オヤダヴ・レタイン国境 プレイクからバンルンへ

Oyadav オヤダヴ・レタイン国境

オヤダヴ・レタイン国境 プレイク→バンルン

オヤダヴ・レタイン国境Oyadav Lethanh Border

オヤダヴ・レタイン国境とはカンボジア東北部ラタナキリ州オヤダウとベトナム中部ザーライ州レタインを結ぶ国境。カンボジア側の最寄りの都市はバンルン73km。ベトナム側はプレイク75km。ベトナム側からカンボジア入国の際に国境でカンボジア30日観光ビザ(シングル)を取ることができる。


前の頁コントゥム   炎天放浪トップ   びー旅トップ   次の頁バンルン

オヤダヴ・レタイン国境2016

9:49 2016/02/19 現地時間

今カンボジアのバンルン行の国境越えのミニバンバスの乗っている。外は雲一つない快晴。ベトナムカンボジア国境のレタインに向かっている。予想外の展開。まだ1週間くらいベトナムにいる予定だったのに。自分でも先の展開が読めない。今日出国するんだったら昨日ベトナムドンATMで降ろす必要なかった。

コントゥムの宿でもバスターミナルでもカンボジア国境行のバスなんてないと言い切るのでレタイン国境越えは半分あきらめかけていた。知らないなら知らないといえばいいのに「ない」と言い切るな。ホーチミンまで下って定番のバベットモクバイ国境まで行くしかないのかと余分にATMでベトナムドンおろしたのに。ちゅうた半端に信じてクイニョンやニャチャンに直行せずによかった。レタイン国境越えられずに引き返すのはある意味敗北だし。といいつつ国境でビザが取れるかどうかまだ不透明。ドライバーは取れるといっているけど。こればかりは行ってみなけりゃわからない。

行けば何とかなるの判断で今日の朝コントゥムの宿を出る。さしあたって国境最寄りの町プレイクに向かう。隣のバスターミナルから出るのかと思ったら違うらしい。山間を走る格安のローカルバスがあるらしくその乗り場はバスターミナルからはかなり離れているらしい。バイタク(写真右上)が3万で行くというのでそれを利用する。どこにあるかわからない。距離も不明という状況で値切り交渉は難しい。50THB なので強烈なぼったくりではないと判断。



プレイクバスターミナル ないといわれた国境行のミニバンバスはここに到着後5秒で見つかった。

オヤダヴ・レタイン国境 コントゥムからプレイクへ

コントゥムバスターミナルから3kmほど離れた橋の手前の乗り場まで案内してもらう。歩いて探し出すのは面倒そうな場所。プレイク行バスはすでに待機状態。待ち時間5分で出発。プレイクまで46kmを22000ドン(110円)。バイタク代より安かった。ゆるいスロープにはなっているがほぼ1直線の道を快走1時間でプレイク到着。バスターミナルについてプレイクに数泊してでもカンボジア国境行の方法を探るつもりでいた。

バスを降りるとおっさんが声をかけてくる。バイタクの勧誘だと思ってしっしっとしていると、その中の一人が「カンプーチャー、バンルン」といっている。

なんと降りて5秒でカンボジア国境行のミニバンバスが見つかる。しかも出発まで40分ほどだという。コントゥムで聞いた「カンボジアへのバスはない」の情報は何だったんだ?迷走を予想してプレイクに数泊するつもりでいたので、このまま出国するのを一瞬迷ったが、しかしこのミニバン逃がすと面倒になる気もしたのでそのままその国境行バスに乗っている。




プレイクバスターミナル 、ザーライ Gia Lai 州の州都がプレイク Pleiku。

今カンボジア国境行ミニバンバス(写真右)は快適に国境に向かってとばしている。ビザは国境でとれるのか。とれるとして正規料金の30US$でとれるのか。バンルンまでのバス代料金20万ドンもう払っちまったし。コンピューターグラフィックスで作ったような雲一つないド快晴の中をミニバンバスはカンボジア国境へ向かっている。

マレー語、ミャンマー語、タイ語、ラオス語、ベトナム語、ふっふっふ、そして次はカンボジア語じゃあ、って無理でしょ。タイラオスでやっていた「なんちゃってマルチリンガル」はベトナムカンボジアでは通じない。



プレイク Pleiku バスターミナル プレイクはコントゥムより大きな町だった。

ザーライ州プレイクからラタナキリ州バンルンへ

15:03 2016/02/19 現地時間
バンルンに到着。って知らねえよ。バンルンってどこだよ。バンルンはカンボジア東北部、ストゥントゥレンの東136kmのベトナム国境近くの町、ラタナキリ州の州都。といわれて「ああ、あそこね」とわかるあんたはカンボジア通。

