プノンクーレンに20ドルで行く方法

Phnom Kulen プノンクーレン

プノンクーレン シェムリアップから20$で行く方法


達人遺跡プノンクーレンPhnom Kulen

プノンクーレンとはライチの山の意味。標高461m。現在国立公園になっており公園面積37,500ヘクタールと広大。外国人入場料20$。カンボジア人入場料2000リエル(0.5$)。公園内山頂付近、広範囲に点在する遺跡は行きづらいうえに規模はどれも小さい。要領の悪い旅行者が「ここに行けば達人」の現地営業トークにのせられて結構な料金払って連れていかれる遺跡といえなくもない。

プノンクーレンは802年にジャヤヴァルマン2世が即位し、プノンクーレン山頂にて「デーヴァ・ラージャ(王が神となる儀式)」儀式を行った場所。これ以降アンコール王朝はアンコールワットの時代を経て15世紀まで約600年栄えた。クメール王朝発祥の場としてクメールの人々にとって神聖な山として現在でも巡礼の場になっている。しかし外国人にはそういう思い入れはないのでインパクトは薄い。


前の頁ベンメリア   炎天放浪トップ   びー旅トップ   次の頁アンコールワット
シェムリアップ地図    Google translator

達人遺跡 プノンクーレンの実態

2016年2月29日(月)

プノンクーレンはクメール王朝発祥の場としてカンボジアの人々にとって神聖な山なのだが、彼らの訪問するプレアアントム Wat Preah Ang Thom は「遺跡」というよりお坊さんが修行する「僧院」であり、現役の参拝巡礼地。

Wat には寺の意味もあるはずだがカンボジア人は寺(Temple)ではなく僧院(Monastery)だと強硬に主張する。

カンボジア人訪問客の目的は「遺跡観光」でなく「巡礼」。山奥の遺跡まで行くカンボジア人は皆無。プレアアントムの涅槃像も遺跡としてのテンションは低く、アンコール遺跡群にあるようなインパクトを期待してきた場合、かなりがっかりする。

プノンクーレンは遺跡目当てで訪問する外国人観光客にとって行く価値は薄い。このプレアアントムのさらに奥の山の中に確かに遺跡は点在するが、規模は小さくそこまでの道も悪く行くのが大変。遺跡がしょぼくても、行くのが大変で人が行かなければ価値があると思っているのは自称達人だけ。なのでそれらの遺跡に大金と時間をかけて訪問する意味はかなり微妙。



プレアアントン寺涅槃像 日曜なので巡礼地のこのお寺はカンボジア人で混雑していた。

プノンクーレンは「達人ならここへ行こう」の高額ツアー典型例になっているが、ここの山奥遺跡に高額(20$以上)払って訪問するのは達人ではなく、ただのぼられ上手なカモでしかないことだけは確かだ。

「遺跡じゃない。カンボジアの滝や山のハイキングを楽しみたい」というのなら、独特の味があるので20$くらいなら行く価値はかろうじてある。公園入場料が別途20$(カンボジア人料金2000R の40倍のなんでやねん料金)かかるのも痛い。

プノンクーレン入場料20ドルはアンコールワット入場料とは別に必要なので、ここをアンコールワット入場券提示が必要なバンテアイスレイやクバールスピアンと同じ日に回るのはとても効率の悪い浪費型(ぼったくられ型ともいう)遺跡ツアーだ。写真右上は滝つぼ遊泳区域の浮輪レンタル屋。

びー旅ロード関連リンク
バンテアイチュマール行き方  サンボープレイクック行き方  プレアヴィヒア寺院
カンボジア5大遺跡  コーケー遺跡7ドルツアー  大プリアカン  プーンコムヌー
ワットプー  ミーソン遺跡  パノムルン  クバールスピアン  ベンメリア5$ツアー

プノンクーレンに安く行く方法2016

プノンクーレンに安く行く方法にはいくつかのコツがある。後半3分の1悪路の山岳ロードになるのでバスや自動車、トゥクトゥクで行くと手前の滝やプレアアントムまでは行けるが、山頂の遺跡まで行けない。結局追加20$払って遺跡まではバイタクで行くことになる。

なのでプノンクーレンに限っては山奥遺跡まで行きたいならバスやトゥクトゥク訪問でないほうがいい。もちろん「滝とプレアアントム寝釈迦だけでいい」とか、「追加20ドルも問題ない」という場合は別。ただシェムリアップから往復140kmと山道往復20kmが同じ20ドルというのは痛い気もするが。

