パクセー ホテル ゲストハウス 安宿

Pakse hotel パクセー安宿

パクセー5つのバスターミナル ラオス物価

ラオス パクセー格安情報 2016Laos pakse hotels


前頁ラオスタイ国際バス   炎天放浪トップ   びー旅トップ   次頁ワットプー

パクセー 5つのバスターミナル

2016年1月29日(金)

パクセーには5つの主な各方面行バスターミナル(ソンテウ乗り場)がある。まず①KM2バスターミナルはサワンナケットやベトナム方向、またはアッタプーなど近距離国内バス。このKM2は市内から2kmの意味。別名ソンフアンバスターミナル。②安宿エリアに近い川沿いチパソンバスターミナルはビエンチャン方向。

③ダオフアンマーケットはチャンパーサック方向、国境ワンタオ行など近距離ソンテウ乗り場。④KM8南バスターミナル(写真右)はシーバンドン方向で、ナカサンやソンパミット滝、カンボジア国境方向。このKM8は市内から8kmの意味。

⑤タイ方向ウボンラチャタニ行国際バスはダオフアンマーケット向こうの38号線沿い、キエンカイバスターミナル発。

毎度おなじみ「誰が必要としているんだこの情報」でした。地図詳細は下のグーグルマップでパクセーズームアップして確認を。ちなみに宿泊の宿の外国人用の手数料上乗せされた割高バスを申し込んだ場合は宿泊のホテルから各ターミナル無料送迎付きなのでこれらの場所を意識する必要はない。



パクセー郊外km8南バスターミナル 市内中心部から8km km8は市内からの距離からついた。




ダオフアンマーケットは宿泊のホテルから徒歩25分。


パクセー行き国際バスの続き

21:48 2016/01/29 ラオス時間

前のページからの続き
パクセーに到着したウボンからの国際バスがなぜかパクセーを通り越して余計な方向へぐんぐん進む。そうなのだ。最後の最後にあった国境越えバスにありがちな追加料金の爽やかな罠。わざわざ市内を通り越して市内から8kmも離れた郊外のバスターミナルへ強制連行。バスターミナルに到着したとたん、入り口ゲート閉められカモを逃さない臨戦態勢。

目の前にはピカピカソンテウ。無料送迎ではない。市内まで70Bだという。8kmなのでとても歩けた距離でない(最悪私は歩くけど)。つまりこの国境バスは200 THBではなく実質270THBのバスだったのだ。

私の最も嫌いな足元を見た追加請求。しかもわざわざ市内を素通りして遠くのバスターミナルへ連れて行くというハッピーなやり口。市内に行くには今来た道を引き返さねばならない。私は早々欧州組の間をすり抜け、閉じられたゲートとは反対側の出口から脱出。バスターミナル入口へと向かう。



KM8南バスターミナル入り口


市内まで70THBのハッピーソンテウ         客席から見るサイドマシンシクロ運転席

パクセー 国際バスの極悪罠からの逃亡

そこでサイドカータイプのバイタク「シクロ」のおっさんいたので市内までいくらか交渉。ランカムホテル前まで30Bで行くというのでそれを利用する。70Bといわれてもじもじ迷う欧州組尻目に一人バスターミナルから市内へ向かう。到着前に見たバスの車窓そのままの風景を引き返す。しかも結構な距離。

あとで知ったがパクセーからウボンラチャタニーに向かう国際バスはもっと手前の3kmほどのバスターミナルから出発するらしい。タイから到着のバスだけわざわざ遠くのバスターミナルまで強制連行して70Bせしめる鋭い戦法。まあそこまでは快適だったので深く取り合っても無駄なのでさっさと市内へ。

オートシクロおっさんはなぜかキープでなくバーツでの請求をしてきた。案の定支払いの時にお釣りがないとごねだす。こちらも手持ちのバーツに30THBぴったりないので仕方なく40B払って「やっぱり遠いのでもう少しくれ」とごねるおっさん後にランカムヘンホテルへ。6万シングルはいっぱいで10万のエアコン部屋しかないという。10万は1460円なのでラオスにしては高い。他をあたることにする。



ダオフアンマーケット


パクセー ホテル ゲストハウス 安宿

安宿求めて市内徘徊。安い部屋に空きがない。10万出せばあるのだが440THBなので高すぎる。ウボンの宿の倍以上だ。安宿求めて20分ほど周辺徘徊、ようやく4件目くらいで今宿泊の6万のシングルに潜り込む。そこがそこそこ快適なので連泊している。部屋から出ずにネットできるのがありがたい。

実感としてはウボンラチャタニーよりパクセーのほうが物価は高い。食事もウボンよりこちらのほうが高い。まだキープの金額に慣れておらず適正価格かどうかの見極めもできずに言われるままに支払っている感じ。簡単に言えばいいようにぼられているといえなくもない。まあ快適なのでいいかとあきらめる。なさけなや。

宿は供給過剰で空きはたくさんあるが値段が高い。ラオスに宿が少ないというのは大嘘だ。1泊10万キープ(1460円)覚悟すれば宿はいつでも簡単に確保できる。かつて安宿の代表だった15年前の1万キープ個室宿ポーンサワンホテルは5年前になくなったそうだ。バックパッカーより一般観光客が急増している裏返しか。パクセーの宿が簡単にネット予約できるのも欧州組の一般個人旅行者があふれる原因になっているともいえそう。