ベトナムのコントゥムを朝7時半に出てプレイクバスターミナルから20万ドンでレタイン・オヤダヴ国境へ。いろいろあったものの結局国境でカンボジアシングルビザを30US$でとって無事カンボジア入国。オヤダブ国境から東74kmのラタナキリ州バンルンに午後13時10分到着。

コントゥムからバスの待ち時間や国境通過も入れて総所要5時間40分。プレイク Pleiku からは4時間だった。国境通過は外国人観光客どころか地元民も皆無。両国イミグレ通過は私たった一人だった。国境名ベトナム側レタイン Le Thanh、カンボジア側オヤダヴ O Yadav。



ベトナム側レタイン国境イミグレビル 通過する地元民も少ない閑散国境


カンボジア側オヤダヴイミグレーション 右奥でアライバルビザ発給してもらえる



ベトナム側ザーライ州レタイン国境への道


 ◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。



ベトナム プレイク郊外


バンルン、コントゥムどこやねん。↑ここです。デット島まで行って国境超えないのあほやろ。ただ思った通りの気まぐれ放浪にはなっている気はする。自分でも自分の行き先の先が読めん。

激走カンボジア国境レタインへ

今の宿は1泊6US$。昨日ベトナムのATMで200万ドンおろした意味ないやんけ。まだ1週間くらいベトナムにいるつもりだったのに。バンルン到着早々50万ドンを22US$に両替する。

プレイクからのレタイン国境行ミニバンバスは9時半にプレイクバスターミナルから出発。乗るときにバンルンまで行くといっていたので先日のボーイー国境の時のようにベトナム側のミニバンバスがそのままカンボジアに行くのかと思っていたら国境までに乗車客は私以外すべて降りて居なくなってしまった。

最後に残った私にあのミニバンバスに乗り換えてくれとドライバー。どうやらそのミニバンはカンボジア側には行かないらしい。聞いてねえよ。バンルンまで行くって言ったじゃねえか。しかももう20万ドン前払いしてるし。

しかし乗り継ぎの時にベトナム側ドライバーがカンボジア側ドライバーに私の運賃を払ってくれていた。国境から先は別料金払えというような意地悪対応は皆無。そのミニバンバスに乗り込んで待たされること30分。乗車客は私一人。あとはドライバーと助手。どうやらバンルンまで荷物を運んでいるようだった。乗り込んだところから両国イミグレまでも車で行けるので両国間のイミグレも歩く必要がなかった。国境で1人、カンボジア側の町で1人客を拾って最終的に客は3人。結局私は追加料金払うことなくプレイクからバンルンまで140kmを20万ドン(1000円)で行くことができた。



国境を超えたカンボジア側バンルンへの道


【PR】海外個人旅行大作戦
簡単一括で複数旅行会社へ問合わせ
同じ条件で各社料金・プラン比較→


カンボジア側オヤダヴイミグレーション 基本イミグレ写真は撮影不可。よいこはまねしないでね。

オヤダヴ・レタイン国境 カンボジアアライバルビザ


懸念のカンボジア側イミグレ(写真右)での国境アライバルビザは拍子抜けするほど簡単。ビザ申請もイミグレも私一人なので、入国書類とビザ申請用紙にさっさと記入して10分ほどでビザ取得。バンコクカンボジア大使館で30$でとる場合の所要3日わけわからん。要写真1枚。シングルビザのみでマルチは無かった。

お約束で最初は35US$の請求。「30US$のはずだ。カンボジアの決まりでそうなっているはずだ」と毅然と主張。数回のやり取りののち30$であっさり了承。

各国ビザでパンパンに膨れ上がった増補パスポートで、クメール語を話す金髪真っ黒の日本人に「こいつからは袖の下は無理だな」と早々あきらめてくれたようだ。両国イミグレ通過は15分くらいだった。他国境のようにトロトロイミグレ手続きやる欧州組を待つ必要もなくあっという間に国境通過してカンボジア入国。やったぜと心の中でガッツポーズ。


国境オヤダヴからバンルンまでは74km。きれいな舗装道路で若干ゆるいアップダウンやカーブはあるもののほぼ一直線道路。期待していたジャンピング土煙ロードではなかった。

バンルンの町もかなりきれいで観光産業でなのか鉱物資源でなのか不明だが町はかなり潤っている感じ。さっき市場でバーイサッチュルーク(豚焼肉ご飯)食べようとしたら5000リエルといわれた。複数の食堂で聞いてどこもその値段。高くねえ?去年シェムリアップでバーイサッチュルーク弁当2000リエルじゃなかった?

