格安海外旅行 びー旅ドットコム
旅ログ2005 エンジェルフォール(ベネズエラ)
格安海外旅行びー旅ドットコムピピ島情報カラパタール 旅ログ1 シパダン島 九寨溝 リンク格安情報1 エンジェルフォール 格安情報1 エンジェルフォール

エンジェルフォールの真下に滝つぼはないが霧となった水は50m先に再び川の流れとなって現れる。
この写真の流れの下は天然のプールになっている。


南米格安ツアー検索
日本から南米までの格安ツアー 2017年6月2日現在の最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪
エンジェルフォール 398,000円 493,700円 490,000円
ウユニ塩湖 358,000円 381,000円 358,000円
リオデジャネイロ 240,000円 568,000円 253,000円
イグアスの滝 304,000円 390,000円 294,000円

エンジェルフォールはこちら     ウユニ塩湖はこちら     リオデジャネイロはこちら     イグアスの滝はこちら

その他の南米ツアーはこちら         その他世界各国ツアーはこちら



東急カード
PASMOチャージのできるクレカTOP&ClubQ JMBカード。海外ATM利用にも。
イオンカード
Suica一体型や電子マネーWAON が使えるタイプなどいろいろ。年会費無料。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。

2005年1月9日(日)AM11:43   サイトマップ    バーチャル世界旅行へ    次のページへ

 シウダーボリバルのホテルイタリア、1泊12000Bs。こないだ両替したレートで5,2US$、約600円。4日ほど前プエルトラクルスのレストランでオーナーらしきおっさんから替えた闇レートは1US$=2300Bs。ニコニコ顔で替えてくれたとこを見ると実勢レートは2600Bsかそれ以上と思われる。正規レートで空港で替えたときは1$=1920Bsだったので正直初めてその金額を提示された時には「このおっさんなんていい人だ」と誤解をした。

 昨日は風邪の中マルガリータ島のエルアグアからシウダーボリバルまで合計11時間の移動。かなりきつかった。朝6時50分ごろエルアグアの1泊62US$の「パルムビーチ」というボリホテルをチェックアウト。マルガリータ島のエルアグアは日本で言うハワイみたいなところで正月のこの時期ベネズエラ人の金持ち観光客がどっと押し寄せ、コストパフォーマンスのいい海岸沿いの20$代の安ホテルはみんな満室。宿を求めてさまようという去年のパナマのコロン島でのサンタセマナ状態に陥る。別にマルガリータ島初日に宿泊したポルラマルのセントロのボロ宿に泊まれば1泊8000Bs(3$ちょっと)ですんだんだけど。せっかくここまで来たんだしってのと、ビーチにはサーフボードのレンタルもあるし、宿はクレジットカードのドル払いが出来るってんでやむなく2泊した。でもあんまりハワイ気分は味わえんかったぞ。海もさほどきれいじゃないし、とにかく意味なく金使いすぎた。ベネズエラでサーフィンが出来るとは思わんかったが、あんなおんぼろサーフボードに90分20,000Bsは高すぎだろ。波は2〜3mあってそこそこ楽しめたんだけどさ。海のテンションは低かったがビーチのお姉さんはきれいだった。

     
                  エルアグアのホテルエリア。各ホテル間に距離があり、徒歩での宿探しはきつかった。

で宿チェックアウト後、エルアグアから島の中心部のポルラマルまでバスで1300Bs。ポルラマルからフェリー乗り場のプンタデピエドラスまでバス乗り換えて再び1300Bs。フェリー出航まではさほど待たずに昼の12時ころにはプエルトラクルスの港へ着く。フェリーの中でサンドイッチとコーラ頼んだら8500Bs。たけえよ。って350円くらいなんだけどね。風邪で体がだるく意識も朦朧気味。プエルトラクルスの船着場から歩いてバスターミナル行く気力なく、タクシー使うことにする。

 

1950年代のボロボロのアメ車の白ナンバー。だるかったので「とにかくシウダーボリバルに行くバス停に連れてけ」と5000Bs(約2$)で交渉成立させる。ところが「次のバスは午後1時だ。急ごう」と車の外見からは想像つかない良心的なドライバー。バスに間に合うように外見どおりの荒々しい運転で出発15分前のシウダーボリバル行きのバスに滑り込む。バスターミナルの入り口で乗り合いタクシーの客引きに連れて行かれそうになるも30,000Bsの運賃に我に返る。バスで行くと20,000Bs(約8$)でした。乗車時間4時間30分。距離のわりに早く着く。真平らに地平線の続く道をぶっ飛ばしていくのでカラカス―プエルトラクルスのくねくね道とはかなり様子は違っていた。シウダーボリバルのバスターミナルに着いたのは午後5時40分くらいか。まだ暗くはなってなかったが、セントロ行きのミニバス見つけづらくて少しさまよう。安宿のあるセントロまで20分ほど。500Bs。で今のこの宿「ホテルイタリア」にたどり着く。



