ハワイ格安旅行

ハワイ格安個人旅行 LCCと格安ホテル

びー旅ドットコムHawaiian Contrail

関空発エアアジアでハワイ ハワイおさんぽ

Hawaiian Contrail ハワイ格安個人旅行

ハワイ格安個人旅行 Hawaiian Contrail

びー旅.com ハワイ格安個人旅行2020

ハワイに安く行く方法が2017年夏以降激変した。2017年6月28日エアアジアXが関空からホノルルに週4便で就航したためだ。続いて2017年12月19日からはスクートが関空〜ホノルルに週4便で就航。さらにエアアジアは2018年8月16日より毎日運行に増便している。エアアジア、スクートともに通常期で往復燃油諸税込で4万円〜。プロモ航空券なら往復2万2000円になったりする。基本LCCに燃油税はない。この料金は米国の諸税込、クレカ手数料込の実際に支払う金額だ。



格安に行ってもワイキキのビーチは旅人を差別しない。


◎エアアジアハワイ片道9110円プロモ航空券の例

プロモ航空券とは販売促進用の激安航空券のことを指す。プロモ=promotion。上の料金は燃油諸税込。航空券のみの料金は5000円。預け荷物や機内食、座席指定は別途。


「ハワイに行くにはツアーで行くか、個人で行くか、どちらが安い?」よくされる定番の質問だが、関空発のホノルル行LCCの出現で、2017年7月以降、個人で行く方が確実に安く行ける状況になってしまった。それ以前は定番の4泊6日で2名参加なら格安ツアーの方が安く手間なく行けた。エアアジアが関空ホノルル運行する直前に入れ替わるようにてるみくらぶが消えたのは偶然ではない気はする。

料金の問題以前に、時期や個別の条件でどちらがいいかという分岐点も変わる。関東在住で個人手配で関空発LCC利用するにはそれなりの旅の身のこなしも必要になる。それを踏まえたうえであえて「ハワイに安く行く方法」はざっくりと以下の4点。


@閑散期に行く
A個人手配で行く
B関空発のLCCを利用する
C格安ホテル発掘確保

ツアーか個人手配か。迷っている時点でその方はたぶんツアーがむく。また関空から遠い地域にお住まいの方や、英語が苦手という場合はツアーの方が面倒は少ない。航空券やホテルの手配を旅の楽しみの一つと考えるか、ただの面倒ととらえるかによっても選択は変わる気はする。





Hawaiian Nomad Flight Pathwayハワイ新着情報

2018年8月16日
エアアジアX関空〜ホノルル週4から毎日運行に。
2017年12月19日
関空からホノルルへは2017年6月28日就航のエアアジアの他、日本発着以遠権ハワイ便2社目となるスクートが2017年12月19日から週4便運行中。

ハワイ格安ホテル  ハワイ豪華ホテル  ハワイホステル  ザバス

ABCとフードパントリー  ホノルル空港  ワイキキマップ



ワイキキビーチ

関連リンク
エアアジアXホノルル線  LCC太平洋路線  エアアジア予約詳細
ハワイに安く行く方法2015年版  エスタ自力取得方法2015





ハワイ格安ツアー検索 エアトリ
往復航空券・ホテル・空港送迎・燃油税込 2018年10月18日現在の最安料金
ツアー日数 東京 名古屋 大阪 福岡
5日間ツアー 112,200円 175,800円 52,500円 88,300円
6日間ツアー 168,000円 139,800円 59,000円 95,900円
7日間ツアー 105,900円 208,500円 61,800円 138,000円
最安料金は要サイト内検索 関空発はエアアジアX利用で激安

東京発はこちら  名古屋発はこちら   大阪発はこちら  福岡発はこちら


三井住友VISAカード
海外旅行にクレカ必須。ショッピング、LCCネット予約や海外ATM利用に。
エポスカード
年会費無料の丸井のクレカ。海外ATM利用可。海外旅行保険自動付帯。