カンボジアに入国してほっとしている。国境でビザが取れなかったらホーチミンまで南下するつもりでいたのでえらい手間だ。猫も杓子ものバベットモクバイ国境なんてびー旅で公開やばいだろ。オヤダヴ国境通過できて落着。ちなみにカンボジア側からはバンルンで簡単にプレイク行ベトナム直行バスが手配できるようだ。日本人の場合15日以内の観光ならベトナムビザ取得の必要もない。


バンルン 2016年2月19日(日)快晴   炎天放浪 82日目

出費詳細
コントゥムバイタク3万 プレイクバス2万2000 バンドン国境バス20万 バインミー1万 アイスコーヒー1万 トイレ2000 カンボジア30日シングル観光ビザ30US$

以下リエル おかず3000 ごはん1000 タックオンプー1000 ぜんざい1000 牛ステーキ焼肉10000 缶コーラ2000
宿泊代
プノンミアスゲストハウス 6US$
合計

36US$+27万4000ドン+18000リエル

日本円合計

1 VND = 0.005円、1US$=113円で計算    5,945 円

●バンルンの両替屋で50万ドン両替22US$
1円 = 0.008864 USD / 1USD = 112.82円 2016/02/19 20:50
1 JPY = 35.5519 KHR / 1 KHR = 0.02813 JPY 2016/02/19 20:55
1 USD = 4,011.90 KHR / 1 KHR = 0.0002493 USD 2016/02/19 20:55




【PR】個人でシェムリアップに行って現地ツアー自力手配の場合はこちら
   アンコールワット現地発ツアー 1人 2100円~

オヤダヴ・レタイン国境通過詳細 国境越えの所要時間と費用

6:16 2016/02/20 カンボジア時間

コントゥム朝7時30分バス出発、プレイク8時50分到着。ローカルバス(写真右)で46kmを所要1時間20分、2万2000ドン(110円)。コントゥムの乗り場はバスターミナルでなくそこから3kmほど離れた橋の手前の路上。わかりにくいのでバイタク使ったほうがいい。バスの行き先はプレイクでなく「ザーライ Gia Lai」。

プレイクバスターミナルで国境行ミニバンバスはすぐ見つかるが、出発待ち時間40分、9時30分国境行ミニバンバスでプレイク出発。バンルンまで148kmを一括支払い20万ドン(1000円)。レタイン国境までは75km。

11時15分レタイン国境手前に到着。カンボジア側のミニバンバスに乗り換える。ドライバーの言葉がベトナム語からカンボジア語になる。乗り換え時の追加料金の支払いはなし。ただしレタイン国境前で荷物の搬入などで30分ほど待たされる。



ベトナム側ミニバンバス            カンボジア側ミニバンバス

11時45分ベトナム側国境レタイン到着。ベトナム出国イミグレに国境通過する人は皆無で、出国スタンプ押すだけの30秒で通過。ミニバンバスはイミグレ手続きの間待っていてくれる。11時50分カンボジア側オヤダブイミグレ到着。カンボジアビザとってイミグレ出発したのは昼12時3分。ビザは30日シングル観光で30US$。実質35$請求を30$(正規料金なんだけど)に値切っている感じ。

13時15分国境から73kmのバンルン到着。コントゥムからの総所要は194km、5時間45分、22万2000ドン(1110円)。プレイクからの所要は148km、国境での乗り換え待ち時間とイミグレ手続き入れて3時間45分、20万ドン(1000円)。写真右上はオヤダヴ・レタイン国境からカンボジア側のバンルンへ向かう道。


ラタナキリ州バンルン


オヤダヴ・レタイン国境


コントゥムの鉄板焼き


コントゥム~プレイク 46kmを22000ドン(110円)。行先はザーライ Gia Lai となっているがプレイク Pleiku のこと。ザーライは州の名前でザーライ州の州都がプレイク。南部の発音はヤーライに近い。コントゥムもダナンも南部発音だった。



コントゥムの標識


行先表示はザーライ Gia Lai


コントゥム発プレイク行バス90kmを22000ドン(110円)。


現在宿泊中の1泊6US$のバンルンの宿。プノンミアスゲストハウス Phnom Meas Guesthouse
住所 Phum chey chomner, Sangkar Labanseak, Banlung city Ratanak Kiri.
TEL:009 666 162 / 096 6666 163 / 097 777 2927 / 097 978 9999 英語不可。Wi-Fiは部屋の中ではつながりにくい。


タックオンプー1000リエル




プレイクバスターミナルでおばちゃんが私を撮れというので。


ベトナム、プレイクバスターミナルのバインミー1万ドン(50円)


カンボジアのぜんざい1000リエル(30円)。日本の小豆と同じ味で日本食飢餓状態にはしみる。


現在宿泊のバンルンの宿のベランダからの眺め。Banlung


バンルン到着2月19日



現在宿泊中のバンルンの宿



ベトナムコーヒー。ジャスミンティーが無料でついてくる。


シッ、シートベルトはどこじゃあ。カンボジア名物やんちゃな変則箱乗り。