ぺトラ島

ぺトラ島

Petra Island ぺトラ島ツアー

スコーン島からぺトラ島とラオリアン島現地ツアー

ぺトラ島とはタイ南部の絶壁島。南北に3.2km、幅は400mと細長い形をしている。島全体は写真のように絶壁だが内湾側にビーチがある。ツアー宿泊拠点はスコーン島。訪れる観光客は少なくツアーボートは個人手配になるので高額になりがち。

スコーン島で漁船を4時間チャーターすると1800THB〜。1ボートあたりの料金なので参加人数が多ければ人数で割った金額になる。スコーン島からぺトラ島は船着き場からの距離で17km、漁船で片道約1時間の距離。高級食材ウミツバメの巣の保護のために雨季は入島禁止になることもある。



ぺトラ島現地ツアーKoh Petra Thailand


前の頁ラオリアン島   炎天放浪トップ   びー旅トップ   次の頁クラビタウン
シリアのぺトラ遺跡   びー旅ロード100. トラン沖の島々   Google translator

ぺトラ島個人旅行 小型漁船チャーターで回る絶壁島 Petra Island

2015年12月18日8時24分タイ時間
以下おととい16日ツアーの続き。
ラオリアンノーン島を出て、ラオリアンノーン島外洋側を回ってピー島経由でぺトラ島に行く予定だったが、ラオリアンノーン島での不愉快な上陸料請求の件で気分悪かったのでノーン島は回らずぺトラ島に直行することにする。昼から天気が悪くなる懸念もあったので。

ラオリアンノーン島周回せずにラオリアンピー島の内湾エリアを横切るとそこにもビーチがある。上陸料は取られないとのことなのでそこに上陸してしばし画像取る。島には工事関係者のテントがあったのでここにもなにがしらの宿泊施設ができるのかも。

ラオリアンピー島ビーチを後にようやく念願のぺトラ島へ。ラオリアン島からは漁船で32分と結構距離はある。ラオリアン島とはがらりと変わったワイルドな雰囲気。島の岩山もギザギザが険しい。ぺトラ島も内湾側にビーチがあってロングテールボートが上陸できる。ビーチには管理事務所のような小屋があり、数人のタイ人が寝泊まりしているようだった。ダメもとでここに泊まれないかと聞いたらできないと断られた。できても1泊1700THBとかぼられるなら泊まらないけど。


ぺトラ島ビーチ やはり予想通り後半雲が多くなる。ただぺトラ島にはこのほうがあっているか。

海の透明度はノーン島、ピー島よりずっとよくキラキラビーチ感あり。ただクラダン島だと人が全くいないことでテンション上がるが、ぺトラ島だと人が全くいないと不安になるリアルな離島無人島感がある。

持ち込んだ2人前の朝飯のナシクニンアヤーム食べきれずに半分紙に包んで持ち込んだ弁当をぺトラ島ビーチで食う。雲は多めだが晴れてはいたので、日差しは強く結構極楽。後で知ったがぺトラ島ビーチの管理小屋のタイ人の中に船頭さん(たぶん20代後半)のお父さんがいたようで小屋の中で久々の対面を果たしていたみたい。

私はタイ人クルー一行とは離れて一人で岩場の完全プライベートビーチを歩き回り、そこで寝転がったり泳いだりした。シュノーケリングは手持ちの水泳用ゴーグルでただ泳ぐだけのいつものスタイル。漁師さんにマスクやフィンのレンタルはない。当初チャーターでの拘束は4時間といっていたので12時半にぺトラ島のビーチ出る。最後にビーチからぺトラ島をゆるゆる一回りして帰ることにする。外洋側の画像もほしかったし。


ぺトラ島の外洋側の絶壁風景。「サメが多いので海には入らない方がいい」と言われれば、確かにそんな感じもする。それを振り切ってまでシュノーケリング強行する気にもならず。周りに地元漁船すら皆無でここに停泊しているとツバメの巣の密猟者と疑われるリスクとかがあるのかもしれない。


ぺトラ島外湾側最南端 サメが多いのでシュノーケリングできないと潜れず。さらに外湾方向にあるタキアン島でも普通に潜れたのでただ停泊が面倒だったのでそう言っていた感じだった。この辺のサメには何度も遭遇しているがケガして血を流していない限り人を襲うことはまずない。



12月16日ラオリアン〜ぺトラ島周遊ツアーの移動距離をグーグルマップで測ったら51.58kmだった。所要5時間ツアーとしては2000THBは妥当かも。スコーン島船着き場からラオリアンノーンビーチ17.3q ぺトラ島南北の距離3.2q ラオリアンピー島南端からぺトラ島の北端まで7.3km

