びー旅ドットコム    サイトマップ    バンコク    ピピ島    アンコールワット
 前へ   過去ログトップ   次へ

びー旅ロード011 「パスポート紛失事件簿2004」

◆011 パスポート紛失事件簿  2008年7月26日(土)


オーチェテルビーチ前
2004年12月19日カンボジアのシアヌークビルで実際に遭遇したカンボジアらしい味のある体験談。カンボジアにシアヌークビルというビーチリゾートがある。オーチェテルビーチというのが一番大きなメインのビーチ。そして私はそこの隣の小さなスレンデビティービーチの1泊3$の宿に宿泊していた。

日本人宿?のメアリーチェンダのあるヴィクトリービーチは小さくテンションは低い。とはいえもともとシアヌークビル自体がテンション低くゆるめなのだが。安宿にピンキリあるのは当然の事だが、これは運悪く悪い方の宿に泊まってしまった時の話。ただ安宿=極悪宿というわけではなく、私の少ない経験から判断すればこういうパターンは30軒に1軒くらいか。

オーチェテルビーチ近辺では深夜まで大音響で音楽をガンガンかける悪習が蔓延していてその宿も近くにバーが併設されていて例外でなくとにかく夜大音響の音楽で眠れぬ環境だった。2000年頃はこの辺は静かなビーチだったのに。加えて閉口したのはボロ宿のその3$の部屋が、従業員の控え室のような所とベニヤ板1枚隔てた音が筒抜け状態。

従業員のボロカセットレコーダーのクメールポップスと間抜けな歌声が夜10時過ぎに延々響き渡る。深夜3時過ぎにもそのボロカセットレコーダーの大音響に起こされる。

あまりにうるさくて眠れないので朝になって宿を代えようと荷物をまとめていると衝撃の事実が発覚。パスポートがない。これにはあせった。これまで世界中いろいろあちこち放浪しまくったが、これは私にとっても初体験。最初は落としたものと思い込んで宿のおっさんに泣きついた。どこかに落ちてなかったか?と尋ねると「それは気の毒に。私が何とかしてあげよう」的なまことに親切な対応。でもその後、「そのパスポートを見つけた人に君はいくら払うんだ?」と言う予想もしなかった展開のセリフ。その時は「いや見つけてくれるなら10$払ってもいい。何とか見つけてくれ」と素直に好意にすがる。ちなみにカンボジアの物価はものによるが日本の1/10~1/100。公務員の給料が1ヶ月20US$(2,200円)と言うお国柄なので10$は日本の感覚で言うと1万円?10万円?

ただ私のいつもの習性で、なくなったものに必要以上に騒ぎ立てても疲れるだけ…と、一応あせってはいてもビーチで泳いだり、テンションの低い沖の島への1日8$のシュノーケリングツアーに行ったりと普通に緩めのリゾートを楽しんでいた。

そんな風に能天気に楽しむ合間に「パスポート見つかった?」と宿の人間に確認も忘れない。そして今度の返事は「見つけた奴に60$払えば君のパスポートは出てくるかもしれないな」とこれまた予想外のファンキーな言葉。同じ宿の人間からでなく、宿に関係ない兄ちゃんからも全く同じ内容のことを聞いたのでここで少しおかしいことに気づく。さらに「見つけた人に60$払います…の証文を書けば必ず出てくる」のダメだしに確信した。私のパスポートは「落とした」のではなく「盗まれていた」のだ。