パクセー 2016年1月29日(金)晴   炎天放浪 61日目

出費詳細
バゲットサンド6000 肉野菜炒め定食15000 トマト1kg5000 ペプシペット5000 バゲットサンド6000 ゼロコーラ缶4000
宿泊代
チープチープゲストハウス 6万
合計

101000 LAK

日本円合計

1 LAK = 0.01459円    1473.59 円

●1000THB両替 22万7000キープ
1 LAK = 0.004396THB  1THB = 227.48 LAK  2016/01/28 19:39
1 LAK = 0.01459円 1円 = 68.5539 LAK 2016/01/28 19:39

16:21 2016/01/30 ラオス時間

パクセー現在晴、気温32度。強烈に暑い。扇風機に当たりながらパソコンに向かう。パクセーの物価は確実にウボンラチャタニーより高い。

前回訪問9年前からの物価の上昇も強烈。市内ダオフアンマーケットまでのオートシクロ9年前5000だったのに今は1万~。食事もレストランでの食事が普通に25000キープとかする。バーツだと110Bだ。バンコクでも定食は40Bで食べられるのに。タイでも外国人が入るレストランは高いが、パクセーは普通の地元食堂風で定食が60~100Bする。

パクセーはタイ、ベトナム、カンボジアに国際バスで数時間で行ける地政学的メリットの高い町なのでASEANの国際ハブ拠点都市として今後発展していくのはないか。特にベトナム資本の進出が目立つ。高い物価はパクセーを出れば状況は変わるんだろうけど。高いと言いながら長居しているのは居心地がいいから。ノーリードわんこが多いのが難点。滞在期限15日なんてあっという間だな、ベトナムへビザランするかも。


パクセーのホテルネット予約

チャンパサックパレスホテル
Champasak Palace Hotel
1泊1室 3,830円~
予約・詳細はこちら
チープチープゲストハウス
1泊シングル6万kip~
TEL 031-213133/ 030-5212913 ネット予約不可
ダオビエン2 ホテル
Dao Vieng 2 Hotel
1泊1室 1,997円~
予約・詳細はこちら


アテナ ホテル Athena Hotel
1泊1室 9,320円~
予約・詳細はこちら
ドッコホウン ホテル Dokkhoun Hotel
1泊1室 1,980円~
予約・詳細はこちら

パクセー発各方面行ジョイントチケット

小銭を払えばラオス国内のみならず、周辺国含めて自在にどこでも行ける。下の料金は2016年1月30日現在、わりと良心的なツアー会社のもの。デット島ボート込みで5万kipはパクセーKM8南バスターミナルまでトゥクトゥクで2万かかることを思えば安いかも。ナカサンまでソンテウで3万で行ってもボート代でぼられればトータルではそれ以上かかりそう。ただバンコクなどへは自力でローカル移動したほうが安く上がる傾向あり。時間はかかるけど。放浪している身には途中寄り道なしにここからバンコク直行はあまりにもったいない気はする。


毎度おなじみ「誰が必要としているんだこの情報」でした。

パクセー 2016年1月30日(月)晴   炎天放浪 62日目

出費詳細
バゲットサンド6000 バナナチップ5000 焼き鳥レバー3本5000 カーウニャウ2000 缶コーラ4000
宿泊代
チープチープゲストハウス 6万
合計

82000 LAK

日本円合計

1 LAK = 0.01486円    1218.52 円

1円 = 67.2976 LAK / 1 LAK = 0.01486円 2016/01/30 6:59


タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 2022年5月9日現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

 
    イグアス36L        メンドーサ30L    ウスアイア45L  フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30~55L はこちらへ   フィッツロイなど60L~ はちらへ


パクセー


パクセーの私が使ったATM


パクセーのホテル

ダブルロータスホテル
Double Lotus Hotel
1泊1室3,725円~
予約・詳細はこちら


ランカムホテル
Lankham Hotel
1泊1室 1,480円~
予約・詳細はこちら


アリサゲストハウス
Alisa Guesthouse
1泊1室 2,860円~
予約・詳細はこちら


現地名カオチーパテー6000キープ(88円)。買い置きのトマトといただく。カンボジアのノムパンか、ベトナムのバインミーの進出。ウボンにもあった。バンコクにはない。外国人用レストランでは15000キープする。


ラオスの肉野菜炒め定食。現地名カナーシムー。悲~しむ~?1万5000とやや高め。無料の水付かない時点で地元食堂ではない。


パクセーのダオフアン市場で買った1kg 5000キープ(73円)のトマトとタイのコンビニで買いだめしたカップ麺など。パクセーにもあるがタイのコンビニより高い。


カオチーパテーうめえ。6000kip


バイクレンタル1日6万kip~。2日以上借りると5万kip。6万kipは892円、264Bなのでサムイ島で100Bで借りられることを思うと高い。


シーパンドン片道60000kip。デット島までボート代込。


パクセーのコンビニもどき



朝のバゲットサンド。このバゲットが焼きたてでうまい。ニースから来たおばちゃんもカンボジアのバゲットはうまいとほめていた。ここラオスだけど。


金魚屋さん


味のあるロゴの銀行