ぺトラ島外湾側絶壁エリア

ぺトラ島は南北に長くこの手の絶壁島にしては規模がでかい。外洋側の絶壁の海で潜りたかったがサメが多いのでダメだと止められた。真偽は不明。ただ早く帰りたかっただけかもしれないが、ぺトラ島には独特の島の雰囲気あって制止を振り切って潜る気分にもならなかった。

一回りした後、帰りはスコーン島まで1時間5分。スコーン島の港に着いたときのは空はドン曇りだった。ツアーの総所要は4時間50分。支払いは最後に船頭さん直に後払いで手渡しした。かなり疲れて船着き場からホームステイ宿まで2km歩く元気なかったのでこの時ばかりは今まで邪魔だった宿のおっさんのサイドマシン送迎は助かった。

ちなみにこの宿のおっさんはツアーのおまけでついてきた部分では全くの邪魔だったが、ホームステイ宿泊部分ではとても親切で良心的だった。カギのない部屋に全財産とパソコン等おいてツアーに出たが、何かがなくなることもなかった。気を使われすぎてちょっと面倒くさいところはあったけど。



ターセ港


日本発 タイハイテンションビーチ料金検索 2017
カオラック検索

スリン島、シミラン諸島の拠点。ダイビングツアー多数。
クラビ検索

絶壁プラナンビーチ、ポーダ島(左)、トゥップ島、ホン島拠点。
タオ島検索

日本からダイレクトにタオ島に行く。タオ島リゾート泊。
ラチャ島検索

プーケット泊で宿泊ホテル発ラチャ島現地ツアーがオプションでつく日本発ツアー。
日本発ツアーでダイレクトに目的地へ。スリン島、シミラン諸島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。ラチャ島はオプショナルツアー。


ぺトラ島ツアー終えてスコーン島脱出

9:36 2015/12/17 タイ時間
今ヤンタカオの404号線沿いのロットゥー乗り場で発車待ち。朝から強烈な快晴。ぺトラツアー1日待てばよかったかなと若干後悔。やはり予想通り後半は晴れてはいたものの雲が多かった。

宿を出たのは7時5分頃。まだ散髪屋営業前で宿のご主人就寝中。とりあえずチェックアウトする旨告げて船着き場方向へ歩く。2km所要25分。途中小学校前で鶏レバーの焼き鳥2本買う。夕方の新橋メニューがなんで朝の小学校前にあんじゃ。写真撮りながらゆるゆる船着き場に行ったら。急げと船の前から手招き。人数そろって出港直前のタサエ行ボートに滑り込み10秒で7時30分出発。

ターセ港でも港前のソンテウで待つこと10分ほどでヤンタカオ行ソンテウ出発。朝なのでとんとん拍子。ただターセ港→ヤンタカオは結構時間かかって50分ほどかかる。朝の通勤ラッシュなのか乗車客一時8人と多数の貨物の混雑社内。ヤンタカオ到着は9時15分頃。トランまでの30THB乗り場で払ってこうしてパソコンいじり。45分になって車内に乗り込む。チケット買うときにトランでの行き先聞いてきたので、このロットゥーはターミナルでなくトラン駅前まで行ってくれるようだ。

トランに戻るとほっとする。やっとびー旅転送できるし。荒れたページも修復できる。


ヤンタカオからトランへ

09:50 2015/12/17 タイ時間

40分出発といっていたロットゥーが10分遅れでようやく出発。車内には6人でガラガラ。客乗せて出発した直後にガソリンスタンドによりやがる。だから客乗せる前に給油しとけよ。それでもここまで来ればトランまでは所要20分くらい。早くカウカームーが食いてえ。

スコーン島は住民が3000人ほどいる島なのでクラダン島のような強烈な離島料金ではなかったんだけど。食事環境は地元食堂が増えるなど去年より改善されていた感じがした。




ぺトラ島のビーチから


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年9月21日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら




ぺトラ島の廃屋からスコーン島を見る


格安ツアーをABロードで探す
タイのビーチ格安ツアー 2017年9月21日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪
ピピ島 105,800円 107,800円 98,800円
プーケット島  65,400円  70,800円 52,900円
サムイ島  93,800円 113,600円 95,900円
パタヤ  64,600円  72,400円 59,800円

ピピ島ツアー     プーケットツアー    サムイ島ツアー    パタヤツアー

その他のアジアビーチツアー


日本発 タイ定番ビーチツアー料金検索 2017
プーケット検索

高級リゾート多数。ラチャ島、ロック島、ピピ島拠点。現地発ツアー多数。
ピピ島検索

ピピドン島宿泊プラン。日帰りでは味わえない楽園ピピ島滞在。
サムイ島検索

タオ島、パンガン島、アントン国立公園ツアー拠点。
パタヤ検索

ラン島拠点。バンコクに最も近いビーチリゾート。バンコク空港から直行できる。
日本発ダイレクトに目的地へ。ロック島やパンガン島、ラン島へは日本からのツアーはまだ少ないので基本現地手配。