通貨ペア充実の"DMM FX"!
海外でノートPCあれば現地ワークビザ不要で仕事ができる。ノマド生活入り口。
CMで話題!RIZAP
日常を変える体型。メタボ脱却は自分改革。太らないカラダを作る。



シウダーボリバル オリノコ川の夕日


南米格安航空券検索
日本から南米までの往復格安航空券 2017年6月2日現在の最安料金
格安航空券一覧  東京  名古屋  大阪
リオデジャネイロ 79,000円 79,000円 79,000円
サンパウロ 79,000円 79,000円 79,000円
カラカス(ベネズエラ) 79,000円 該当なし 79,000円
リマ(ペルー) 79,000円 該当なし 79,000円
ブエノスアイレス 79,000円 該当なし 79,000円

リオデジャネイロはこちら      サンパウロはこちら      カラカスはこちら

リマはこちら       ブエノスアイレスはこちら

エンジェルフォールツアー
エイビーロードで日本発エンジェルフォールツアー検索。個人で行くと面倒なベネズエラをツアーで効率よく周遊。
ウユニ塩湖ツアー検索
価格優先の日本発ウユニ塩湖ツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込8日間29万円〜。周辺周遊ツアーもあり。
マチュピチュツアー
日本からのマチュピチュツアーを検索。8日間26万円〜。日にちが限られている場合はツアーが最適。

思っていた通り、エンジェルフォールツアー、プエルトラクルスのツアー会社とシウダーボリバルのツアー会社では言ってることも値段も全然違う。シウダーボリバル―カナイマの片道エアチケット、プエルトラクルスでは177,000Bs(約74US$)。シウダーボリバルでは130,000Bs(約54US$ともに1$=2400Bsとした場合)。さらにカナイマからサンタエレナへのフライトはないといっていたのがここで片道90US$であることが判明する。同じシウダーボリバルでも長距離バスターミナルにある旅行会社とセントロにある旅行会社ではだいぶセントロのほうが安い。また闇レートへの対応がまちまちなので130,000Bsをドル払いにするとなぜか60US$にされてしまう。ややこしいのでとりあえずドルで提示してきた最安の値段をまとめておく。

シウダーボリバル〜カナイマ(片道)
カナイマ〜サンタエレナ(片道)
2泊3日エンジェルフォールツアー
エンジェルフォールへのセスナフライト
60US$
90US$

100US$(エア代別)
50US$(1時間)

 最安で行ってもエンジェルフォールツアーに行ってサンタエレナに抜ける場合、300US$もかかるのか。しかも頼みの綱のカード払いはことごとく粉砕。こんなんで金もつのかリオまで…?かなり不安。ツアー会社めぐりしていたところで日本人の情報ノート見つけてしばし読む。半分以上はくだらん聞きたくもない旅の感想。「エンジェルフォールはすばらしかった」って、わかってるよ。そんな情報誰も必要としてねえよ。

それでも半分はそれなりためになる情報。カナイマは食いもんとかあんまりないらしく、ツナ缶とパンで食いつなぐみたいなことが書いてあった。ここに来てまた断食経験か?その情報ノートは闇レートのことにも触れていて1$=2650Bsで両替できたとか書いてあった。ツアー会社のおっさんによると少し前、どのくらい前か聞きそびれたが1US$=3200Bsで替えられたらしい。今でもカラカスでは2600Bsで替えられたりするそうだがシウダーボリバルでは2500Bsが一般的な闇相場だという。

シウダーボリバルからカナイマまではエアでしかいけない。
空路の下はこんな感じ。

シウダーボリバルからカナイマまでのフライト130,000Bsも公定レート1$=1920Bsだと67,7US$だが、闇2500Bsだと52US$。15,7$も違ってくる。プエルトラクルスの親父がルンルン気分で2300Bsで替えるわけだ。

日本出国前にヤフーの為替情報で1US$=1915.20Bsとあったのはなんだったんだ?毎度頼りにならない某ガイドブックにも闇レート情報は皆無。ベネズエラ入国1週間以上たってから本当のことを知る。そういう大事なことは誰か入国前に一言言ってくれよ。

しかしカラカスで観光客が大量にドルを闇レートで両替したその帰り道で銃器強盗に遭い、替えたばかりの大量のボリバルをすべて取り上げられたって言う話しもその闇レート情報と一緒に聞かされた。外務省のカラカスの危険情報を読んでいたので十分説得力ある話。2400Bsくらいで地味に替えてたほうがいいのかも。


