ドンムアン国際空港第2ターミナル

ドンムアン国際空港第2ターミナル

Don Muang T2 国内線ターミナル

ドンムアン国際空港第2(国内線)ターミナル

ドンムアン国際空港第2ターミナルは2015年12月24日にオープンした国内線専用ターミナル。2016年1月エアアジア国内線をBIG無料航空券での利用実録。


ドンムアン国際空港第2ターミナル Don Muang Terminal 2


前頁バンコク格安生活   炎天放浪   びー旅   次頁ウボンラチャタニ

ドンムアン空港第2ターミナル概説

2016年1月21日(木)

2015年のドンムアン空港利用者数は年間3000万人に達するといわれる。しかし第1ターミナルのみだと旅客対応能力は1850万人。すでに超過密状態で第2ターミナルの竣工が待ち望まれていた。

当初2015年5月、次に9月と開始予定がお約束通り延期、延期となりようやく2015年12月24日にオープンにこぎつけた。写真右は上空から見るドンムアン空港第2ターミナル出発便の待機するカーゴターミナル前の駐機場。

ドンムアン空港は2006年9月以前はタイの国際空港としての玄関口だった。スワンナプーム国際空港が2006年9月28日に開港した後、国際空港の機能はスワンナプーム空港に移転。ドンムアン空港はいったん閉鎖される。その後、チャーター機、政府専用機、貨物専用機などに利用されていた。



2016年1月ドンムアン第2ターミナルのエアアジアチケット販売カウンター。店頭販売は割高。

2007年3月25日より国内線ターミナルとしてドンムアン空港が再開。しかし笛吹けど踊らず状態で閑散空港になりはて、タイ国際航空は2009年3月29日でドンムアンから撤退。 以降はノックエア、既になくなったワンツーゴー(現オリエントタイ)が利用していた。

ドンムアン空港はそれまでもLCCターミナル的な位置で利用されていたのだが、なぜかその時期エアアジアだけはスワンナプーム空港発着だった。

その後スワンナプーム空港過密で便を増やすことができなくなったエアアジアは、2012年10月1日よりドンムアン空港にバンコクの拠点を移す。そしてさらにその後増便を続けるエアアジアの成長とともに流れが激変。エアアジアに引きずられる形でノック、タイライオンなども便数を増やし、ドンムアン空港は閑古鳥のなく数年前からは想像もつかない混雑空港になってしまった。そして第1ターミナルだけでは間に合わなくった状況で、待ち望まれた第2ターミナルがようやく2015年12月24日にオープン。2016年1月に利用した感じでは混雑解消には全くなっていない混雑ぶりだった。

セントレアがこの効果を期待しているのだろうが、日本国内線のあの特殊な状況で同じ効果が望めるのかは微妙なところだ。逆に言うとエアアジアの拠点空港になってなお右肩下がりになるならどの航空会社を就航させても盛り上げることは不可能だ。問題はもっと根本的なところにあるといっていい。



ターミナル1のキャパシティーオーバーで増設されいるのにすでにここでも混雑中。


バンコクツアー検索 旅工房
エアアジア他LCC利用バンコクツアー 21年3月10日(調整中)最安料金
東京 名古屋 大阪 福岡
16,800円 31,800円 23,800円 21,800円

東京発ツアー    名古屋発ツアー   大阪発ツアー   福岡発ツアー


◎ツアーを旅行会社ごとに一括比較 複数旅行会社へ無料一括問合せ


ドンムアン国際空港第2ターミナルとエアアジア無料フライト

21:46 2016/01/20 タイ時間

徹夜でのピッサヌロークからバンコク経由ウボンラチャタニまでの過激な移動でへろへろ。ウボンラチャタニの宿についてからお昼寝断続的にしている。今夕方のお昼寝から覚めたところ。起きて飲むキンキンに冷えたコーラがうまい。そして天井ファンの風が心地よい。

エアアジアのドンムアン第2発ウボンラチャタニ行は30分のディレイでフライト時間は1時間10分だが実際に飛んでいる時間は55分くらい。快適な無料フライトだった。厳密には空港税他650円かかっているんだが。

かなりいい感じのドンムアン国際空港第2ターミナルだった。きれいになってはいるのだが、コンコースを歩いていると「そういえばここは…」と15年前のエアインディアやビーマンバングラの時代を思い出させてくれる。



ピッサヌローク→バンコク370km、バンコク→ウボンラチャタニー600km

私が確保したドンムアン〜ウボンラチャタニ行BIG無料航空券。BIG無料フライトはこれで5回目。BIG無料フライトの5回フライトの詳細と無料フライト確保の方法はこちら