★ハワイに安く行く その1 閑散期訪問

ハワイには観光客の足元を見たシーズナリティがあり、盆暮れ正月、GWにフライト代もホテル代も高騰する。逆に言えばその時期を外した閑散期に安くなるのだ。LCCフライトといえど、高くても売れる時期に安くする意味はないので、激安プロモフライトも閑散期にきまぐれに出現する。エアアジアハワイプロモ航空券往復2万円は、いつでも誰でも簡単に確保できる仕組みにはなっていない。

LCC航空券を安く手にするには、こちらの行きたい日にフライトを確保するのではなく、閑散期の安いフライトの出ている日にこちらの予定を合わせるのだ。休暇をとってからフライト探すのではなく、格安フライト確保してからその日にあわせて休暇をとるのが正しい順番。みんなが休んでいる時に働いて、みんなが働いている時に休むスタイルが望ましい。年末年始などは1日ずれるだけで料金が強烈に下がったりする。宿は後からどうにでもなるので、まずは格安フライト最優先で確保するのがびー旅流。

具体的に航空券は安い時期はざっくりと1月15日〜2月末日。4月1日〜4月20日。5月12日〜7月10日。9月1日〜12月10日という感じ。ハワイの混雑時期はラマダン明けやサンタセマナへの配慮は不要だが、春節、国慶節への配慮は若干いる。






ワイキキトロリーオレンジだけどピンクライン

★ハワイに安く行く その2 個人手配

ホテルと航空券を自力手配することで格安を実現する。双方ともネットを使えば簡単に日本語予約できる。エアアジアもスクートも日本語対応しており、支払いもクレカですむ。

ホテルも今は予約サイトがこれでもかというほどあるので、それを利用する限り日本語予約可。ただハワイのホテルで予約サイト経由だとあまり安くならない難点はある。

個人手配は旅行期間中完全フリー。法律に触れること以外何をしてもいい自由を手にすることができる。中間搾取おみやげ屋に強制連行されることもない。ただ空港からホテルまでや、現地での移動、アーリーチェックイン手続きなどすべて自分でやらねばならない。ハワイにもぼったくりの罠?は多数あるので、それにはまりまくっている限りツアーの方が安くなる場合もなくはない。とはいえホステルのドミに泊って無料の英語研修体験したり、ロイヤルハワイアンの4人部屋に4人で行って宿泊費を安くするなど格安の選択は無限。そこから見えてくるハワイはツアーでは味わえない世界だとも思う。

個人手配で初めてのハワイ、もしくは前回のハワイ訪問から2年以上たっている場合、事前(できれば2週間以上前)のESTA申請とその認証必須なので注意。ESTA認証がなければハワイ含む米国行きの飛行機に乗れない。ただ、自分でとれば14US$で取れるESTAに、ツアーのオプションで5000円でとってもらう罠があったりもする。

ESTA(エスタ)自力取得方法2015



この像前の通りの向いにエッグスンシングスがある。ビーチから徒歩30秒。ワイキキに宿泊すればビーチにもABCにも歩いて行け、アラモアナSCにも徒歩30分(ザバスで5分)で行けるので個人で行った場合の移動の問題はさほど大きくない。


ワイキキ自炊生活 ワイキキはここにある写真のキラキラビーチから徒歩5分にヴィトンの直営店があり、その先徒歩2分にシャネルやグッチの直営店のあるまさに女子の喜ぶきらきらビーチタウンなのだ。

ブランド品に高額出さずとも、現地のコンビニABCでは99¢のコーヒーがのめ、格安ショッピングもできる。またキッチン付きのコンドやバックパッカー向けのドミホステル宿泊で、現地スーパーで牛肉買って焼けば300円でステーキが腹いっぱい食べられる。しかしレストランで食べると若干高い。ワイキキなので。