シェムリアップの自分の宿から往復140kmあるプノンクーレン山奥遺跡に20ドルで行くには、山奥遺跡までそのまま行ける「地元バイクタクシー」を使って訪問することだ。シェムリアップからプノンクーレン入場門までは55kmだが山奥遺跡まで片道70km、往復140kmあるのでその距離をバイタク後部座席で移動できる旅行者限定の方法だが。

最近バイクタクシーで遺跡を訪問する観光客は減ったがそれでも外国人用バイタクと地元民用バイタクはなんとなく境界があり分かれている。ここで利用するのはあくまで普段地元民を専門に乗せている地元バイタクだ。特徴は英語をほとんどしゃべらないこと。



プノンクーレンの滝。タンニンで赤くなった水の透明度はヤクロム湖なみに透き通っている。ただ滝もワットプレアアントンのがっかり度は隠しようがない。「遺跡を見たいならもう20$」も味があっていい。雨季には水量は増えるが、その時期の曇り空アンコールワットのテンションが低いのが難。


小学生の遠足状態。テンション低い遺跡よりこのジャングルトレッキングに味があったけど。


アンコールワットツアー格安検索 ABロード
日本からアンコールワットへのツアー 航空券・ホテル代込 2017年2月6日最安料金
ツアー日数  東京  名古屋  大阪  福岡
4日間 53,600円 54,700円 49,800円 56,800円
5日間 61,600円 67,800円 51,600円 56,500円
6日以上 61,900円 68,800円 53,600円 73,800円

東京発ツアー      名古屋発ツアー     大阪発ツアー     福岡発ツアー

カンボジア隣国周遊ツアーはこちら

コモド島ツアー
日本からコモド島までは個人で行くと面倒が多いが、日本発のツアーならすべて一括手配。
ボロブドゥールツアー
日本からのボロブドゥールツアーの検索。プランバナンやジョグジャカルタも手配可。
バリ島ツアー
日本からバリ島へのツアー検索。料金の安い順に表示でき、ウブドやクタなどエリア指定可。



滝は2段になっていてこちらは一段目の滝。


プノンクーレンとシェムリアップ、周辺遺跡の位置関係

JALパック バンコク
JALパック バンコクフリーステイ 3泊4日燃油込67,800円〜
JALパック カンボジア
JALで行くアンコールワット スタンダード103,800円〜
JALパック ハワイ
JALで行く快適ハワイ。5日間100,800円〜

プノンクーレン2016 シェムリアップから往復20$

私は当初選択肢の一つとしてアンロンベン行ラーンタクシーを使って途中下車していく先日のプーンコムヌー方式も考えていた。しかしプノンクーレンにこの方法は向かない。アンロンベン、スラエム行ラーンタクシーが分岐する地点はプノンクーレン入場券売り場まで15kmも離れている。またそこで降りてもバイクタクシーが捕まるような環境でないのでシェムリアップでバイクタクシーを探してプノンクーレンまで行ったほうがいい。

ただバンテアイスレイには遺跡から分岐点が近いのでアンロンベン(スラエム)行ラーンタクシー利用で日帰りで行ける。


プノンクーレン地図 下のほう見づらくて失礼。


またシェムリアップからプノンクーレンに行く場合、プノンクーレンの入場券売り場のある入り口までは片道50kmだが、公園が広大なのでそのあと結構な距離を移動する。

入場券売り場から滝、ワットプレアアントムまで上り坂を4km、さらにプラサットクロホームまで山道を10km。スラーダムレイ、プラサットオーパオン、ダムレイクラップ方向へ行くにはいったんワットプレアアントムに引き返して別の道を向かわねばならない。

ツアーでプノンクーレンに行く場合、ワットプレアアントム、滝より山奥の遺跡に行く場合、そこから別途バイクタクシー代15〜20$を払わないといけない。日本人ツアーの場合250$と強烈。それで行けるのはワットプレアアントンまでで、そこから先の各遺跡には20$別途必要。入場料と合わせると290$必要になる。また大手の日本人ツアーの場合プノンクーレンとバンテアスレイやベンメリアなどほかの遺跡を組み合わせる傾向あるが、プノンクーレンの遺跡群は1日では足りないくらい広範囲にたくさんある。他の遺跡と組み合わせている時点で「プレアアントムと滝しか行かない」という態勢。それならアンコールワット入場料とは別払いの入場料を20$も払う意味がない。



滝の下の浮輪レンタル屋さん


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年2月6日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら



この川底に千本リンガという遺跡はあるのだけれど…


ワットプレアアントンは遺跡ではなく現役の巡礼地。

プノンクーレン2016 シェムリアップから往復20$で行く方法

シェムリアップで地元バイタクを見つける方法は、ゲストハウスの近くにたむろするお抱えバイタクは避ける。交差点でカモ待ちするバイタクを避ける。後は複数値段交渉してあたりをつけるなどして見つける。