カナイマ湖。水にタンニンが混ざっていて赤い。
そういやエルアグアのビーチで海の家のおっさんに聞いたところ、カラカス〜マルガリータ島のフライトは片道140,000〜160,000Bsで行くらしい。闇レートで計算すると56US$?陸路で苦労していく意味ないじゃん。でもちょっと待て。日本から来たばかりで闇レートのことも知らないわけだから1US$=1920Bsで行くことになるので結局83US$。ようはドル払いで来る観光客からは徹底的にボリまくれって言う国を挙げてのシステムが完備されていて、どう転んでもぼられまくる仕組みのベネズエラでした。

それでもカラカスのセントロの安宿に泊まり、そこからバスであちこち移動したかった個人的な嗜好もあっての結論なのでこのルート自体は正解だったと思ってるけどね。成田からカラカスについてそのままエアでマルガリータ島は貧乏旅行ルートとしてはあまりにも味気なさ過ぎだ。




カナイマ湖の滝。

南米格安ツアー検索
日本から南米までの格安ツアー 2017年6月2日現在の最安料金
行き先 東京 名古屋 大阪
エンジェルフォール 398,000円 493,700円 490,000円
ウユニ塩湖 358,000円 381,000円 358,000円
リオデジャネイロ 240,000円 568,000円 253,000円
イグアスの滝 304,000円 390,000円 294,000円

エンジェルフォールはこちら     ウユニ塩湖はこちら     リオデジャネイロはこちら     イグアスの滝はこちら

その他の南米ツアーはこちら         その他世界各国ツアーはこちら


エンジェルフォールツアー
エイビーロードで日本発エンジェルフォールツアー検索。個人で行くと面倒なベネズエラをツアーで効率よく周遊。
ウユニ塩湖ツアー検索
価格優先の日本発ウユニ塩湖ツアー検索。航空券、空港送迎、ホテル込8日間29万円〜。
マチュピチュツアー
日本からのマチュピチュツアーを検索。8日間26万円〜。日にちが限られている場合はツアーが最適。

2005年1月9日(月)PM8:03
カナイマのポサーダカイクセってとこにいる。この宿10室くらい宿あるのに客は僕だけ。ガイドブックには16US$とあるのになぜか18,000Bs(7.8US$)。やはりほとんどここカナイマを訪れる観光客はツアーで来ていてツアー参加ではない個人客はかなり少ないみたいだ。カナイマにくればエンジェルフォールツアー安くなるのかと思いきや、今のとこいろいろ当たってみたが、シウダーボリバルのホテルイタリアのおっさんが最後に提示してきた2泊3日ツアー100US$が最安。エア代は別だが、宿代、飯代すべて込み100US$はやっぱり安かったのか?ウユニのように現地に行けば行くほど安くなるという構図は今のとこカナイマにはないみたい。この宿のおかみさんはエンジェルフォールツアーのみで300,000Bs(130US$)だとか言っている。ホテルイタリアのおっさんをもう少し信用しといたほうがよかったかも。カナイマまで来てしまってはもう後戻りできないのでとにかくここで何とかうまく安いエンジェルフォールツアーを見つけ出したい。

飯代も高く、さっき宿で作ってくれたステーキ定食、うまかったのだが15,000Bs。宿代の安さが吹っ飛んでしまう。飯はどこで食っても7000Bsくらいはかかるので1日1食にして後はパンでもかじっていればいいか。情報ノートにあるパンとツナ缶でしのぐの意味がやっとわかる。そういうスタイル以外の食事をすると必要以上に金がかかるということなのだ。

またツアーでなく自由旅行でカナイマに来る観光客に対する態度がカチンとくるものばかり。「おめーらは俺らのしいたレールの上にのって金落としていけばいいんだよ」って態度。急ぐこともないので明日また安いツアーを見つけにカナイマを放浪してみることにする。今んとこ最悪でも130US$出しゃあ行けるわけなんだし。

     
                      アナトリー島の滝の上から見るカナイマ湖。

別にシウダーボリバルでツアーに参加してもよかったんだけど、きっちり決められた日程の中で行くより、フリーの部分を残して自分で複数のツアーを比較検討したかった。で今日カナイマの空港でサンタエレナ行きのフライトを調べてみると約100US$ちょっと。今日シウダーボリバルの空港で一緒になったツアー参加の韓国人に聞くと2泊3日のシウダーボリバル発のエンジェルフォールツアーは往復フライト込みで220US$。でもこのツアー、1泊はカナイマ泊でアウヤンテプイふもと泊は1泊のみ。実質ツアーでの宿泊は1泊だ。

カナイマは陸の孤島状態になっており、観光客は小型機のフライト以外でカナイマに入ることも出ることも出来ない。カナイマによってサンタエレナ(ブラジル国境の町)に行く場合方法は2つしかない。カナイマからサンタエレナにフライトで行くか、シウダーボリバルに戻ってからさらにサンタエレナまでバスで12時間かけて行くかだ。シウダーボリバルに戻る(60$)のとサンタエレナに行く(90〜100$)のとフライトの値段の差が30〜40$なら、バスにかかる値段も考えると少々ぼられてもサンタエレナへのフライトを選択したほうがいいかもしれない。正直もう長時間のバス移動はうんざり。