ぺトラ島




 ◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。


朝のターセ港

トラン 2015年12月17日(木)晴    炎天放浪18日目

出費詳細
朝焼き鳥レバー5 5 カーウニャウ5 5 ターセ港ボート50 ヤンタカオソンテウ35 トランロットゥー30 カウカームー40 フライドチキン15 トマト800g20 ポテチ小10袋50 ビッグコーラ13 アンパン10 
宿泊代
コーテンホテル 200
合計

483THB

日本円合計

1THB=3.4円で計算            1642.2円

1円 = 0.29469バーツ / 1バーツ = 3.3934円 (2015/12/17)



ヤンタカオ 404号線 トランからサトゥンを結ぶ



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年9月21日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

 
    イグアス36L        メンドーサ30L    ウスアイア45L  フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ   フィッツロイなど60L〜 はちらへ




ぺトラ島



ぺトラ島の完全プライベートビーチ。ぺトラ島は今のところ外国人観光客が気軽に来て観光できるところではない。


炎天放浪2015

1130 羽田空港
1201 KLIA2発KL弾丸ツアー
1202 タイビザなし入国
1203 タイ国鉄3等列車
1205 トラン格安生活
1208 クラダン島炎天島流し
1212 クラダン島宿泊
1213 カンタン南支線終着駅
1215 スコーン島ホームステイ
1216 ラオリアン島
1216 ぺトラ島
1219 クラビタウン格安生活
1220 プラナン絶壁ビーチ
1221 クラビ国際空港
1221 タイエアアジア
1223 カオサンノマドライフ
1225 トンブリー駅
1225 カンチャナブリー
1227 プーナムロン国境
1228 ダウェイ経済特区
1230 ダウェイ長距離バス
0101 ミャンマーでお正月



ぺトラ島でお弁当。このナシクニンアヤームはタイではカモガイというらしい。タイ南部にはマレー系住民が多い。トマトは先日トランの市場で大量に買ったのを持ち歩いている。ビーチの海水で洗った。塩味効いていい感じだお。



ぺトラ島ビーチの透明度はラオリアン島よりはいい


びー旅ロード2015
投稿情報2013〜2015
旅ログ目次
サイトマップ



ぺトラ島


ぺトラ島で自撮り



ツアーからスコーン島に帰って宿の隣の食堂で食べた肉野菜炒め定食はうまかった。50THB。


焼き鳥レバーと青空。飲み屋の定番メニューと真夏の青空コラボ。売っているのが朝の小学校前というのも妖精チック。



食事中ずっと股の下からそんな目をしてみていてもあげないよ。


地元船乗船風景


ロングテールボート


カオサンホテルネット予約

D&D イン 1泊1室 2,794円〜
カオサン通りの老舗ホテル。屋上にプールがある。
予約・詳細はこちらへ



サワディー スマイル イン
1泊 1509円〜
予約はこちらへ


サワディーウェルカムイン
1泊 1220円〜
予約はこちらへ


サワディー カオサン イン
1泊 2013円〜
予約はこちらへ


その他のカオサンホテルはこちら



スコーン島からターセ港までの帰りのローカルボートは通勤時間帯で混んでいた。50バーツ。


ターセ港からヤンタカオまでの帰りのソンテウは混んでいた。35バーツ。乗客8割ヒジャーブのおばちゃん。イスラム教徒の方がアラビア語やインドネシア語でなくタイ語を話すのはちょっと新鮮。



トランについて真っ先に食べたカウカームー40Bとフライドチキン15B


ターセ港のヤンタカオ行ソンテウ。最初の乗客は2人だったが途中で客を拾いまくり満員状態に。



トランのセブンイレブンでポッキー18B、プリッツ13B。


ポテチ小5THB12袋で50THB。問屋でまとめ買い。20Bの一袋食うとメタボによくないし。



タイ米1kg18バーツ(61.2円)。10キロ612円。ひええ強烈。


ドンムアン空港ホテル

アマリ エアポートホテル
1泊1室 約2600円〜
予約詳細はこちらへ


シェラトングランデスクンビット
BTS高架鉄道アソーク駅前。
1泊1室 21,000円〜
予約・詳細はこちら


ロイヤルオーキッドシェラトン
1泊1室 11,500円〜
チャオプラヤ川沿い
予約・詳細はこちら