ドンムアン国際空港国内線第2ターミナル

ターミナル2はオープン当初間もないのにとにかく人が多い。フライトも航空機が滑走路脇に列を作っていて次から次に離陸していく混雑空港になっている。やはり新興国のLCCの勢いは強烈だなと実感した。日本の既得権益大手が殿様商売を続ける国内線の現状では世界標準からおいて行かれるのではないか。

ドンムアン空港第2ターミナルの構造的な問題もあって利用客に対してトイレが少なすぎる。朝のフライトラッシュ時間帯には男性トイレの個室にすら列ができていた。女性トイレは日本のGWのサービスエリアみたいなトイレの外まで続く長蛇の列。第2の出発エリアのどこのトイレもみなその状態。

なのでドンムアン第2を、特に朝利用する場合にはトイレは済まして行ったほうがよさそう。国内線なのでフライト時間は1時間前後と我慢できない時間でもないのだが。結局私は朝の大はできないままの搭乗となってしまった。機内でも眠気のほうが勝ってトイレ行く間もなく寝ていた。状況は皆同じのようで到着先のウボンラチャタニの到着エリアのトイレも混雑していた。



早朝5時なのにもう混雑。フライトコモディティ化の流れはもう誰にも止められない。

ドンムアン空港からウボンラチャターニー空港へ

国内線専門ターミナルなので中にあるレストラン群もマクドナルドやケンタッキーといった市内でおなじみの店ばかり。ただ食事をすると飲み物込だと150THBくらいにはなりそう。

ウボンラチャタニの空港も簡素でわかりやすい構造。着陸前に見覚えのある川が見えたので「この距離なら歩ける」と判断し、タクシー使わず市内まで歩く。しかしいかんせん目的のホテルまでの道がさっぱりわからない。人に聞くも地元の方も私の目指すホテルの位置をよく知らない。町中まで出てトゥクトゥク拾って結局40Bで今のスリイーサンホテル2、1泊200THBにたどり着く。トゥクトゥクに乗って「ああこりゃ自力でここまでくるの無理だな」と実感。

距離より道が複雑で初めてだとわかりづらい。徹夜明けで道聞きながらの市内徘徊もきつい。無事ウボンラチャタニに来れてほっとする。フライト逃すとバンコクからここまでは列車で10時間以上かかる。ここはラオス国境の町でもある。ラオス、カンボジア、ベトナム炎天放浪後半戦が始まる。


ウボンラチャタニ 2016年1月20日(水)晴   炎天放浪 52日目

出費詳細
ウボンラチャタニ市内トゥクトゥク40 肉野菜炒め定食35 バナナ揚げ3つ10 チョコアイス15 串焼き豚肉10 10 フランクフルト10 カーウスアイ10 缶コーラ15 カットメロン20
宿泊代
スリイーサンホテル2 200THB
合計

375 THB

日本円合計

1THB=3.2円で計算     1,200 円

1円 = 0.31252バーツ / 1バーツ = 3.1998円 (2016/01/20)


できたばかりのドンムアン国内線第2ターミナル1階到着階 正確には改装、再開なんだけど。早朝5時なのでまだ到着便はなく到着客もいない。


 ◆機内持ち込み可のキャリーバッグ

      
 19,980円(税込)   14,040円(税込)    9,720円(税込)    10,260円(税込)

機内持込みOKキャリーバッグはこちらへ
すべての荷物をこれだけにまとめられれば到着後預け荷物を待つ必要がない。LCCの場合預け荷物で追加料金を取られることもない。持込可能な荷物サイズは各航空会社ごと決められている。大まかな基準は重さ7kg以内、大きさは座席上の荷物棚に収納できる程度かどうか。



カーゴターミナル前でタラップ搭乗。私はこのスタイルの方が好きだ。

ドンムアン空港第2ターミナル Don Muang T2

国内線ターミナル2はほとんどが沖止めタラップ搭乗。ボーディングブリッジ利用はごく一部のフライト。私は1階のバス乗り場前の待合室で2時間待って、滑走路内バスに乗車。そのバスで第2のさらに市内よりのカーゴターミナル前まで連れていかれてそこでタラップ搭乗した。機体の画像撮れるので私はタラップのほうがありがたい。

ボーディングブリッジを使うことでわけのわからん高額の空港使用料取られるくらいなら沖止めバス送迎で十分だ。ドンムアンカーゴエリア周辺に駐機してある飛行機の数が笑ってしまうほど多かった。

また搭乗後、機体が動き始めても滑走路脇でテイクオフの順番待ちをするので離陸まで10分ほど待たされる。テイクオフの時間間隔はKLIA2なみ。安全運行ぎりぎりのリミットで次から次へ飛び立つ。開港後1か月たたないターミナルとは思えないある意味あっぱれな状況だった。



