトルとなる。おまけで寄っただけの島で250バーツ取られるのはハッピーすぎる。ラオリアン双子島とぺトラ島はピピレ島のような絶壁島だが3島とも内湾方向に砂浜がありロングテールで上陸できる。お。6時46分。朝のボートの時間だ。朝頻発するので早めに船着き場に言っておいたほうがいい。



ぼったくりエリアのラオリアンノーン島を後にする。


 ◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


私が今日利用した漁船と船頭さん(ゼッケン10番)と助手。

スコーン島 2015年12月16日(水)晴のち曇   炎天放浪17日目

出費詳細
漁船5時間チャーター2000 ナシクニン2食分50 水10 10 肉野菜炒め定食50 コーヒー15 お菓子5
宿泊代
ピムホームステイ Pim sukorn homestay 250
合計

2390 THB

日本円合計

1THB=3.4円で計算             8126 円

1円 = 0.29800バーツ / 1バーツ = 3.3557円 (2015/12/14)

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年9月21日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

 
    イグアス36L        メンドーサ30L    ウスアイア45L  フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ   フィッツロイなど60L〜 はちらへ


ラオリアン島



ラオリアンノーン島のテント前


炎天放浪2015

1130 羽田空港
1201 KLIA2発KL弾丸ツアー
1202 タイビザなし入国
1203 タイ国鉄3等列車
1205 トラン格安生活
1208 クラダン島炎天島流し
1212 クラダン島宿泊
1213 カンタン南支線終着駅
1215 スコーン島ホームステイ
1216 ラオリアン島
1216 ぺトラ島
1219 クラビタウン格安生活
1220 プラナン絶壁ビーチ
1221 クラビ国際空港
1221 タイエアアジア
1223 カオサンノマドライフ
1225 トンブリー駅
1225 カンチャナブリー
1227 プーナムロン国境
1228 ダウェイ経済特区
1230 ダウェイ長距離バス
0101 ミャンマーでお正月



宿のご主人に買ってきてもらったナシクニンアヤーム2人前の量食べきれずに半分は昼の弁当にする。タイでは「カモガイ」という。



Pim sukorn homestay
ピムスコーンホームステイ
1泊 250THB
予約電話 093-696-8433 / 087-464-3098 / 095-105-2404 (要タイ語)


びー旅ロード2015
投稿情報2013〜2015
旅ログ目次
サイトマップ



漁村の船着き場まではこのキカイダーサイドマシンで宿のご主人が送ってくれた。



ピムホームステイ1泊250THB


ピムホームステイの庭


スコーン島の宿でアースノーマットでポトポト落ちた蚊をプッチンして集める。しかし朝までになきがらがすべて跡形もなく消滅。元気に去っていったゴキ君の夜食になってしまったようだ。


スコーン島のジャングル


トラン駅前発よい子のためのタクシー料金表。ターセ港900THBが光る。自力で行けば77THB。これを使うのはお金持ちというより…。トラン駅前から10万円払えばだれでも簡単にラオリアン島にもぺトラ島にも行ける。でもそんな旅楽しいか?人それぞれなので別にいいけど。


ラオリアンノーン島。マーライオンみたいだといわれるとか。


ラオリアンピー島


ピー島上陸中。


カオサンホテルネット予約

D&D イン 1泊1室 2,794円〜
カオサン通りの老舗ホテル。屋上にプールがある。
予約・詳細はこちらへ



サワディー スマイル イン
1泊 1509円〜
予約はこちらへ


サワディーウェルカムイン
1泊 1220円〜
予約はこちらへ


サワディー カオサン イン
1泊 2013円〜
予約はこちらへ


その他のカオサンホテルはこちら



ラオリアンピー島上陸




ラオリアンピー島のビーチからラオリアンノーン島を見る。


ラオリアンピー島を後にぺトラ島へ激走。


ぺトラ島


ぺトラ島から見るラオリアン島


ドンムアン空港ホテル

アマリ エアポートホテル
1泊1室 約2600円〜
予約詳細はこちらへ


海外蚊取り対策プッシュ式



シェラトングランデスクンビット
BTS高架鉄道アソーク駅前。
1泊1室 21,000円〜
予約・詳細はこちら


ロイヤルオーキッドシェラトン
1泊1室 11,500円〜
チャオプラヤ川沿い
予約・詳細はこちら