Hawaii State Environmental Data

面積 28,311平方km
12缶5.99$。1缶50セント(約50円)。ハワイの現地物価は高くない
人口 1,419,561人(2014年)
時差 日本−19時間 (UTC -10)
日本時間に5時間たして1日戻す
州都 オアフ島 ホノルル
電源 Aタイプ日本と同じ。電圧110-120V
季節 4〜9月乾季、10〜3月雨季
雨季は「夕方スコール」タイプ
電話 国番号 1
日本からは 001 - 010 - 1(米国番号)
- 808(ハワイの州番号)- 相手番号
ビザ 90日以内の観光・商用で
往復航空券あれば不要。ESTA必須。


ワイキキホテル群

★ハワイに安く行く その3 関空発LCC

フライトを関空発のLCCにすることで旅の出費は大きく減らせる。プロモとは言え往復2万円ちょっとでハワイ往復できるのは画期的。しかし日本からホノルルへのフライトは関空発のみ。首都圏空港は既に締結済みの航空協定で外国の航空会社が以遠権による運行できないことになっているので、今後もエアアジアやスクートが成田や羽田からホノルルに飛ぶことはない。

なので関空LCC格安フライトを希望する関西近県以外の利用者は、国内線などを使って関空まで行かなければならない。とはいえ、東京から関空までは成田発のLCCが片道5000円〜で飛んでいるので私のような東京在住格安旅行愛好者には何の障壁にもならない。今は成田以外にも各地の空港から関空への格安フライトはあるので、お住まいの県によっては日系大手の割高羽田経由ホノルル行より効率がいい場合もありそう。



カラカウア通り疾走のダックスフントリムジン 現地名ストレッチリモといいワイキキ周辺には原付並みに多数生息している。


★ハワイに安く行く その4 ワイキキ格安ホテル

ワイキキにはコスパのいい格安ホテルは少ない。ただここでぼられてはせっかくLCCで安く行っても格安個人旅行台無しになる。ツアーで行った方が安いような状況になるなら個人手配で行く意味がない。予約サイトから確保できる格安ホテルは1泊10000円〜。1室料金なので2名で行けば1人半額。4名宿泊可のホテルあったりするのでそういう場合4人で行くと安くなる。シーズナリティがあり混雑時期に最安確保はほぼできない。

ワイキキの場合、ホステルのドミでも1泊3900円〜。最安ホステルはハワイ大学脇のホステルだがワイキキからもビーチからも遠く微妙。ハイアット裏の1泊60US$〜の地元宿のロイヤルグローブホテルは予約サイトからは予約できず。ホテルに直、国際電話が必要で予約時に電話口でクレカ番号伝えなければならない。こういう地元宿には1週間以上の長期割引あり。1カ月以上なら月極めのコンドが1カ月600$くらいから。

トリバゴもホテルズコンバインドも高いホテルの料金比較には使えるが、コスパのいい安宿見つける機能はない。民泊紹介の Airbnb(エアビーアンドビー)も民泊といっているわりに商魂むき出しで、特にワイキキ周辺は高い。またハワイはワイキキ出て郊外に行くとただのアメリカの田舎町なので、ローカルビーチ沿い一軒家の民泊は微妙。ワイキキに泊まってワイキキビーチとABCに歩いて行って、トローリーでアラモアナ行ってというべたなきらきらハワイが楽しめない。東京見物に行って渋谷に泊まれるのに茨城奥地に泊まる状況に似る。ワイキキ宿泊詳細については次のページ以降で解説。


ハワイ格安ホテル  ハワイ豪華ホテル  ハワイホステル

旬でお得なホテル探し!安心のホテル予約はJTBハワイオンラインから


店内イメージ

Hawaiian Contrail 2020ハワイ格安旅行

Honolulu airport busハワイおさんぽ

●オアフ島空港バスのロバーツバス空港〜ワイキキ2015年9月現在、片道16$、往復30$。荷物が多い場合はザバスには乗れないのでロバーツバスが向く。

本家公式サイト(日本語)はこちら



ハワイ滞在は定番ツアーの4泊6日ではもったいない。現地で時差ぼけが取れてようやく早朝暗いうちにに目が覚めなくなったころに帰国というのはなんだか悲しい。行き6時間半帰り8時間もかけて地球に厳しく二酸化炭素大量に排出させてハワイまで行くなら現地では少しでも長く滞在した方が得。
地元ホテルやアパートの連泊割引1ヶ月契約なら家具付個室750$約6万円から。1泊2000円。長期滞在ならドミに泊まる必要もない。