容積率275%で高速移動


トラブルがあったら警察ではなくて大使館へ行ったほうがいい。 プノンペンのツーリストポリス 英語不可

パスポートは持ち歩くのではなく宿に残しておくのがほとんどなので合鍵などで部屋に入ることさえできればパスポートを盗ることはたやすい。確かに最近、南米、アフリカ、アラブ圏と渡り歩いていたので、カンボジア程度…とたるんだ旅をしていたのも災いした。財布や現金だと「盗難」として騒ぎになるが、こういう形でパスポート紛失なら「私が見つけました」と礼金として感謝されながら堂々と彼らにとっての大金をゲットできる。複数の人間から同じ言葉と60$という具体的な金額までが出るということは、多分これは1人ではなく数人がかりでの小芝居で、かつての成功例もあるのだろう。シアヌークビルの警察にも行って必死でクメール語で小芝居盗難を訴えたが結局埒はあかなかった。当然だが地元警察署で調書をとる担当官に英語は全く通じない。シアヌークビルには英語の通じる警官のいるツーリストポリスはなかった。ただこの時は紛失・盗難証明書は賄賂なしで発行してくれた。

確かにここでパスポート紛失でプノンペンの大使館で再発行となると帰りのフィックス航空券もパア。正月時期のバカ高い航空券買いなおしになるし、そのまま正月をカンボジアで迎えることになってしまう。買い直し航空券プラスパスポートの再発行手数料で3万円かそれ以上、一方泥棒君に謝礼なら60$(6500円位)。天秤にかければ答えは簡単、それなら喜んで…となってしまいそうになる。

ところがちょっと待て。ってことは盗人に感謝して大金(60$なんだけど)払うってことだろ?今も私のパスポートをポケットにいれて「早く出せ、60$」とにやついている奴がいるってことだろ?そいつは痛い。

カンボジア 少し車で行くと異次元ワールド健在。

結論。その時私はそのままプノンペンに戻って日本大使館で再発行する方法を選択する。「今年の正月はカンボジアか」と腹もくくった。別件で2007年ストゥントゥレンで財布なくした時は盗難証明書に60$請求された。もちろん正式にではない。関係者と名乗る胡散臭い英語ペラペラの人物の携帯電話越しのソフトなお申し出だった。でも結局「そんなんならいらねえよ」と払わなかったけど。その時の実録詳細はこちらへ

こういう時の60$って相場が出来ているのも深いぞ、カンボジア。しかし、財布なくしたり、パスポートなくしたり、今回のネタは私の間抜けぶり全開になってしまった。でも事実なんだからしょうがない。ネタ的にもおいしいのでいいか。

そしてその数日後、プノンペンに戻り、カンボジア日本大使館発行のパスポートを楽しみに紛失再発行の手続きを取りに行った。ところが窓口の対応が少々変。なんかもたついているなと思っていたら年配の日本人が出て来て「ご本人ですか?」と変な質問。なんとシアヌークビルでなくしたパスポートがその日本大使館の窓口から出てきたのだ。シアヌークビルからプノンペンまでは200kmほどあり、こんなところで出てくるなんて全くの予想外。


プノンペンの泥道が毎年舗装されていく
何でもシアヌークビルで拾ったイタリア人が日本大使館にわざわざ届けてくれたとの事。カンボジアでなくしたパスポートがでてくるなんて奇跡に近い。盗んだ方も、パスポートなくしても能天気にビーチで遊びまわっている日本人に60$を期待できないなとあきらめて手放してくれたのかも。あるいはパスポートに危ないファンキーな国々のビザやスタンプで埋め尽くされていて、ひょっとして危ない奴?と判断されたせい?とにかく意外な形で決着。その晩久々に食べた日本食。つうちゃん食堂のカツカレー9,200R(300円)がうまかった。

最終的には盗難パスポート奪還に1円も支払うことなく、帰路チケット買いなおす必要もなく、金銭的被害ゼロ。無事日本で正月を向かえることができた。といっても帰国後にベネズエラへのチケット手配して7日だけ日本滞在して、年明けすぐに40日間の南米放浪へ向かった。おいしい体験談のネタだけいただいて。その時の小芝居の主人公は紛れもなく私だった。

前のページへ       過去ログびー旅ロードトップ       次のページへ




オーダーメイドツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


Booking.com

びー旅ドットコム    サイトマップ     バンコク    ピピ島    アンコールワット
過去ログびー旅ロードトップ               新着びー旅ロードトップ