      
                              カナイマ湖上空             サイトマップへ

エンジェルフォールへの遊覧飛行もシウダーボリバルでは50$だったのが、カナイマの飛行場でじかに頼むと60$。ここでは支払いは大体ボリバル払いで言ってくるのでめちゃめちゃいい闇レートで替えられなければ遊覧飛行はシウダーボリバルでツアーのオプションとして頼んだほうが安い。

そうは言ってもカナイマは宿は静かだし、夜は涼しいし、湿気と熱気ムンムンのシウダーボリバルの安宿で過ごすよりここで過ごすほうがずっといい。ツアーに行かなきゃ滞在自体にはそんなに金かかんないしね。

1月10日(火)PM8:58
カナイマはとても居心地がいい。夕暮れ暗くなる直前にコーラを買いに宿から10分ほど歩いたとこの店まで歩く。夕暮れ特有の草と土のにおい、あわただしく通りすぎるツアーでは味わえないゆっくり感。カラカスやシウダーボリバルのように暗くなると地元の人さえ危険で町を歩きづらくなる緊張感もここにはない。

      

今日カナイマ湖で泳いでみる。湖畔で水を見ると紅茶状態で赤く見えるのだが、実際に入ってゴーグルで通してみる水中は赤いというより真っ暗。しかも近くに滝があるだけあって流れも早い。別にワニとかいるわけでもないのに、泳いでいて言い知れぬ恐怖感があるのはなぜだろう。

朝、節約のため近くに一軒だけある地元商店で買ったパン、マヨネーズ、マーガリンとツナ缶でツナサンド作って食う。めちゃうま。想像してた貧しい朝食ではなかった。昼少々高いが宿のおばちゃんが作った給食味の鳥の煮込み定食もうまい。ご飯そば飯だったぞ。

この宿で勧めてくるエンジェルフォールツアーは1泊2日で300,000Bs(約15,000円)。今日いろいろ調べたところ、他に2泊3日で320,000Bs(約16,000円)、1泊2日で270,000Bs(約13,500円)等々。ただ日帰りでも420,000Bs(約21,000円)もとるとこがあってさまざま。270,000Bsのツアーに申し込もうとするも明日は15人の定員いっぱいだという。シウダーボリバルからのツアー客の状態しだいで入れてやってもいいぞってこと。明日いっぱいであさって入れるかというとそうでもなく明日もう一回来い、空いてたら入れてやるって態度。まあ安くいければそれでいいしあわてることもないので、2泊3日ツアーも検討しながらぷらぷらしよう。ここでそんな感じで過ごすのが結構気持ちいいしね。

今日100US$分両替する。まだ明るい夕方4時半位に空港行くともうフライトもなくなっていて、警備の迷彩服着た軍人って感じのおっさんがいたので「この辺でどっか両替できるとこないか」と尋ねるも、なんとそのおっさんが1$=2300Bsで100$分両替してくれた。ベネズエラって兵隊さん金持ってんだな。航空会社のセキュリティーなのかな?陸の孤島のカナイマでは闇レートも1$=2200Bsが相場らしい。まああの兵隊さんはどっかで2600位で替えるんだろうけどさ。

結局1週間くらいはカナイマにいることになりそう。シウダーボリバルでのツアーではありえない日程。今日再びサンタエレナまでのフライト確認。245,000Bs。実質100$ちょい。エア代なのにクレジットカードが使えないのが辛い。手元の100$紙幣すべてなくなる。まあサンタエレナについてしまえばいっきにブラジル入国と急展開。ブラジルでは小額のバスの移動でもクレジットカードが使えるので何とか乗り切れると踏んではいるのだが。

     
           カナイマから望むテーブルマウンテン

 1月12日(水)AM11:03
エンジェルフォールツアーついに決まる。これから12:30集合、アナトリー島経由でアウヤンテプイに向かう。2泊3日で320,000Bs。150US$といったとこか。テプイのふもとに2泊ってのが決め手になる。ホテルイタリアで100US$で勧められ、ここでは270,000Bsだといわれたツアーは1泊のみなのでやめにした。手持ちのBs使い果たす。ようやく懸念のエンジェルフォールツアー決まる。時間がないので荷造りする。



サイトマップ             旅ログもくじへ              次のページへ


 


格安海外旅行 びー旅ドットコム
旅ログ2005 エンジェルフォール(ベネズエラ)
格安海外旅行びー旅ドットコムピピ島情報カラパタール 旅ログ1 シパダン島 九寨溝 リンク格安情報1 エンジェルフォール 格安情報1 エンジェルフォール