長さと重さの単位 USA

1インチ 2.54cm
1フット(12インチ) 30.48cm
1ヤード(3フィート) 91.44cm
1マイル(1760 feet) 1.6km
1オンス 28.35g
1ポンド(16オンス) 453.6g

フードパントリーで肉や野菜を買う時重さの表示がポンドで戸惑う。特に野菜が自分で袋につめる量り売りの場合が多く、自分の買った量がいくらなのか事前にわかりづらい。ポンドの表示は「lb」。libraの略、ラテン語で天秤の意味で古代ローマの重量単位。多くは複数形「lbs」で使う。さらに16オンス(oz)が1ポンドとややこしい。私は1ポンドは約500グラムと覚えて買い物をした。


★ハワイツアー料金比較
複数旅行会社へ一括問合わせが出来る


Hawaiian travel logハワイ格安旅行

Hawaiian impact 2015◆ハワイアンインパクト 2015


11月9日 アシアナ航空でホノルルへ
11月11日 ハワイアンインパクト
11月12日 ハワイ物価2015
11月14日 カラカウア通り
11月15日 ワイキキ格安生活
11月16日 ホノルル空港アシアナフライト
11月22日 ハワイアンインパクトエピローグ


びー旅トップ




ノースショア ハレイワ アナフルストリームブリッジ


エアアジアプロモの例

私が7月10日に確保したエアアジアホノルルプロモ。よく見ると運賃片道5000円となっている。いつも取られるクレカ手数料はなぜか今回0円だった。ちなみに夏休みや年末年始などの時期にこういう激安プロモ席はない。



ザバス2.5$トランスファー2回可。アラモアナSC乗換でワイキキからノースへ2.5$で行ける。大きな荷物は持ち込めないので預け荷物のあるような空港客は基本空港脱出に利用できない。判断はドライバー次第なので、私は預け荷物あっても乗ったことはあるけど。ドライバーはアメリカンジョークに弱い。ボディーボード可、サーフボード不可だが自転車は乗せられる。

ハワイ豪華ホテルに格安宿泊

2012年 ハワイ旅ログ
2/27 ロイヤルグローブホテル
2/28 ワイキキ物価実録
3/1 レンタカーとスカイプ
3/2 ダイアモンドヘッド
3/4 ハレイワ ノースショア
3/5 アラモアナショッピングセンター 3/7 帰国 チャイナエアライン


ハイアットリージェンシー
1泊1室 26,834円〜
コストパフォーマンスのいい豪華ホテル。ビーチまではカラカウア通り隔てて50m。1室4名宿泊できるので、4人で行けば1人当たりの宿泊代は格安ホテルと変わらない。 予約・詳細はこちら


お土産屋さん


◆ロイヤルハワイアン
1927年に建てられたピンクパレスとして知られる豪華リゾート。ホテルから出ることなくワイキキビーチへ行ける。1泊1室 35,472円〜 1室4名宿泊できるので、4人で行けば宿泊代は中級ホテルと変わらない。
予約・詳細はこちら



ロイヤルグローブホテル




  ワイキキで自炊生活

2008年ハワイ旅ログ
ハワイ到着 ビッグサーフホテル
ワイキキとアラモアナ 格安生活
ノースショアへザバスで行く
ホノルル空港利用実録





  ABCのコーヒー小99¢。


  ハレイワのサーフンシー

 Thisweek Oahuクーポンページ

 ワイキキ→空港7.99US$クーポン
 ザバスなら2.5US$なんだけど。


 ストレッチリモ35.95$はたぶん安い
 2018年10月 Thisweek Oahuより


  朝からステーキ


 ダイヤモンドヘッドと2ショット


  バンザイパイプライン




びー旅トップ  ハワイ2ホテル  ハワイ3安宿  ハワイ4ザバス