びー旅ドットコム    サイトマップ    バンコク    びー旅ロード08トップ    投稿情報

びー旅ロード2008-003「旅の刺激」
旅に関するいろいろ びー旅ドットコムコラム
◆003 旅の刺激  2008年4月5日(土)  前頁へ   次頁へ

私の初めての海外旅行はグアムだった。日本ではお目にかかれない海の色と空の色にとても感激した。そして次にハワイに行ってからその後はハワイに通い続けた。ハワイには結構はまって、その後数年は年に2回3回と行くようになった。だが15回目くらいにふと物足りなさを感じ始めた。

海外の旅を始めた頃はハワイのような所が強烈に楽しい。こんな楽しい世界があったのかとウハウハ状態がしばし続く。だけどハワイへの旅も10回を越えると次第に飽きてきてしまう。もちろん何回行っても楽しめる方もいるのだろうが、私の場合は少なくとも最初の頃の感激は確実に薄まっていった。もともと旅に刺激を求める方なのでありきたりの展開に退屈さを感じてしまっていた。冬のノースの5mの波との格闘もそいつを砕くことは出来なかった。

そして次の展開として見つけ出したのが非常に効率の悪い今の旅の仕方。びー旅本編で紹介しているタイプの旅をするようになった。せっかくの海外になんでわざわざトラブルに突っ込んでいくような旅の仕方をするのか疑問に思われる方も多いのではないか。ハワイに通っていた頃は私もそう思っていた。そしてその頃は日本からのツアー参加で普通に旅にお金をかけてもいた。

個人で放浪を始めたのはヨーロッパがはじめだった。その時はパリの北駅付近の安宿に泊まり、スーパーでバゲットとサラミとチーズを買って食べて、美術館をめぐり感激し、めちゃめちゃテンション低いベルサイユ宮殿に腹を立てた。そしてTGVでスイスに向かい山を放浪し美術館以上の衝撃を受けた。単位を取るためだけにかじっていたフランス語が思いのほか役にたった事も予期せぬ発見だった。はまった。ハワイでのサーフィン以上に強烈にはまった。一度知ったらもう元には戻れないくせになる快感が待ち受けていた。

そこからあっちこっちへの放浪を始めるようになった。旅先では日本の日常生活で1年で起こることが1日で起きるような展開が続いた。顔が小学生になるようなトラブルに見舞われていて、もがいていてもそれを一歩引いてどこかで楽しんでいる自分が常にいる。このタイプの旅が楽しめるかどうかはそういう若干マニアックな刺激を旅に求めるかどうかなのだと思う。

逆に言えばそういう刺激を求めない人にとってはびんぼっ旅スタイルは全く向かない。普通にツアーでハワイやヨーロッパに行くほうが選択としては正しい。それに飽きてそれ以上のマニアックな刺激を旅に求める場合にのみびー旅ドットコム情報は役に立つのかも。

おまけのぼやき:2007年カラカスの殺人事件発生率が東京の90倍以上?刺激強すぎ?ここまでくるとさすがに「日本にも同様の事件は起こっている」というバンコクのような言い回しは出来ないな。セントロの安宿情報のっけていいのか?掲載情報はうそは書いていないつもりだが実践する場合は自己責任で判断してね。でもアフィリバナーに表示されるエンジェルフォールツアーの65万円の方かある意味もっと強烈か。

コラムにせずにブログにすれば、あった事を書けばいいだけなので楽なんだが、旅先でないので面白いネタがない。ブログだと毎日書くイメージあるので面倒だ。とりあえずこの感じで駄文書き続けることにした。学大の東急(地元のスーパー)2年も一時閉店だって?駅ビルでも建つのか?五本木の丸正まで行くのが面倒だ。丸正の方が安いんだけどね。今関東地方桜満開なんだって。でも昨日(4日)あたりだと花見には寒くないか?私には関係ないけど。


  


Booking.com



004 旅行業界  003 旅の刺激  002 水掛祭り

びー旅ドットコム    サイトマップ    バンコク    びー旅ロード08トップ    投稿情報