第2ターミナルの食い物屋群

ケータイないと接続できない第2ターミナル空港Wi-Fi

空港の無料Wi-Fiはあるが、面倒な個人情報うち込ませておいて、ID、PWを登録のメールアドレスに送ったのでそれでログインしろという。

最初のログインページにはデフォルトでID、PW入っているもそのまま進むとエラーになりその後の画面では延々ID、PWを要求してくる。あほか。ネットつながってないのにメール見れないだろ。私の場合はウボンラチャタニについて宿のWi-Fiつながったときにその間抜けな空港Wi-FiのID、PWを見ることができた。ウボンラチャタニでドンムアンWi-FiのPWもらっても意味ねえし。

ドンムアン国際線第1やスワンナプーム空港のWi-Fiはこんな間抜けな仕組みでなくもっと簡単に利用できたのに。つまりこれは「携帯回線でメール見ろよ。ケータイもスマホも持ってねえ奴らは俺たちの無料Wi-Fiを使う資格はねえ」というWi-Fi提供している親元携帯電話会社のいやがらせか。スマホもケータイも持たない私には空港でメールを見ることはできない。たった1時間のフライトなんで空港Wi-Fiつながらなくてもどうでもいいことだが。ただタイのケータイ会社のイメージ悪くなったけど。使えないなら無駄に個人情報打ち込ませるな。使えないWi-Fiの登録は迷惑メールの量を増やしただけだった。



かつて歩いた道なのだが雰囲気はかなり違っていた。15年前より今のほうが活気がある。


ドンムアン空港第2ターミナル利用にあたって


混雑しているのでフライト時間には余裕をもって空港に行ったほうがいい。カウンターにも列ができるので可能なら事前にウェブチェックインをして搭乗券印刷も済ませておいたほうがいい。

フライト待合ホールのトイレが混雑するので空港に行く前にすましていったほうがいい、特に朝の大。空港で利用する際もセキュリティ通った後のトイレが少なく混雑するので、空港到着早々セキュリティーゲート通って先に進む前にトイレに行っておいたほうがいい。

タクシー利用で市内から行く場合は「第2」とはっきり伝えておけば第2の出発階前まで行ってくれる。市バスや列車で行く場合、アマリホテル前で降りると結構歩き道もわかりづらい。アマリホテルを背にして右方向(市内方向)突き当りまで行くとタクシー乗り場(写真右上)がありその反対側に第2ターミナルへの連絡通路(写真下)がある。出た先は1回到着階なので3階出発階まで上がる。



SF映画のセットか? 第1から第2への連絡通路。以前の連絡通路はもっと汚くて味あったのに。

ウボンラチャタニ 2016年1月21日(木)晴   炎天放浪 53日目

出費詳細
セブンイレブンカツカレー45 ビッグコーラ10 肉野菜炒め定食35 マンゴー1個35 トマト5個17 缶コーヒー13 カウカームー40 カットメロン20 アンパン10 ビッグコーラ12.5
宿泊代
スリイーサンホテル2 200THB
合計

437.5 THB

日本円合計

1THB=3.2円で計算    1400 円

1円 = 0.31252バーツ / 1バーツ = 3.1998円 (2016/01/20)



タイ方面格安航空券検索
タイ周辺国への往復航空券 21年3月10日(調整中)現在の最安料金 提供:イーツアー
行き先 東京 名古屋 大阪
タイ 18,200円 28,100円 18,200円
カンボジア 25,560円 32,400円 40,000円
ベトナム 25,560円 25,400円 26,000円
マレーシア 25,560円 32,400円 34,600円
ミャンマー 25,560円 32,400円 34,600円

タイはこちら       カンボジアはこちら      ベトナムはこちら

マレーシアはこちら        ミャンマーはこちら


 ◆海外放浪用バックパック アコンカグア ヤフー店

 
    イグアス36L        メンドーサ30L    ウスアイア45L  フィッツロイ60L

海外旅行用のバックパックの機内へ持ち込めるのは55Lまで。
イグアス、メンドーサなど30〜55L はこちらへ   フィッツロイなど60L〜 はちらへ


ドンムアン国際空港第2ターミナル


ドンムアンターミナル2の構造



ターミナル2のケンタッキー


寿司は高い


バーガーキングもあり


空のペットボトル持ち込んで給水もできる。水は冷えていた。


第2ターミナルボーディングブリッジエリア


ウボンラチャターニー空港からムーン川沿いホテルまで3.3km


エアアジア機内誌の日本特集


ウボンラチャタニーのホテル

本館のスリイーサンホテル。07年には最安650THBの高級宿だったのに今は最安300THB〜。ネット予約もできるが1泊1480円と若干高め。予約・詳細はこちら


ドンムアン空港ホテル

アマリ エアポートホテル
1泊1室 約2600円〜
予約詳細はこちらへ