シェムリアップからプノンクーレン山奥遺跡まで往復利用で20$とプレアアントンから各遺跡ごとに20$とではえらい違いだ。

私の場合、テンション低そうなスラーダムレイなどのある定番遺跡エリアは避けてプラサットクロホームに向かった。未舗装の山道であるばかりか道も複雑でわかりづらいのでレンタルバイクで自力訪問はほぼ不可能。

シェムリアップで確保した地元バイタクは当然プノンクーレンの地理には疎いがカンボジア人なので山の村人から道を聞きながら目的地へ向かえる。プレアアントン村で滝と涅槃仏の写真撮って、そこからバイクで山道を走ること30分。ポムクラークモンという小学校前でバイクが止まる。ここから先はバイクでも行けないので歩きだという。聞いてねえよ。バイクで遺跡まで行けるんじゃなかったのか。



プラサットクロホーム直前の岩場


バイタクで向かうプノンクーレン、プレアアントン村へ向かう道

タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2017年2月6日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら

ABロードラオスツアー
決まった休みで効率よくラオスを旅するには日本からのツアーが最適。格安ツアー検索。
JTBベトナムツアー
出発日限定でらくらく格安ツアー。ホーチミン4日間燃油税込みで39,800円〜。一人旅OK。
JALパックベトナム
JALで行くベトナム。ホーチミン、ハノイ、ニャチャン、フエ、ホイアン。燃油込


プラサットクロホームまでジャングルトレッキング

聞けばそこから遺跡までは4kmほどあるという。だって道わかんねえし。幸いバイタクのおじさんが遺跡まで同行してくれることになった。

道は1本道なのだが微妙に分岐があり全くの一人だとたどり着くには難しそう。トレッキング途中、小学校にいた少年が1人途中で合流。案内してくれるようだ。少年からバイタクおじさんが情報聞きながら遺跡に向かう感じだった。

確かにバイクでは行けそうもない山道進むこと15分。あれ?4kmじゃなかったの?たぶん実際は1kmちょっとくらいか。

プラサットクロホームは山頂にぽつりと一つだけあった。サンボープレイクックにあるような前アンコールイシャーナブラ時代様式の赤レンガつくりの古い遺跡。周りには人は皆無。民家からも遠い。何でこんなところに一つだけと不思議感漂う。



プラサットクロホーム 「赤い寺」の意味 チケット売り場から約10kmの距離の山奥にある。

遺跡よりもそこにたどり着くまでの過程に味がある感じだった。左が同行してくれたシェムリアップバイタクのおじさんと、地元の少年。少年には別れ際にチップをあげた。

プラサットクロホーム見て正直ほかの遺跡を見て回る気があまりせず、そのままシェムリアップへの帰路につく。朝の7時45分発、15時宿到着の7時間15分ツアーだった。

バイタクの支払いはツアー終了後の後払い。正直朝の交渉時はこんな面倒な訪問先とは思っていなかったので20ドルとチップで5000リエル(140円)あげた。観光客相場よりは安いが、地元バイタクにとってはかなりおいしい金額。



ワットプレアアントンは現役の巡礼地で遺跡ではない。

シェムリアップ 2016年2月28日(日)快晴   炎天放浪 91日目

出費詳細
バーイサッチュルーク弁当2000 2000 プノンクーレン入場料20US$ プラサットプロホックチップ2500 缶コーラ2000 2000 水500 500 プノンクーレンバイクタクシー20US$ チップ5000 
宿泊代
オーラルダンコールゲストハウス 8US$
合計

48US$+リエル

日本円合計

1 KHR = 0.028円、1US$=113円で計算     円

1 JPY = 35.6124 KHR / 1 KHR = 0.02808 JPY 2016/02/25 11:05
1 JPY = 0.008919 USD / 1 USD = 112.12 JPY 2016/02/25 11:05


プノンクーレンからの眺め


現在宿泊中の8US$の宿、オーラルダンコールゲストハウス。


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

 
    イグアス36L        メンドーサ30L    ウスアイア45L  フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ   フィッツロイなど60L〜 はちらへ


プノンクーレン


宿の前からプノンクレンの滝とプレアアントム経由、プラサットクロホームまでの往復20ドルの地元バイクタクシー。最初18ドルで雇ったが予想外に遠かったので20ドル+チップ5000Rあげた。


プノンクーレンチケット20US$

炎天放浪2016

炎天放浪トップ
0119 タイ国鉄3等夜行列車
0120 ドンムアンターミナル2
0122 ウボンラチャタニー
0125 イーサン格安滞在
0127 イーサン終着駅
0128 タイラオス国際バス
0129 パクセー
0130 ワットプー
0201 デット島 シーパンドン
0204 ソンパミットの滝
0207 デット島格安生活
0209 ナカサンソンテウ
0210 アッタプー
0212 ボーイー国境
0213 ダナン
0214 ホイアン
0215 ミーソン遺跡
0218 コントゥム
0219 オヤダヴレタイン国境
0221 バンルン ラタナキリ
0222 ヤクロム湖
0224 カンボジアミニバンバス
0225 シェムリアップ
0226 プーンコムヌー
0226 ベンメリアに5$で行く
0228 プノンクーレン
0228 アンコールワット
0303 第3回廊と裏門
0304 プノンペン
0305 ポーチェントン国際空港
0306 クアラルンプール
0307 エアアジアX羽田行
0318 炎天放浪エピローグ

びー旅ロード2015
投稿情報2013〜2015
旅ログ目次
サイトマップ



プラサットクロホーム。ここまでバイクで行けず。最後に2kmほど山道悪路を歩く。高額ガイドなしで行って道に迷うこともなく、毒蛇、サソリ、毒グモ、地雷に遭遇しなかったのはなんでだろう。かまれないようにサンダル素足じゃないほうが良かったのかな?



良心的なシェムリアップ発のツアー。3人以上の料金だが、入場料込み。日本人料金とはだいぶ違う。バスで行くので山奥遺跡まで行けず。どうしても行きたい場合はバイタク代別途15$〜必要。


プノンクーレンで食べた2000Rのバーイサッチュルーク弁当。バイタクのおじさんの分も買って二人で食った。


クーレン滝の下で。ツアーで行くとこの先に地雷があると滝の下まで行かないこともあるそうだ。


プノンクーレンの滝


ワットプレアアントン。涅槃仏のある岩の上から見る。


シェムリアップホテルネット予約

パークハイアットシェムリアップ
1泊1室33000円〜 予約はこちら


アンコール パレス リゾート & スパ 1泊1室 17,494円〜
予約・詳細はこちらへ


サエム シェムリアップ ホテル
1泊1室 8,467円〜
予約・詳細はこちらへ


ロイヤル ヴィラ アンコール ホテル 1泊1室 2,527円〜
予約・詳細はこちらへ


シティ リバー ホテル
1泊1室 8,965円〜
予約・詳細はこちらへ



ビバ ホテル Viva Hotel
スタンダード1泊 2,916円〜
空港送迎無料
予約・詳細はこちらへ



プレアアントム涅槃仏。バンコクのワットポー寝釈迦の原型がこんなところに。サイズはずっと小さく、寝てる方向逆だけど。


シェムリアップゲストハウス予約

ガーデン ハウス ゲストハウス
Garden House Guesthouse
ツインファン1泊 677円〜
ダブルエアコン1泊 1,100円〜
予約・詳細はこちらへ


アドバイザー アンコール ヴィラ
Advisor Angkor Villa
ツインファン1泊 782円〜
ツインエアコン1泊 1,305円〜
予約・詳細はこちらへ


グリーンパークヴィレッジGH
Green Park Village Guesthouse
ツインファン1泊 1,017円〜
ツインエアコン1,270円〜
 予約・詳細はこちらへ



プラサットクロホーム、マカラの排水口


タンニンで紅茶状態の水


プレアアントン村危険な4人乗り


過積載


.


カオサンホテルネット予約

D&D イン 1泊1室 2,794円〜
カオサン通りの老舗ホテル。屋上にプールがある。
予約・詳細はこちらへ



サワディー スマイル イン
1泊 1509円〜
予約はこちらへ


サワディーウェルカムイン
1泊 1220円〜
予約はこちらへ


サワディー カオサン イン
1泊 2013円〜
予約はこちらへ


その他のカオサンホテルはこちら



バイタクのおじさんも訪問を楽しんでいる感じだった。


巡礼カンボジア人ツアーの車


プレアアントン滝


ひと昔前のツアー訪問の場合、「下の滝つぼに行きたい」というと「地雷があるので危険」といって次へ向かうのがお約束だった。いえいえ下に行く階段あるし。滝つぼでみんな泳いでいるし。


滝つぼ脇の遊泳区域に地雷はない。私も普通に歩き回った。地雷原にレンタル浮輪屋変でしょ。高額ガイドがただ単に行くのが面倒くさいだけ。観光客をあやつる便利な言葉が地雷に毒蛇。



海外蚊取り対策プッシュ式